「ネカフェ+ホテル」のハイブリッド型も登場

 コロナ禍でオープンしたレジャーホテルについても触れておこう。2020年8月、JR八王子駅近くに開業した「DESIGN HOTEL BLAX」は、ホテル+ネットカフェの複合業態という斬新なレジャーホテルだ。

 地下をネットカフェ、上階をホテルとして運営。ネットカフェにはコミック5000冊の在庫があり、ホテルの客室へも持ち出せるという。まさに“ハイブリッド型レジャーホテル”ともいえる施設。ネットカフェとはいっても、「DXシアタールーム」「PCルーム」など女子会やコワーキングスペースなどにも利用できる充実の構成だ。

食事や飲み物を24時間提供する「DESIGN HOTEL BLAX」(東京・八王子市)

食事や飲み物を24時間提供する「DESIGN HOTEL BLAX」(東京・八王子市)

 供食にも注力する。おつまみから本格的な食事や各種アルコールまで揃うラインアップを24時間提供しており、フードデリバリーサービスの利用も可能だ。

 驚くのがアルコールの提供と料金。レジャーホテルではウェルカムドリンクとしてアルコールを1杯サービスするなどのスタイルはあったが、こちらでは2時間なんと550円でアルコールの飲み放題を実施している。

「2時間550円」でアルコールが飲み放題(DESIGN HOTEL BLAX/東京・八王子)

「2時間550円」でアルコールが飲み放題(DESIGN HOTEL BLAX/東京・八王子)

 何よりネットカフェとホテルのフロントが同一ということで、レジャーホテルチェックイン特有の気恥ずかしさも薄れる、まさにハイブリッド型だ。これもまたコロナ禍ゆえの新たなマーケットを意識したスタイルといえよう。

10年先行くレジャーホテルのサービス

 筆者がホテル評論家になったばかりの頃、某レジャーホテルの経営者が、「われわれは一般ホテルの10年先を行っている」と自信満々に話していたことを思い出す。

 大きく報道はされないものの、コロナ禍においてレジャーホテルのサービスが一部で一般ホテルの標準となり、より注目されたことは間違いないだろう。

 デイユースの利用拡大を含め、ホテルステイの形態が大きく変容している今、改めて“宿泊とは何か”という根源的な問いについても考え直す必要があるのかもしれない。

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン