芸能

谷崎潤一郎、三島由紀夫、永井荷風… 文豪が描いた究極の背徳映画

文豪原作の映画にはどんな魅力が?(イメージ)

文豪原作の映画にはどんな魅力が?(イメージ)

 10代の少女を自分の理想像に育てようとする『痴人の愛』や、針で自らの両目を突き刺し、失明することで愛を表現する『春琴抄』など、名画座「神保町シアター」で2月19日まで、谷崎潤一郎や三島由紀夫、永井荷風などの文豪原作の映画が上映中だ。

「“文芸エロス”特集は常に人気が高く、今回は“背徳”をテーマに9作品を選びました。中でも、京マチ子の官能的な魅力を堪能できる『鍵』がお勧めです」(佐藤奈穂子支配人)

 かの文豪たちが醸し出す“背徳エロス”の魅力とは何か。

「戦後にキスシーンが解禁されましたが、1960年代前後はまだまだ性への道徳が存在し、そのため“背徳”に価値があった。AVなどでダイレクトな映像が見られる現代ではけっして生まれない作品で、エロスと浪漫の両方を味わいたいという欲求を満たしてくれます」(映画評論家・寺脇研氏)

 神保町シアターで特集上映されている伝説の映画9本を厳選掲載する。

●『痴人の愛』(1967年、大映東京)
原作:谷崎潤一郎 監督:増村保造 出演:安田(大楠)道代、小沢昭一、田村正和

 堅物の31歳の譲治(小沢)は、18歳のナオミ(安田)を住まわせ理想の女性に“飼育”しようとするが、次第に翻弄されていく。小沢昭一の怪演で倒錯した愛を描く。

●『春琴抄』(1976年、東宝)
原作:谷崎潤一郎 監督:西河克己 出演:山口百恵、三浦友和、中村竹弥、風見章子、井原千鶴子

 失明しているお琴(山口)と奉公人の佐助(三浦)は地震を機に恋が芽生える。佐助は針で自分の両目を突き刺し、お琴と同じ状態になる。

●『堕落する女』(1967年、近代映画協会)
原作:谷崎潤一郎 監督:吉村公三郎 出演:桑野みゆき、田村高廣、細川俊之

 令嬢の澄子(桑野)は数馬(田村)と婚約しながら、窃盗罪で逮捕された礼二(細川)にハマる。三角関係の末、澄子が選んだ相手は……。

●『鍵』(1959年、大映東京)
原作:谷崎潤一郎 監督:市川崑 出演:京マチ子、中村鴈治郎、叶順子

 夫婦の性生活、妻の不倫をお互いの日記を盗み読みする形で、物語が展開していく。1960年のカンヌ国際映画祭にも出品された名作。

●『細雪』(1959年、大映東京)
原作:谷崎潤一郎 監督:島耕二 出演:京マチ子、山本富士子、叶順子

 大阪・船場の旧家出身の藤岡美人四姉妹を描く。見合いを繰り返す雪子(山本)、恋人と死別する妙子(叶)など波乱万丈の展開に

●『肉体の学校』(1965年、東宝)
原作:三島由紀夫 監督:木下亮 出演:山崎努、岸田今日子、中川ゆき

 上流階級の夫と離婚した39歳の女性3人が定例会を行なったゲイ・バーで、妙子(岸田)は千吉(山崎)と出会い、同居生活を始める。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン