• TOP
  • 芸能
  • 満島ひかりが小五郎役など独自アレンジで文豪の名作が相次ぎドラマ化

芸能

2021.03.31 07:00  NEWSポストセブン

満島ひかりが小五郎役など独自アレンジで文豪の名作が相次ぎドラマ化

フリー女優の道は険しい!?

満島ひかりが明智小五郎役に

 文豪たちが書いた小説はこれまで何度も映像化されてきたが、最近、「少年」がテーマの名作が相次ぎドラマ化されている。独自のアレンジが加わることも多いようだ。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんがその見どころについて解説する。

 * * *
 この春、「少年と名作」をテーマにしたドラマシリーズが二作登場した。ひとつは3月23日から3日連続で放送されたNHK BSプレミアム『シリーズ江戸川乱歩短編集Ⅳ 新!少年探偵団』、もうひとつはWOWOW『文豪少年!~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~』(毎週日曜午後11時~)である。

『江戸川乱歩短編集』は、昭和から人気の乱歩の「少年探偵団」シリーズを原作に、『文豪少年!』は宮沢賢治、夏目漱石など日本を代表する文豪の作品をとりあげている。共通しているのは、どちらも約30分の一話完結であること。そして、原作を独特のスタイルでアレンジしていることである。

『少年探偵団』は、変幻自在の怪盗「二十面相」の犯罪を追う。第一話「怪人二十面相」では次々起こる盗難事件に立ち向かい、第二話「少年探偵団」では「黒い魔物」の噂でもちきりの東京で連続した少女誘拐事件を調査、そして第三話「妖怪博士」では、重要な書類と少年が失踪。洞窟の書斎で不気味に微笑む蛭田博士(麿赤児)の顔が夢に出そうだった。

 どの事件でも小説に出てくる小林少年はじめ、少年探偵団が活躍するのだが、このドラマがすごいのは、名探偵・明智小五郎を満島ひかりが演じていることである。満島はつけヒゲをし、男物のコートを着て現場に現れたりする。変装というより「そのまんま満島ひかり」。二十面相も人を煙に巻くのが得意だが、名探偵のほうがよっぽど不思議ムードを醸し出した。

『文豪少年』は、ジャニーズJr.「少年忍者」の十二人が十作品に出演。原作と設定がまったく違う話も多い。

関連記事

トピックス