ライフ

銀歯治療は時代遅れ 再び虫歯になるリスク高く、歯の寿命も短くなる

(写真/PIXTA)

銀歯治療は時代遅れ(写真/PIXTA)

「緊急事態宣言が解除されたから、久しぶりに歯医者さんに行かなくちゃ……」。『女性セブン』3月18日発売号に掲載された『「85才でちくわが噛めない人の5年後の生存率0%」に震える!』にはこんな声が多数寄せられている。「咀嚼力と寿命」についての疫学調査をもとに、虫歯や歯周病が全身の疾患と関係するという事実を報じた同記事は大きな反響を生んだ。

 しかし、手近な歯科医院に飛び込めばいいというわけではない。『やってはいけない歯科治療』(小学館新書)の著書があるジャーナリストの岩澤倫彦さんは警鐘を鳴らす。

「歯科医療の技術がめざましく進歩する一方で、歯科医の技量や知識、治療方針には大きな差が生じています。つまり、歯科医によっては時代遅れの処置をされてしまう可能性すらあるのです」

 口腔内を治療して体にダメージを受けないためには、どうすべきなのだろうか。

成人の7割に銀歯が入っている

 まず知っておきたいのは歯の治療についての悩みを抱えているのは、圧倒的に女性が多いということ。

「よく歯科治療について相談がありますが、大半は女性からです。特に中高年以上の女性は、歯科医から『あなたにはこの治療がいい』と言われると、疑問があっても尋ねたり断ったりできないまま治療を受けてから後悔する傾向が強い。一部には患者を言いくるめ高額な治療に誘導して利益を上げる歯科医も存在するので注意が必要です」(岩澤さん)

 そのうえ、体質においても女性は歯にトラブルをかかえやすい要因がある。岡田やよい歯科健診クリニック院長の岡田弥生さんが解説する。

「注意すべきは閉経前後です。女性ホルモンの分泌量の減少に伴い、唾液量も減ってしまう。唾液には酸性に傾いた口の中を中和したり、再石灰化の際に必要となるカルシウムなどを補給したりして口腔内を健康に保つ働きがあるため、唾液が減ることで虫歯や歯周病にかかりやすくなります」

 そんなリスクにさらされる中で虫歯になってしまった場合、まず選択肢として浮上するのが患部を削って詰め物をする治療だ。なかでも一般的なのは銀歯治療。日本の成人の7割が銀歯を保有しているという調査結果もあるほどだが、岩澤さんは「銀歯は先進国では時代遅れ」と断言する。

「いまだに銀歯治療を行っているのは先進国で日本くらい。なぜなら詰め物をするために土台となる歯の健康な部分も削らなければならないからです。そのうえ、精度が低い銀歯の場合、隙間から虫歯の原因菌が侵入し、再度虫歯になることも非常に多い。つまり治療したことによってかえって、歯の寿命が短くなるリスクもあるのです。

 ほかに選択肢のなかった昭和の時代なら銀歯が最善の選択だった可能性もありますが、令和のいま、あえて選ぶメリットはほぼないといっても過言ではありません」

 悪影響は口腔内にとどまらない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン