ライフ

防災新常識 標語はよく見る・急いで逃げる・声をかけるの「よいこ」

aa

災害時は「よく見る」「いそいで逃げる」「声をかける」の「よいこ」を防災標語として覚えよう

 東日本大震災から10年の時を経た。日本列島はこれからも、首都直下地震や南海トラフ地震など、いつ巨大地震が起きてもおかしくないと言われている。国際災害レスキューナースの辻直美さんはこう語る。

「被災経験を踏まえ、年々防災の常識が変わっています。常に新しい知識を入れて、いざというときのための対策を練りましょう」

 そこで、令和時代の防災新常識をお伝えしよう。

◆避難所には、まず入れないと思え!

「避難所の数は、全国的に足りていません。さらに新型コロナウイルス対策により、想定収容人数が、これまでの3分の1以下に。今後は、避難所に入れないことを想定して備えることが大切。在宅避難だけでなく、親戚や知人宅、ホテルなどの宿泊施設、車中泊避難、テント泊避難など、避難先の候補を複数用意しておくと安心です」(辻さん・以下同)

◆キッチンからとにかく離れろ!

家の中で最も危険な場所はキッチンだ。なぜなら、包丁やはさみなど、地震時に凶器となるものが多いからだ。

「菜箸が飛んできて体に刺さった話も聞きます。平時から、重い鍋や刃物は引き出しにしまっておきましょう。調理器具を出しっぱなしにする?見せる収納?はおしゃれですが、防災面ではおすすめできません」

◆これからの防災標語は「よ・い・こ」

 かつて学校の避難訓練などで、防災標語として「おさない」「かけない」「しゃべらない」の「おかし」を習った人も多いと思うが、これはもう古い。

「私がおすすめするのは『よく見る』『いそいで逃げる』『声をかける』の『よいこ』。状況をよく見て、すみやかに、周囲に声をかけながら逃げることが大切です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン