――どういうことでしょう?

知念:もちろん、アナフィラキシー(注1)のような副反応のリスクは、ゼロではありません。報道が危険性にも目を配り、周知する役割は当然あると思っています。

 ただその場合、本来なら〈打つリスク〉と〈打たないリスク〉の両方について正しい情報を併記し、これによって国民一人一人が打つ、打たない、という判断をできるよう環境を整えるのが使命のはず。しかし実際はデマを織り交ぜて、リスクを強調した見出しの躍る記事がしきりに掲載されています。

【注1:アレルギーの原因物資が体内に入ることで、複数の臓器が強い過剰反応を起こすこと】

「予防にならない」ではなく「データがそろっていない」

――リスクを強調した記事とは?

知念:例えばある週刊誌では、医師へのアンケート調査の回答が「接種する」と「種類によって接種する」を合わせ6割近いのに、あえて「すぐ接種3割」という見出しを掲げて報じた記事がありました。あたかも7割が「接種しない」と答えたかのように誤読を誘う印象操作です。

――ワクチンは通常、「効果」と「安全性」で評価されるが、そうした評価にも誤りがあった?

知念:ワクチンの効果について、別の雑誌が掲載したのは「感染予防にはならない!」と強調する見出しの記事。先ほど、ファイザーとモデルナのワクチンでは90%以上の有効性が確認されたと述べましたが、これは感染症を発症させない、『発症予防効果』についてです。この記事が問題にしているのは他者からの感染自体を予防する『感染予防効果』に関するもので、この点については有望なデータがそろいつつあるものの、まだ最終的なデータは発表されていません。

 つまりは、「予防にならない」ではなく「データがそろっていない」というのが正確なところです。断定的に「感染予防効果なし」とするのは科学的なデータに裏付けられていない言説です(注2)。

【注2:発症しない病原体保有者が多数いるコロナの場合、ワクチン投与群とワクチンを打っていない偽薬投与群を数万人単位で比較して「感染予防」ができたかどうか検証することが難しい、という課題もある】

新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける千葉労災病院の岡本美孝院長(左)=2月17日午後、千葉県市原市

新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける千葉労災病院の岡本美孝院長(左)=2月17日午後、千葉県市原市(時事通信フォト)

――安全性の評価では「誤情報」が流れたということでしょうか。

知念:気になったのは、「実験台にされる」という懸念を強調した記事で、〈新しい技術を使う〉という側面が誇張されていることです(注3)。

 確かに、生ワクチンのような従来の技術とは違って実用化は初めてのことですが、治験終了前の技術としては以前から安全性が確立されてもいた。このことも同じように報道すべきです。

【注3:ファイザーとモデルナのワクチンに共通するのは、メッセンジャー(m)RNAを使う点である。ウイルスの表面に突き出ている「とげ(スパイク)」の部分のタンパク質の遺伝情報(設計図)を投与することで、体にこの設計図を読ませてスパイクタンパク質を作り、さらにこのタンパク質に対する免疫反応を誘導する】

 また今回、米国ではジョー・バイデン大統領や英国ではボリス・ジョンソン首相といった各国のトップが率先して投与を受け、84歳の教皇フランシスコや94歳の英国女王エリザベス2世のような高齢のVIPも続きました。すでに1回目の接種を済ませた人は1億人を超えています。

 外国人に安全でも日本人にも同じとは限らない、と言う人がいますが、米国では、日系を含む何万人ものアジア系の住民も接種していて、彼らに特異的に副反応があったという報告も出ていません。ファイザー製のワクチンについては日本人を対象にした治験も行われました。もはや『実験台』などという表現は当てはまらないのです。

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン