ライフ

絵本コーディネーター東條知美さんが選ぶ「大人が泣く絵本」10冊

aa

子育て期の母親に優しく寄り添う

 いま、大人が心を揺さぶられる絵本が増えている。室井滋さんが文を、長谷川義史さんが絵を描いた絵本『会いたくて会いたくて』は、「大人が泣く絵本」として話題に。現代人が忘れがちなことを思い出させてくれ、思わず泣いた、といった感想も多いという。心が荒みがちな昨今、絵本を読んで気持ちを清らかにしませんか。絵本コーディネーターの東條知美さんが、「大人が泣く絵本」を10冊選んだ。

『あなたのことが だいすき』
えがしらみちこ・文と絵 西原理恵子・原案 (角川書店)

 原案は、西原理恵子さん。乳幼児の子育てに奔走する母親が、余裕のない日々、子への愛おしさや葛藤の間で揺れ動く様子が柔らかい絵で綴られる。

「現役の母にとってはお守りのような本であり、子育て期を通りすぎた母にとっては、かつての自分を思い起こし、胸に迫ります。多くの母にとって“私の絵本”だと思える一冊です」(東條さん・以下同)

『あおいアヒル』
リリア・作 前田まゆみ・訳 (主婦の友社)

ああ

親の介護に直面する前に読みたい

 母と息子の親子愛を描いた一冊。主人公のワニはアヒルに拾われて慈しみ育てられ、成長する。だが、老いたアヒルは、徐々に息子のことも忘れ、徘徊を始める。

「介護で苦しんでいる人にとっては残酷に映るかもしれません。ですが、私たちの多くはかつて愛され大事に育てられた記憶がある。美しい記憶を守りたい、こうあってほしいと願う世界が描かれています」

『ぶたばあちゃん』
マーガレット・ワイルド・作 ロン・ブルックス・絵 今村葦子・訳 (あすなろ書房)

ああ

大切な人をどう看取るかを教えてくれる

 ずっと2人で暮らしてきた孫娘と祖母。ある日、祖母は自分の命が間もなく尽きることを悟り、死に支度を始める。

「最後の日々をどう家族と過ごすか、何をどう大切な人間に伝えていくかを、静かに美しく描いた絵本。この本を読んで、祖母の死で残されたものは悲しみだけではない、祖母の教えは私の中で残されているんだと気づかせてもらえました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン