国内

ワクチン「打つ」「打たない」二元論に作家の知念実希人氏が警鐘

――1年で治験を終えるのは早過ぎではないか、という印象もある。

知念:確かに、通常ならワクチン開発には10年はかかる。今回が異例の開発スピードであったことは事実だと思います。ただ、経過を見るとそれには理由があると思います。

 第1に、各国政府が思い切った資金を投じ、製薬メーカーは経営上のリスクを考える必要がなく、短期間で治験にまで持ち込めたこと。第2に、昨年夏以降、英米などで感染爆発が起きたこと。皮肉なことですが感染者が増えたことでワクチンの効果を検証する治験が一気にはかどり、効果を確認できた。そうでなければ、接種開始はもっと遅くなっていたかもしれません。

ワクチンは弱者のためにある

――なぜ知念さんは、メディア報道の検証に力を注いでいるのでしょうか。

知念:ワクチンは弱者のためのものです。接種した人の体だけを守るものではなく、一人でも多くの人が打つことで集団免疫を獲得することに大きな意味がある。これによって救われるのはこの流行で弱い立場に立たされている人たち――重症化リスクの高いお年寄りがそうですし、部活ができない高校生や学費のためのアルバイトができない大学生もそうです。

 不条理を終わらせ日常を取り戻すためにも、1人でも多くの大人が接種を受けて『免疫の壁』を作ることが、ウイルスを社会から排除できるほぼ唯一の道と言っていい。

 メディアが権力が暴走しないよう監視することは大切だとは思います。しかし、その視線はワクチンそのものというよりワクチンを調達して体制を整えた政府の手続きに不備はなかったか等に注がれるべきではないでしょうか。ここまで述べた一部の週刊誌報道はその意味で、力を入れるポイントがズレているように感じます。

 チェックすべきは、日本でなぜここまで接種が遅れたのか。メーカーとの正式契約でワクチンの納品の期限が半年も後ろ倒しになったのはなぜか(政治家に手抜かりはなかったか)。そもそも危機管理のための基礎研究に資金を注いでこなかった政府は、準備が足りなかったのではないか――といった点です」

――ワクチンを巡って改めてメディアによる医療情報の中途半端な理解やいい加減な報道が目立っている。

知念:私たち医師が発信する場合、基本的には英語の論文を読み、その根拠としています。単に読むだけではなく、論文に掲示されている統計の取り方やデータの解釈におかしいところはないか、吟味した上でなければ発信は控える。なぜならばその発信が一度でも誤ってしまえば、人の死に直結しかねないからです。

 以前、血圧が220という状態で診察に来られた患者さんがいました。「このままだと命に関わるから」と何度伝えても「雑誌に血圧は下げるなと書いてあった」と降圧治療にあらがった。その人には大きな病院も紹介したのですが、紹介先でも平行線が続き、その数か月後に脳出血で亡くなりました。

 正しい情報を伝えても信じるのは本人の自由で医師でも強制はできない。それだけメディアの信頼度というのは高いもので、だからこそ報道する側には信頼に足るだけの情報の正確さへの感度を持っていただきたいのです。

関連記事

トピックス