ライフ

明治16年創業蔵元 焼酎造りのノウハウ活かしたウイスキー造り

鹿児島の「嘉之助蒸溜所」が目指すものとは

鹿児島の「嘉之助蒸溜所」が目指すものとは

 世界的ブームとなっているジャパニーズウイスキー。その輸出額は過去10年以上にわたって右肩上がりで、いまや年間200億円にのぼる。しかしなかには、海外の原酒を輸入し、国内でブレンド&瓶詰めしただけの商品をジャパニーズウイスキーと称して出荷する悪質な業者も存在する。

 今回は、自前で蒸溜した原酒を、スコッチに倣うように最低3年以上かけて樽熟成したものだけをウイスキーとして出荷する正統派の蒸溜所、鹿児島の「嘉之助(かのすけ)蒸溜所」に足を運んだ。

 日本のクラフト蒸溜所が注目されるきっかけとなったのは肥土伊知郎氏の秩父蒸溜所の成功だろう。さらに2014年のNHK連続テレビ小説『マッサン』人気で、それまで数か所しかなかったクラフト蒸溜所も、いまや全国各地に40か所以上も点在するようになった。なかでも次にブレイクが期待され、シングルモルトの出荷が待望されるのが嘉之助蒸溜所だ。

 同所の母体となる小正醸造は138年の歴史を持ち、2代目の小正嘉之助氏が戦後に手がけた6年熟成の米焼酎「メローコヅル」を看板商品に、芋焼酎なども生産してきた。2017年からは4代目の小正芳嗣氏がモルトウイスキーの生産に着手。中村俊一所長が話す。

「日本酒は海外の方も飲まれますが、焼酎はなかなか難しい。まずは世界に通じるウイスキーを造り、その後、世界に焼酎を送り出そうと考えています。同じ蒸溜酒ですから、138年続く蒸溜の技術と、メローコヅルで培ってきた樽熟成のノウハウを活かせます」

 嘉之助ウイスキーの独自性は、初溜と再溜の2基の蒸溜器(ポットスチル)を使用するのが一般的なところ、3基構えていることだ。

「再溜時に、異なる形状の蒸溜器を使うことで、味わいの異なる原酒が誕生します。鹿児島の気候は温暖なので、それぞれの原酒を樽詰めした後、寒い地域よりもスピード感のある熟成が期待されます」

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン