• TOP
  • ライフ
  • ココナッツ、アマニ、えごま “いい油”“太りにくい油”の摂り方

ライフ

2021.03.06 11:00  女性セブン

ココナッツ、アマニ、えごま “いい油”“太りにくい油”の摂り方

ギーを入れてつくる「防弾コーヒー」

ギーを入れてつくる「防弾コーヒー」(写真/GettyImages)

 巣ごもり生活で増えてしまった体重を前に、手っ取り早くダイエットしようとして、まず油を避けようと考える人は多いだろう。しかし、油も人間にとって必要な栄養素の1つ。生きるための大切なエネルギー源になるだけでなく、全身の細胞の材料にもなる。慶應義塾大学医学部教授の井上浩義さんが言う。

「油を摂ると太るといわれているのは、エネルギーの値が高いからです。炭水化物やたんぱく質は1g=4kcalなのに対し、油は1g=9kcal。1gあたり2.25倍ものカロリーがある。摂りすぎたら太るのは間違いありません。だからこそ、同じ量の“いい油”“太りにくい油”に置き換えれば、太りにくくなるのです」

 専門家たちがダイエットにいいと挙げたのが「ココナッツオイル」。数年前にセレブが愛用していることでブームになったのを覚えている人も多いだろう。管理栄養士の麻生れいみさんが太鼓判を押す。

「ココナッツオイルは、半分以上が『中鎖脂肪酸』でできています。これは腸で吸収されると速やかにエネルギーに変わって、その一部が肝臓で『ケトン体』に変換される。ケトン体には体内の抗酸化力を増やしながら脂肪燃焼を促進する働きがあるので、ダイエットの強い味方です」

 扱いが簡単なことも高評価の理由だ。ココナッツオイルは、油の中では珍しく、加熱しても変質しにくいという特徴がある。

「バターの代わりにトーストにのせてココナッツ風味で食べたり、そのまま納豆に混ぜて食べたりするのがおすすめです」(井上さん)

 次に挙がったのが「アマニ油」と「えごま油」だ。植物油研究家の林裕之さんが言う。

「中性脂肪を減らして血流をよくし、代謝を上げることでダイエットのサポートになる『オメガ3系』の油です。熱に弱いので、ポン酢などと混ぜて自家製ドレッシングにしたり、ノンオイルドレッシングにちょい足しするなどの生食が基本です」

 アマニ油は25℃以下なら変質しないので、冷蔵庫に入れる必要はない。

「むしろ、冷蔵庫には庫内で紫外線が照射されるものもあり、それがアマニ油の大敵である酸化の原因に。アルミ箔を巻いて風通しのよいところに常温保存すれば、1~2か月はもつのでおすすめです」(井上さん・以下同)

関連記事

トピックス