ライフ

ココナッツ、アマニ、えごま “いい油”“太りにくい油”の摂り方

ギーを入れてつくる「防弾コーヒー」

ギーを入れてつくる「防弾コーヒー」(写真/GettyImages)

 巣ごもり生活で増えてしまった体重を前に、手っ取り早くダイエットしようとして、まず油を避けようと考える人は多いだろう。しかし、油も人間にとって必要な栄養素の1つ。生きるための大切なエネルギー源になるだけでなく、全身の細胞の材料にもなる。慶應義塾大学医学部教授の井上浩義さんが言う。

「油を摂ると太るといわれているのは、エネルギーの値が高いからです。炭水化物やたんぱく質は1g=4kcalなのに対し、油は1g=9kcal。1gあたり2.25倍ものカロリーがある。摂りすぎたら太るのは間違いありません。だからこそ、同じ量の“いい油”“太りにくい油”に置き換えれば、太りにくくなるのです」

 専門家たちがダイエットにいいと挙げたのが「ココナッツオイル」。数年前にセレブが愛用していることでブームになったのを覚えている人も多いだろう。管理栄養士の麻生れいみさんが太鼓判を押す。

「ココナッツオイルは、半分以上が『中鎖脂肪酸』でできています。これは腸で吸収されると速やかにエネルギーに変わって、その一部が肝臓で『ケトン体』に変換される。ケトン体には体内の抗酸化力を増やしながら脂肪燃焼を促進する働きがあるので、ダイエットの強い味方です」

 扱いが簡単なことも高評価の理由だ。ココナッツオイルは、油の中では珍しく、加熱しても変質しにくいという特徴がある。

「バターの代わりにトーストにのせてココナッツ風味で食べたり、そのまま納豆に混ぜて食べたりするのがおすすめです」(井上さん)

 次に挙がったのが「アマニ油」と「えごま油」だ。植物油研究家の林裕之さんが言う。

「中性脂肪を減らして血流をよくし、代謝を上げることでダイエットのサポートになる『オメガ3系』の油です。熱に弱いので、ポン酢などと混ぜて自家製ドレッシングにしたり、ノンオイルドレッシングにちょい足しするなどの生食が基本です」

 アマニ油は25℃以下なら変質しないので、冷蔵庫に入れる必要はない。

「むしろ、冷蔵庫には庫内で紫外線が照射されるものもあり、それがアマニ油の大敵である酸化の原因に。アルミ箔を巻いて風通しのよいところに常温保存すれば、1~2か月はもつのでおすすめです」(井上さん・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン