高いヒールのブーツを履き颯爽と歩くKEIKO(2019年1月撮影)

高いヒールのブーツを履き歩くKEIKO(2019年1月撮影)

──病状について。いまこうやってやりとりをしていても、後遺症などは感じません。実際、どのような状況なのでしょうか?

「日常生活は難なく送っておりますし、自覚としては問題ないと思っておりますが、“気遣い”などの面では、まだまだ足りないと家族からは指摘されることもあります。いまよりさらによく、少しでも病気前の状態に近づけられるように努力しています。また、より充実した生活が送れるようにカウンセリングや脳のトレーニングのために通院はしております」

 先のKEIKOの直筆メッセージには、《アーティストとしても皆様に恩返しができるよう精一杯努力して参ります》という一文がある。再び、KEIKOの伸びやかな歌声を耳にできる日は近いのだろうか。

──ファンは再びKEIKOさんの歌声が聴きたい。復帰について、いつどんな形でなど考えていることはありますか?

「やっと次に踏み出せる環境になりましたので、やりたいこと、やれることを含めて、これから具体的に考えていくつもりです。ボイストレーニングなども中断しておりましたので、まずはボイストレーニングをしっかりしていこうと思います。亡き父を含めた家族のためにも、もう一度、どんな形であれ、歌いたいと思っております」

 KEIKOは、まっすぐ前だけを見つめている。

※女性セブン2021年3月18日号

KEIKOが離婚後に発信した直筆メッセージ

KEIKOが離婚後に発信した直筆メッセージ

颯爽と歩くKEIKO

颯爽と歩くKEIKO(2019年1月撮影)

色鮮やかなブルーのバッグを手に

色鮮やかなブルーのバッグを手に(2019年1月撮影)

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン