ライフ

鬼滅ブームで注目度アップ 畏怖を覚える日本全国の「奇岩巨石」8選

国内の神聖な奇岩巨石を8つピックアップ(写真は島根・『天馬山の割石』)

国内の神聖な奇岩巨石を8つピックアップ(写真は島根・『天馬山の割石』)

 神の御業か、はたまた人の手によるものか──。全国には、剣豪が一刀両断したような切り口や、力で強引に押し開かれたような形など、奇妙な形状の巨石が点在する。世界中を巡り、国内でも約1000か所もの奇岩巨石を撮影してきた写真家の須田郡司氏は語る。

「神が降臨する巨石という意味の磐座(いわくら)という言葉があります。人々は石の持つ不思議なパワーを感じ、畏れ、祀ってきました。私は、今ではすっかり忘れられてしまった巨石信仰を多くの人に知ってほしいと思い活動しています」

 人々が巨石に畏怖を覚えるのは、永遠性や不動性を感じられるからだという。山や巨木など自然に神を見いだして信仰する日本で、巨石を神に見立てるのも当然の流れだろう。

「ぜひ実際に訪れて、石に触れてみてください。人間の小ささや地球の息吹のようなものを感じることができるはずです」(須田氏)

 世界中の神聖なる奇岩巨石を撮り続ける“巨石ハンター”須田氏の作品の中から、『鬼滅の刃』で注目を集める“聖地”など全国から8か所を厳選して紹介する。

【島根】『天馬山の割石』(島根県安来市広瀬町上山佐)
「全国からファンが訪れる“鬼滅”の聖地」
 標高約250メートルの山頂付近にある直径約6メートルの割石。花崗岩が風化する過程で割れたもので、中心部分からきれいに割れている。漫画『鬼滅の刃』に登場する岩に似ていると、全国からファンが訪れる聖地に。

【奈良】『一刀石』(奈良県奈良市柳生町柳生岩戸谷)

『一刀石』(奈良県奈良市柳生町柳生岩戸谷)

『一刀石』(奈良県奈良市柳生町柳生岩戸谷)

「伝説の剣豪が残した刀痕」
 天乃石立神社境内にあり、高さ約2メートル、約7メートル四方、中央から縦に割れた巨石。剣豪・柳生石舟斎が天狗と試合をした際に、天狗を切り捨てたつもりが、その場の巨石を割っていたとの逸話が残る。

【三重】『桃太郎岩』(三重県南牟婁郡御浜町片川)

『桃太郎岩』(三重県南牟婁郡御浜町片川)

『桃太郎岩』(三重県南牟婁郡御浜町片川)

「寓話の世界が浮かび上がる不思議な割石」
 高さ約3メートル。おとぎ話の桃太郎が生まれた桃のような形をしていることから名付けられた。この地に洪水が発生した時に、片川川の上流から流されてきた巨石がここで割れたとされる。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン