国内

ワクチン「打つ」「打たない」二元論に作家の知念実希人氏が警鐘

作家の知念実希人氏

作家の知念実希人氏

 ファイザー製ワクチンが遂に日本に到着した。医療従事者への優先接種を手始めに、順次、国民への接種が始まろうとしている。「コロナ」収束に期待が集まる中、ワクチンをめぐるメディア報道も過熱しつつある。「いまこそ正確な効果とリスクの発信を」と警鐘を鳴らすのは小説家・知念実希人氏である。医療を題材にしたエンターテイメント作品『十字架のカルテ』などで知られる同氏は、現役内科医でもある。(聞き手/広野真嗣=ノンフィクション作家)

 * * *
――ファイザーのワクチンが承認され、いよいよ日本でも2月中旬から接種が始まった。

知念:英国で接種が始まってから2か月あまり、すでに多くの国で接種が始まっている中、「ようやく」という思いです。有効な特効薬の開発の目処が立たない今、ワクチンの幅広い投与こそがコロナ禍を終わらせる最終兵器になります。

 私は小説家として作品を執筆する傍ら、都内のクリニックに勤務し、発熱外来に来るコロナの患者さんを診てきました。その立場からすると、昨年11月、発症予防効果が94.5%という、ファイザーの第3相臨床試験の中間報告(最終報告では95%)を知らされた時は、大いなる福音を感じたものです。

 なにしろ厚生労働省が発表した抗体検査では、市中感染が広がってからもう1年も経つというのに抗体を持つ人は、わずか人口の1%程度。

 終息に必要とされる『70%の集団免疫』を実現するためには、何十万人もの国民の死を伴うさらなる感染爆発を受け入れて免疫を獲得するか、あるいは延々と自粛生活を何年も続けワクチン開発を待つか――終わりのないシナリオへの懸念を払拭できないできました。接種の開始によって、ウイルスとの戦いは長いトンネルを抜け、形勢逆転しようとしています。

――発症予防効果95%とは?

知念:ファイザーが4万3000人以上の参加者を対象に行った臨床試験の結果です。単純化して述べれば、ワクチンを打っていない集団(偽薬投与群)で162人発症したのに対し、ワクチンを投与した集団では発症を8人にとどめたという結果が出たというものです。

 インフルエンザのワクチンでは50〜60%の発症予防ができれば御の字ですから、95%というのは、途轍もなく高い数値でした。

 ところが不可解なことに日本では、ワクチンのリスクばかりを強調したり、科学的根拠のない誤情報を垂れ流したりする報道が週刊誌を中心としたメディアで展開された。海外ではありえないことで強い違和感を覚えています。

関連記事

トピックス