国内

橋本会長、小池知事、丸川大臣 役者が揃った「女たちの東京五輪」

(写真/時事通信社)

オリンピック・パラリンピック担当大臣に再任された丸川珠代氏(写真/時事通信社)

1964年東京五輪の5日前に生まれ、聖火から「聖子」と命名

 橋本聖子さんについても案の定、過去のネガティブな話題が取りざたされており、それがまた五輪に水を差すのではないかと心配する声も上がっています。

 一方で、「完璧な人間なんていない」「決定的なマイナスではない」とする声もあり、最後は、「やっぱり彼女はアスリートだから」というところで話が落ち着くのです。

 長年、彼女を取材してきたスポーツライター氏の多くが「これ以上ストイックな人はいない」と口を揃えています。夏季冬季大会合わせて7回も五輪に出場。2010年のバンクーバー大会で、女性初の選手団団長を務めた際は、「死ぬ気で頑張って死んだ人はいない」「人間力なくして競技力の向上なし」と檄を飛ばしたそうです。

 とはいえ、「オリンピックの申し子」ではなく、「オリンピックおたく」と揶揄されていた時代もありました。スピードスケート選手が夏場に自転車競技の選手との合同トレーニングを実施するのがポピュラーだったとはいえ、まさか自転車でもオリンピックを目指し、出場。そのせいで、代表からはじかれてしまった選手のお父様から恨み言が聞かれたこともありました。でも、橋本さんは、代表選手として、結果を出し続けてこられました。

 1964年の東京五輪の5日前に生まれ、「聖火」にちなんで「聖子」と命名された橋本さんは、自身のお子さんにも、シドニー大会の2000年生まれの娘さんに「せいか」、アテネ大会の2004年生まれの息子さんに「亘利翔(ギリシャ)」、トリノ大会の2006年生まれの息子さんに「朱李埜(トリノ)」と命名しています。

 とにもかくにも、橋本聖子さんが組織委員会の新会長になったからには、今度こそ「アスリートファースト」を実現してほしいものです。

 コロナの収束が開催するか否かの鍵を握っているのは確かとはいえ、目標を失いかけ、不安を抱えるアスリートのかたが大勢いらっしゃいます。そうしたかたがたに寄り添い、想いを吸い上げ、第一に考えていただきたい。本来なら、女だの男だの、若いだの年寄りだのなんてことは無関係であるべき。そうした当たり前のことが、多くのシーンで言われるようになりました。やっと揃った小池百合子さん、丸川珠代さん、橋本聖子さんに多くの女性たちが期待しています。腹をくくった女性は強いんです。

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2021年3月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン