芸能

十代目金原亭馬生 志ん生と志ん朝の影で醸造したいぶし銀の芸

父と弟に当たるスポットの影でじっくりと芸を醸造した馬生

父と弟に当たるスポットの影でじっくりと芸を醸造した馬生

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、学生時代によく聴いた、父は五代目古今亭志ん生、10歳下の弟が古今亭志ん朝という十代目金原亭馬生にまつわる思い出をつづる。

 * * *
 いま毎日2席ずつ十代目金原亭馬生を聴いている。渾身の50席が収められたCDブック『十代目金原亭馬生 東横落語会』を小学館サマサマから頂いたのだ。2席ずつ聴いても25日はかかる。なんだか自分がオツな馬生になった様な気になってくる。渋すぎるいぶし銀のような芸、淡淡とした枯れた味、水墨画のような噺。どれを聴いてもなつかしく江戸の味と匂いがする。

 学生時代、私はよく馬生を聴いたが、新宿の末広亭なぞ昼席の2時頃、ホワーンと出てくる。一番前の席に陣取った私の鼻先にス~ッとほのかな酒の香り。朝から少しずつ呑み、肴には一切手をつけなかったときく。ある意味、老成してみせる名人だったのかもしれない。絶対明治生まれだろうなと思っていたが、昭和3年生まれ、昭和57年には54歳という若さで亡くなっている。

“ミスター落語”とも言うべき五代目古今亭志ん生の長男として生まれ、10歳下にはサラブレッド、華やかな次男・古今亭志ん朝がいる。若き日は父はまだ売れず、御存じの“なめくじ長屋”での“びんぼう自慢”暮し。さっそうと出てきた弟・志ん朝にはそんな苦労がない。まさに飢えと寒さ、貧乏という落語そのものを体験してきた馬生。父と弟に当たるスポットの影で、じっくりと芸を醸造したのだろう。

 この50席の音源というのは昭和31年から30年間、渋谷の東横百貨店にあった東横ホールで開催されていた会のもの。よくぞ出してくれたものだ。渋谷生まれの私としては渋谷で古典落語の会というのも珍しく、学生時代はよく通った。志ん生・文楽の時代も終り、圓生・小さんの時代に少し若手の馬生がレギュラー入りし、大看板達に見劣りのない至芸を披露した。「目黒のさんま」が良くて「湯屋番」「ざる屋」がいい。このCDブックには珍しい、私も初めて聴く「夢の瀬川」という、本当に俳句のように言葉を抽出し「間」できかせる噺も収録されている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン