• TOP
  • 国内
  • 『共演NG』演出家・大根仁「ホテルと空港が舞台だったワケ」

国内

2021.03.08 07:00  NEWSポストセブン

『共演NG』演出家・大根仁「ホテルと空港が舞台だったワケ」

これがリアルだが、フィクションの作り方は作り手の考え方次第(AFP=時事)

これがリアルだが、フィクションの作り方は作り手の考え方次第(AFP=時事)

 この1年、コロナは生活のありとあらゆる場面に影響を及ぼして、良くも悪くも「新しい生活様式」を人々に強いてきた。悪いほうの影響としては、「マスク警察」に代表される自粛の強要が挙げられる。公共の場でマスクをすることはマナーとして当然だし定着もしているが、健康上の理由でマスクをできない人に対して、あるいはマスクの必要がないような場所であっても、「マスクしろ」と脅す事例が相次いでいる。ついには「ウレタンマスク警察」まで登場し、不織布マスクに比べて飛沫防止機能が劣るという理由で、ウレタンマスクをしている人たちを非難する。ルールを守って営業する飲食店に「店閉めろ」といった嫌がらせをする輩も後を絶たない。

 コロナ対策に敏感な世論を気にせざるを得ないのはエンタメ業界やアートの世界も例外ではない。『週刊ポスト』(3月8日発売号)では、コロナ時代の表現活動の難しさを各界の第一人者たちが告白している。誌面の都合で紹介しきれなかった各氏の貴重な声をNEWSポストセブン読者にお届けする。

 演出家で映画監督でもある大根仁氏は、一昨年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』や、昨年テレビ東京系列でヒットしたドラマ『共演NG』など人気作品で演出や脚本を担当した。フィクションの世界にも、コロナの影響は確実に広がっていることを明かす。

 * * *
 昨年からは、現代を舞台にした作品ではコロナ禍をどう映像化するか考えざるを得ないのが現実です。表現上の問題もあるし、制作上の制約もあります。撮影に関しては、「こういう状況だから難しいだろう」というシーンはあらかじめ外しています。例えば、公共施設や病院での撮影は非常に難しいので、それらはスタジオ撮影にしています。逆に、空港やホテルは普段に比べて人がいなくて使いやすいので、そうした場所を舞台に選びました。

※『共演NG』の第1話ではホテルで制作発表が行われるシーンがあり、最終話のラストシーンは空港だった。

 現場で急遽、脚本の設定を変更するような事態はありませんでしたね。現場はプロフェッショナルの集団ですから、常にいろんなことを想定しています。トラブルが起きることももちろんありますが、起こりそうなことにはあらかじめ予防線を張っておくというのは、コロナがあっても平時でも当たり前のことです。その点では、僕の場合はコロナが作品に悪影響を与えたとは感じていません。

関連記事

トピックス