国内

橋本会長、小池知事、丸川大臣 役者が揃った「女たちの東京五輪」

政界の“父”から五輪組織委会長を継いだ橋本聖子(時事通信フォト)

「東京五輪・パラリンピック組織委員会」新会長に就任した橋本聖子(時事通信フォト)

 開催まであまり時間がない中で、組織委員会会長が交代した東京オリンピックは、いったいどうなっていくのか。構成作家でコラムニストの山田美保子さんが“女たちの五輪”の展望について分析します。

 * * *

小池都知事が推していたのは小谷実可子さんとの報道も……

 選定が混迷を極めた「東京五輪・パラリンピック組織委員会」新会長人事。ご存じのとおり、新会長には橋本聖子さん(56才)が就任されました。

 自民党内からは「火中の栗を拾いに行った」「本当に気の毒」という声もあれば、「上の人を立てたり、下を育てたりがうまい」「会見で決して余計なことを言わない」などの“高(?)評価”や、「森喜朗前会長(83才)がコントロールしやすい」など賛否両論。

 ちなみに、これらの声は、男性からのもの。女性の多くは離党をして、腹をくくって“後ろの扉”も閉めた橋本さんに期待し、声援を送っていると思われます。

 私は趣味の1つに「競輪観戦」があることから、管轄の経済産業省で産業構造審議会の委員を務めていたこともありますし、優秀選手の表彰式には毎年出席しています。そうした場所で、森さんにも橋本さんにも頻繁にお目にかかりました。だから、おふたりについては、長年、自転車競技にこまやかな配慮と理解を示してくださるかたとして感謝の念を抱いてきたものです。

 果たして森さんが表舞台から(一応は)去るなか、今後は小池百合子都知事(68才)が主導権を握るのではないかという見方もあれば、はじかれるという声も。はい、これも男性記者や男性識者の言い分です。

 昨年4月、「社長だと思っていたら、天の声がいろいろ聞こえてきて、中間管理職になったようだった」なる“名言”を残した小池さんでしたが、今度こそ、思う存分、リーダーシップをとっていただきたいと思います。

 その小池さんが組織委員会会長に推していたのは小谷実可子さん(54才)……との報道がありました。ウマが合うというよりは、小谷さんに政治色がないからでしょうね。

 小谷さんはこれまでオリンピック関連を中心にさまざまな役職に就いてこられましたし、なぜか専門外の『世界陸上』(TBS系)からもお声がかかる、いろいろな意味でモテモテなかた。

 知人の編集者が言うには「小谷さんは、男性、女性問わず、すぐに『お食事に行きましょう』などと誘っている印象がある」と。そうでしたか、“モテ”の理由がわかりました。ご自分から距離を縮めていくタイプなのですね。でも男性の中には誤解してしまう人がいるかもしれません。

 加えて小谷さんは、決して「私が、私が」とでしゃばるタイプではない。私が知る限り、目上の男性にすごく好かれていらっしゃいます。つまり、小池さんとは真逆なタイプ(苦笑)。報道番組を仕切る女性ニュースキャスターが、隣に自分とは正反対なかわいいタイプの従順な女子アナを置きたがるのにも似ているような気がしました。そのキャスティングをするのも男性ですが(苦笑)。

 女子アナといえば、丸川珠代さん(50才)が五輪担当相に再就任なさいました。私、テレビ朝日の女子アナ時代の丸川さん、大ファンでした。当時はまだ珍しかった東大卒であり、『CNNヘッドライン』をはじめとする報道番組の名キャスターでありながら、『ロンドンハーツ』や『Matthew’s Best Hit TV+』など、バラエティーでも活躍。『ビートたけしのTVタックル』で決して笑顔を見せずに面白ニュースを伝えた姿は秀逸でした。なんでも、ビートたけしサン(74才)から「ねえちゃん、芸人になんないかい?」と誘われたこともあったのだとか。

 でも丸川さんは安倍晋三さん(66才)に誘われて政治家の道へ。突然、テレビ朝日を退社することとなり、当時担当していた“地デジ大使”のCMがボツとなり、共演していた全国のテレビ局の女性アナウンサーからは、恨み節も聞かれたものです。せっかくの全国ネットへの出演が絶たれたわけですから。

 さて、そんな丸川さんの就任会見は、マスク越しにもニヤニヤがわかるほどでした。五輪に合わせてゴールドのロングドレスに着替えて撮影に臨んだ際も、本当にうれしそうでした。50才という節目の年に返り咲いた大臣ポスト。キャラということでいえば、元キャスターでもあった小池さんと丸川さんは「被ってしまうのでは?」という声がやはり、男性の政治記者から上がっています。そして過去の不仲説も再浮上。でも、おふたりのスッキリした笑顔での肘タッチは清々しく見えました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン