『えのないえほん』
斉藤倫・作 絵・植田真 (講談社)

ああ

寄り添ってくれる人の大切さを再認識

 醜くて孤独なケモノと、盲目の少女。2人の出会いから別れまでを描く。

「少女がいなかったら人を憎み、人を遠ざけてこの世にひとつもいいことなんてないと思って、生涯を終えたであろうケモノが、ひとりの少女との出会いによって、魂が救われます。現実でも、悲しみに寄り添い自分を認めてくれる誰かがいるだけで、生きる力になりますよね」

『ガラスのなかのくじら』
トロイ・ハウエル&リチャード・ジョーンズ・著 椎名かおる・訳 (あすなろ書房)

ああ

自分の居場所はここじゃない?

 街中にある水槽の中で生まれ育ち、水槽以外の世界を知らなかったクジラが、本来の居場所を知り、戻っていく。

「“本当の自分の居場所はどこか?”を問いかける絵本。私たちはひとつの環境に慣れてしまうと、その世界がすべてになりがち。だけど、この物語は希望に満ちあふれ、行動に移せる可能性を教えてくれます。潜在的なものを揺さぶられる一冊」

『ここで土になる』
大西暢夫・著 (アリス館)

ああ

誰もが胸に抱く原風景がここに

 熊本県の五木村の変わりゆく風景を写真で追ったドキュメンタリー絵本。昭和30年代に浮上したダム建設の計画で村人が去った中、1組の老夫婦だけが樹齢500年以上の大イチョウとともに残る。

「私の父方の故郷は新潟の里山にあり、そこが原風景。この本を読むと思い出され、『早く帰りたいな。みんな元気かな』と、涙せずにはいられません」

『むこう岸には』
マルタ・カラスコ・作 宇野和美・訳 (ほるぷ出版)

ああ

多様性への理解が美しい絵とシンプルな言葉で綴られる

 川を挟み、2つの村がある。同書は、“こちら側”に住む少女の目線で展開され、やがて向こう岸に住む《わたしたちとはちがう》少年たちと交流するように。

「いろんな人がいていろんな経験、悲しみがある。私たちは、すべての人の立場に立って同じような思いを抱くことは難しいけれど、考えてみることはできると思わせてくれます」

※女性セブン2021年4月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン