ライフ

地震発生、車中泊避難時に持っておくべきは「靴用の滑り止め」

aa

凍結している地面に足を滑らせてけがすることも

 もしも突然の大地震が発生し、車中で避難生活をしなければいけなくなったら、用意しておくべきものは、「靴用の滑り止め」と「懐中電灯」のどちらか──。

 東日本大震災から10年を目前にした2月13日23時08分頃、再び激しい揺れが東北をはじめ、北海道や関東を襲った。この影響で、東京電力と東北電力の管内で計約95万戸が停電。立春を過ぎたとはいえ、北海道や日本海側、東北の山沿いなどでは依然激しく雪が降っている地域もある。寒さと暗闇の中、東日本大震災を思い出し、不安を募らせた人も多かっただろう。

 この季節、寒さ以外の注意点として凍結による転倒事故があると、車中泊専門誌『カーネル』編集長の大橋保之さんは言う。

「駐車場所の地面が凍結していることに気がつかず、車から降りようと足をついた瞬間、滑ってけがをするというケースが意外と多いんです。特に注意したいのが、夜中や早朝にトイレに行くとき。避難所や公共施設の駐車場で車中泊した場合、トイレはそこに設置された仮設トイレを利用することになります。寝起きは警戒心が弱くなっているため、けがにつながりやすいんです」(大橋さん・以下同)

 そこで用意しておきたいのが靴に装着する滑り止めだという。山歩きなどで使う金属製の爪がついたタイプではなく、布製のベルト式やチェーン式などの簡易的なもので充分だという。

 懐中電灯もあれば役立つが、ヘッドライトの方が両手が自由になるうえ、転倒時に手がつけて安全だ。

 また、災害時は仮設トイレの設置に時間がかかることが考えられるので、非常用トイレも用意しておこう。

 もし車中泊避難中に雪が降ってきたらどうすべきか。実際、東日本大震災当日、宮城県気仙沼市などでは雪が降っていた。

「寒いからといって、エンジンをかけたままの就寝は絶対にしてはいけません。もし就寝中に雪が積もり、車のマフラーが埋もれてしまうと、排気ガスが車内に逆流して一酸化炭素中毒に陥る恐れがあり、最悪死に至ることも。また、それほど雪が積もっていなくても、風向きによっては、雪がマフラーをふさいでしまうこともあるので、油断は禁物です」

 積雪対策として、軽くて組み立て式のスノースコップを積んでおき、適宜、雪かきをすることも想定しておこう。

取材・文/鳥居優美 イラスト/大窪史乃

※女性セブン2021年3月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン