• TOP
  • 芸能
  • 「うっせぇわ」Adoが大ヒット エモい歌声に“救世主”の声も

芸能

2021.02.11 16:00  NEWSポストセブン

「うっせぇわ」Adoが大ヒット エモい歌声に“救世主”の声も

公式チャンネル登録者は約86万人(YouTubeより)

公式チャンネル登録者は約86万人(YouTubeより)

 シンガーのAdo(アド)による楽曲「うっせぇわ」が、2月3日発表の「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」で第1位にランクインするなど大きな反響を呼んでいる。新世代の歌手が数多く台頭する中、なぜAdoにここまで注目が集まっているのだろうか。

 2002年10月生まれで現在18歳のAdo。音楽に興味を抱き始めたのは小学生のとき、携帯ゲーム機・ニンテンドー3DSを通じて視聴した動画サービス「ニコニコ」がきっかけだったという。「なんだこれ面白いな」と感動したAdoは、その後中学に進学してからニコニコ動画で“歌ってみた動画”を発表、音楽活動をスタートする。

 最初に投稿したのは2017年1月10日、「君の体温」という楽曲の“歌ってみた動画”だった。ハスキーなヴォイスと独特の節回し、サビで披露する透き通るような伸びの良い高音が特徴的で、視聴者からは称賛のコメントが殺到。すでに完成された歌声だったが、4年後の今年1月10日には同じ楽曲の新録ヴァージョンも公開。より洗練された迫力あるサウンドに仕上がっており、この4年間でさらに磨き上げた才能がうかがえる。

 2019年12月にボカロP(音声合成ソフトのボーカロイドを使用して楽曲制作を行う人物のこと)のくじらの楽曲「金木犀」を歌った音源が配信でリリースされると、その後もjon-YAKITORY、biz、Linmuなど多数のボカロPの楽曲に参加。2020年10月にはボカロP・syudouの楽曲「うっせぇわ」でVirgin Recordsからメジャー・デビューを果たすことになる。

 昨年10月に配信リリースされた「うっせぇわ」は、Adoの力強い歌声も相まって徐々に評判を呼んでいった。思春期の鬱屈とした感情を表現したかのような楽曲内容とマッチしたインパクトのあるMVは、公開から1ヶ月も経たずしてYouTubeでの再生回数が500万回を突破。現在ではすでに桁違いの6000万回を超えており、先述したようにダウンロード・チャートも賑わすに至っている。

関連記事

トピックス