芸能

矢島舞美、スマホシリーズ最新小説読んで考えたパパ活問題と自粛生活

矢島舞美

矢島舞美が自粛生活や今年の抱負などについて語った

 映画化もされ、北川景子(34才)や田中圭(36才)、千葉雄大(31才)ら人気俳優たちの好演ぶりが話題になった小説『スマホを落としただけなのに』。その作者・志駕晃さんが2020年12月、コロナ禍で上梓した『彼女のスマホがつながらない』は、女性週刊誌の編集部を舞台として“パパ活”を題材に2020年に起こったニュースをふんだんに盛り込んだリアルタイム・ミステリーだ。

 今作を「ドキドキしながら読みました!」と語ったのは、かねてから“スマホシリーズのファン”を公言し、読書が趣味だと語る女優の矢島舞美(28才)だ。

「小説のテーマのひとつになっている、“パパ活”という行為自体は、以前からなんとなく知っていました。だけど、それをやってしまう子の気持ちまでは考えたことがなかったので、印象が変わりました。たとえば、主人公の咲希は実家が裕福ではなく、せっかく大学に入ったのに思い描いていた夢を叶えることができない。それどころか学費や生活費にも困るような日々を送っている。だから簡単にお金を稼げるパパ活に手を染める…というキャラクターなんですが、親が貧しいせいで子供の夢をダメにしてしまうって、難しい問題だなと思いました」

 矢島のデビューは2007年。ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃-ute」のメンバーとして幼少期から芸能界に身を置いてきた彼女には、そのような少女たちに共感できるところがあるという。

「事務所のオーディションを受けたのはもちろん“アイドルになりたい!”という気持ちが一番だったものの、子供ながらに少なからず“家族にラクさせてあげたい”という感情もあった気がします。いま思えば我が家の教育方針だったのかもしれませんが、昔から“節約しなさい”という言葉をよく聞いていたので、“もしかして、うちは裕福ではないのかな?”と思っていて。親の姿を見て、私のように“自分で稼がなきゃ”と思う子供って、もしかしたらたくさんいるのかもしれませんね」

 長くアイドルとして第一線で活躍してきた彼女だからこそ感じる“お仕事小説”としての面白さもあった。

「週刊誌の編集部の様子が詳しく描かれているのも面白かったです。タレ込みって本当にあるんだなあ、と思ったり。そんな中で働く主人公の友映が“私は週刊誌記者の仕事は向いてない”と言うシーンがあるんですが、“向いてない”と思っていた素質こそが、最後に事件を解決する鍵になっていて、そこにグッときました。“向いてないかもしれないけど、とにかく頑張る”って、どんな職業にも通じる気持ちですよね。私も小さい頃からアイドル活動をしていましたが、日々“向いてないなぁ”と思うことばっかりで(笑い)。

 歌もダンスも未経験のまま事務所に入ったから、そういうレッスンを受けてきた年下の子たちと比べて全然できなかったし。グループを組んでからはリーダーを任せてもらったんですが、家では末っ子なこともあって、頼れるリーダーには全然なれなかった。だけどメンバーがサポートしてくれたから、やって来ることができた。そんな風に、自分の仕事と重ね合わせて読むことができるのも魅力のひとつだと思います」

 今作は2020年のリアルな芸能ニュースがたくさん登場するのも特徴だ。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト