グラビア

有森也実「グラビアは自分をさらけ出せる場。これからも挑戦したい」

有森也実が、約20年前の写真集の思い出を振り返る

有森也実が、約20年前の写真集の思い出を振り返る

 女優がかつての自身の写真を振り返るシリーズ「あの頃のわたし」。今回は、ドラマ『東京ラブストーリー』で清純派女優としてブレイクを果たし、現在は実力派として鳴らす有森也実が、転機となった約20年前の写真集の思い出を撮影者の小澤忠恭氏と語り合った。

──有森さんの映画デビュー作『星空のむこうの国』(1986年)の頃からファンでした。なんとも言えないファンタジーの世界の不思議な美少女でね。

有森:でも、当時は小澤さんに撮っていただいてないですよね。

──そうそう、この写真集の前に、30代になるかならないかの頃からアサヒカメラや週刊誌などで撮らせてもらいましたね。

有森:新橋駅前で撮った時はすごく印象的でした。

──ああ、雑踏の中で一人で立たせて撮ったよね。一人で怖くないかな? って心配しながら撮ってました。

有森:いやいや、私は小澤さんが人目も気にせずに地面にベターッと寝転がって撮ってる姿に圧倒されたの。私はその視点からこの街を見たことがないから。この目線に委ねようと思えたきっかけでした。

──それは嬉しいね。僕の中では有森さんはとにかくファンタジー。だからこの写真集もファンタジーっぽく撮って、その中でもお気に入りなのが着物のカット。襟元の浮きの部分に色っぽさがあってさ。

有森:色っぽさは不可欠だろうし、小澤さんに撮っていただくならリアリティとファンタジーを行ったり来たりする写真集になると思ってましたよ。

──よく言っていただいた! この時は伊豆の松崎の、映画の撮影でも使われていた今はなき旅館で撮ったんだけど、近所の漁船に「ちょっと女優を乗せてくれ!」って頼んで飛び込みで撮ったりして、思い出深いね。

有森:懐かしいです。お借りしたお家の猫がたまたま私のお尻の所に来てお昼寝始めたりね。

──僕が太腿あたりを撮りたくて、遠慮がちに「裾上げて」と言ったら「太腿を撮りたいならそう言えばいいのに」と、さっぱりと言ってくれました。

有森:だって私はあくまで素材で、調理するのは小澤さん。そこは信頼しきってますから。

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン