芸能

新田真剣佑、初主演作で見えた三浦春馬さんから託された“バトン”

『ブレイブ -群青戦記-』主演の新田真剣佑

意外にも映画では初主演を務めた新田真剣佑(撮影/浅野剛)

 新田真剣佑(24才)が初の単独主演を務めた映画『ブレイブ -群青戦記-』が、3月12日より公開中だ。最初の土日の2日間で観客動員数11万1000人を記録し、興行収入は1億4300万円を突破。映画ランキング第2位という好スタートを切った。口コミには、「作り手たちの熱量が凄い」、「一所懸命で真っ直ぐな出演者たちに感動」といった言葉で溢れた。特に、新田真剣佑と、故・三浦春馬さん(享年30)の演技に注目が集まっている。その理由について、関係映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 本作は、笠原真樹による累計発行部数100万部超のマンガ『群青戦記 グンジョーセンキ』(集英社)を、『踊る大捜査線』シリーズ(1997年-2012年)や『幕が上がる』(2015年)、『亜人』(2017年)などを手掛けた本広克行監督(55才)が実写映画化したもの。戦国時代にタイムスリップしてしまった高校生たちが知恵と絆を武器に、仲間のために決死の戦いに挑んでいく姿を描いている。

 物語のあらすじはこうだ。主人公・西野蒼(新田真剣佑)は、スポーツ強豪校の弓道部に所属しながらも自分に自信が持てず、部活にも身が入らないでいた。ある日、校庭に一本の雷が落ちる。学校の周りに見渡すかぎりの野原が広がったかと思えば、校内には武器を手にした野武士たちが続々と来襲。なんと蒼たちは、学校まるごと戦国時代、それも「桶狭間の戦い」直前にタイムスリップしてしまったのだ。こうして“高校生アスリートVS戦国武将”という前代未聞のストーリーが展開していく。“知恵と絆を武器に”と先述したが、心身ともに磨き上げられた若きアスリートたちの“部活力”も戦いの大きなカギとなる。

 そんな物語を彩っているのが、高校生アスリートたちに扮した若手俳優陣。注目すべき存在が目白押しだ。山崎紘菜(26才)演じるヒロインは、蒼とは対照的な性格の持ち主。囚われの身となる存在ながら、同じ弓道部のアスリートとして、そして幼馴染みとして、主人公に発破をかける役どころなのが面白い。キャリア的にも身体能力的にも目を見張るものがある鈴木伸之(28才)は、皆の指揮を執る剣道部主将を好演。彼も蒼と幼馴染みであり、その友情に泣かされる。話題作への出演が続く渡邊圭祐(27才)は、蒼たちに先駆けてタイムスリップし、歴史操作を目論むヒール役に徹している。今作でさらに注目度が上がることだろう。松平元康(後の徳川家康)に扮する故・三浦春馬さんや、織田信長を演じる松山ケンイチ(36才)らの存在も欠かせない。2人は先述の俳優陣と比べるともはやベテランの域。物語に緊張感とダイナミズムを与える重要なポジションを全うしている。

 奇想天外な物語や、引く手数多な若手俳優がこぞって出演していることなど、多角的に注目の集まる本作。中でも一番の見どころは、やはり新田演じる主人公・蒼と、三浦さん演じる元康の関係だ。ここに胸を熱くさせた観客が圧倒的に多いようで、筆者もその一人である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン