新田真剣佑一覧

【新田真剣佑】に関するニュースを集めたページです。

オスマン・サンコンさん(写真/五十嵐美弥)
オスマン・サンコンさん、アニキと慕った千葉真一さん長男・新田真剣佑との意外な交流を語る
 日本で活躍する外国人タレントは大勢いるが、アフリカ出身タレントは限られる。1980年代半ばから1990年代に活躍したオスマン・サンコンさん(73)はその1人。アフリカ西部のギニア共和国出身で、バラエティ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)などにレギュラー出演していた。下ネタ好きの明るいキャラクターで人気だったが、最近はテレビで見なくなった。サンコンさんの今を直撃した。 * * *「もう70過ぎたけど、耳はよく聞こえるし、視力は1.2。歯も全部自分の歯で、虫歯も1本もないんです。ただ、たまにお酒を飲みすぎちゃって、健康診断でγ-GTPの値が高く出ると、お医者さんに『お酒を控えてください』と言われちゃう(笑い)」 取材当日、スーツ姿で現れたサンコンさんの左胸には、菊花紋章のバッジがキラリ。「天皇陛下から旭日双光章をいただいたんです」と、誇らしげだ。 ギニア大使館補佐官のサンコンさんは、2000年に発足したギニア日本交流協会で、母国の恵まれない人々のために活動してきた。ギニアに日本の衣料品や医療器具、消防車などを送ってきた功労を表彰され、数々の勲章を受賞。胸にはほかにも観光大使を務める鹿児島県・徳之島のバッジや、応援するウクライナ国旗のバッジなどを付けている。「コロナ前まではイベントも含めて月4、5本仕事があって、結構忙しかったんですよ。でもコロナの影響もあって、特に講演はほとんどなくなったね。ここ2年は、家の近くの公園を散歩したり、高校2年生の三男とバスケットボールをするぐらいしかできなくて……。僕、これでも子どもの頃はサッカー選手になりたくて、サッカーを頑張ってたんです。でも、右脚のアキレス腱を断裂して、手術の失敗で脚が不自由になってあきらめた。兄弟に『サッカーできないならあっちに行け』とのけ者にされて、悔しくて一生懸命勉強したんです」69歳で4度目の結婚“ギニアの東大”コナクリ大学に進学し卒業後、仏・ソルボンヌ大学に国費留学。帰国後の1972年、ギニア外務省に入省し、一等書記官として来日した。サンコンさん、超エリートなのだ。「日本には、ギニア大使館を設立するために来たの。日本語をイチから覚えて8年間勤務して、その後、米国のワシントンD.C.に転勤になって3年間。一度、ギニアに帰国したんだけど、外務省を休職して補佐官の立場で昭和59年(1984年)にまた日本に来て、それから『笑っていいとも!』のオーディションを受けてテレビに出るようになった。有名になろうとしたんじゃなくて、ギニアのことを日本の人たちにもっと知ってもらおうと思ってね」 外務省を休職してまで来日したのは、渡米前に日本女性と結婚し長男・勇さんが誕生したから。38歳になった勇さんは一時、レゲエグループで” DJヨンコン” として活動していた。「今はイオンの下請けのスーパーの店長として、真面目に働いているよ。三男はいま、千葉ジェッツふなばしのユースチームでバスケのプロを目指してます」 ギニアは一夫多妻制。サンコンさんは勇さんの母親と結婚前に、ギニアで結婚し第一夫人がいるほか、日本でこれまでに3度結婚し合計3人の妻、3男2女の子どもたち、2人の孫娘がいる。サンコンさん、なかなか艶福家なのだ。「最後の結婚は4年前。相手は19歳年下の北山みつきという歌手です。みつきはチャリティー活動にも熱心で、アフリカの子どもたちにランドセルを送ったりしていたし、シャンソンを歌っててフランス語のアクセントがすごくいい。僕は日本に来る前にフランスに留学していたから、みつきがフランス語で『愛の讃歌』を聞いたとき、懐かしさで胸がジーンとして涙が出て……キレイだし、ボインだし、それでコロッとなったの(笑い)」 69歳で結婚するエネルギー、さすがサンコンさん。「何人も奥さんがいるっていうと日本人に驚かれるけど、僕のオヤジも奥さん5人いて、僕は22人きょうだいなんですよ(笑い)。オヤジに『どのお母さんとも平等に接しなさい』と教わったから、僕も奥さん、子どもに平等に接している。ギニア人の奥さんたちは、前の結婚で生まれた子どもたちもいるから、その子どもたちも合わせると、子どもは全部で15人います。でも、その血の繋がらない子も、自分の子と差別しない。みんなかわいい。ギニアには毎月仕送りして、み~んなの生活費も学費も医療費も全部面倒みているから、みんな家族。まぁ、奥さんたちがヤキモチやいたりすることはあるけどね(笑い)」 テレビで活躍していた頃は年収2億~3億円だったというから、大家族を養うほどの甲斐性もあったわけだ。「ギニアに土地買って、家を4軒もってて、みんなを住まわせてる。CM出演料が大きかったね。でも、事務所の人に1億円持ち逃げされちゃったんだよ(笑い)」 現在は日本で結婚したギニア人妻と、その夫人との間にできた子ども2人と、都内のマンションで暮らす。意外すぎる新田真剣佑との関係性 最初の来日から50年。コロナ前までは母国ギニアに年1回帰国していたが、コロナで帰国できなくなり、この2月に北山さんを伴い5年ぶりに帰国した。「2か月間滞在しました。日本に来てからは帰国しても1週間以上いたことがなかったから、こんなに長く滞在したのは初めて。みつきと一緒にギニアに会社を作ったり、銀行口座を開設したり、いろいろしてたから時間がかかったの」 ギニアのゴミ問題を解決しようと、ゴミ処理工場やリサイクル工場を建設する計画だそう。なかなか壮大な話だ。「僕の兄弟は文部大臣や農林水産大臣をやってたから、サンコン家は力がある。これからは、貧富の差を無くす活動やSDGsを意識した活動をしていきたい。日本とギニアの間で貿易をする会社もやろうと思ってるの。ギニアは資源が豊富で、アルミニウムの原料のボーキサイトの産出量は世界トップレベルだし、鉄鉱石やレアメタルもたくさんあるから、日本とギニアの貿易は日本のためにもいいでしょ? これまではほとんど日本で暮らしていたけど、これからはギニアにいる時間を増やして、日本とギニアで過ごす時間を半分半分にしたい。73歳になってギニアが恋しくなってきた、という気持ちもあるね」 いやいや、73歳と思えないほど元気ハツラツだ。「実はこの4月に千葉真一さんが作ったJAC(JAPAN ACTION CLUB)の顧問になったんです。千葉のアニキとは、僕がデビューして間もない頃に知り合ってからの仲で、それからずっと親しくしてたから、去年、コロナでアニキが亡くなったときはものすごくショックだったよ」 生前の千葉さんは、アフリカ54か国を舞台にした、3人の女忍者の映画を企画、サンコンさんも出演予定だったという。資金の問題で実現はしなかったのだが、それにしても、千葉さんとサンコンさんが親しい仲だったとはビックリだ。「千葉さんはサムライね! アニキほどアフリカのことを考えてくれた俳優はいなかった! 長男のマッケン(新田真剣佑)もよく知ってるけど、彼もいつもアフリカの子どもたちのことを気にかけてくれる。実は去年も、ギニアに文房具とかウォーターボトルとか、Tシャツを200枚くらい送ってくれたんですよ。マッケンはそういう話を外ではあんまり言いたがらないけど、子供たちはすごく喜んでたよ!」 日本とギニアのために、まだまだがんばってほしい。◆取材・文/中野裕子(ジャーナリスト)
2022.06.24 11:00
NEWSポストセブン
真剣佑
新田真剣佑、“暴露男”東谷氏による騒動に「皆さんを悲しませるようなことはしていません」
 速射砲のような関西弁で、芸能人がテレビで見せない“裏の顔”を次々に暴露するYouTuber・東谷義和氏(50才)による騒動が収まる様子がない。4月28日発売の『女性セブン』が新たな動きを報じている。 「貸付金の6000万円がすべてギャンブルに使われたことを初めて知って、愕然としました。東谷氏は借りるときは頭を下げて、『アパレル事業で運用します』『必ず返します』と約束したのに…。いまになってそのお金を『脱税した金だ』、『マネーロンダリングのために預かった』と言い出していますが、あのお金は当時の事務所が真剣佑に貸したもので、事務処理もきちんとしています。彼の言うことは支離滅裂です」  こう語るのは新田真剣佑(25才)が所属する芸能事務所「エム・アンド・リーヴス」代表の村上和義氏だ。  芸能界の“暴露男”こと東谷氏が《【緊急生配信】女性セブンに掲載された記事について話します》と題した動画をアップしたのは4月20日夜のこと。『女性セブン』2022年5月5日号(4月21日発売)は、東谷氏が真剣佑ら芸能人から計1億円以上を借りたまま行方をくらまし、「韓国の人気グループBTSに会わせるからお金を払え」という詐欺で大勢の若い女性から金を騙し集めていた実態を報じた。 「ぼくはご存じの通り、真剣佑とはかなり親しい間柄でした。その中で彼にステマや事務所にも仕事を振ったりしながら彼の私腹を肥やしました」  神妙な面持ちでこう切り出した東谷氏は、真剣佑から大金を借りた経緯を次のように説明した。 「資産運用のお金として、6000万円を預かりました。お金の使いどころ、これがいちばん気になるところだと思うんですが、正直に言います。いわゆる違法賭博、イカサマにはめられてすべて失いました」  唐突な告白に、前出の村上氏は耳を疑ったという。 「返済できない理由として、到底納得がいく説明ではありません。一昨年10月、真剣佑は東谷氏に返済してほしいと話し合いの場を持ちました。東谷氏はそのときに立ち会った真剣佑の顧問を“反社会的勢力”だとして、家族を脅されたなどと言っていますが、その人物は兵庫県警OBで反社なわけがなく、まして東谷氏の家族に会ったこともありません。  真剣佑の父親で、昨年亡くなった千葉真一さんが取り立てに関与しているような話もありましたが、千葉さんは東谷氏の名前すら知らず、東谷氏が指摘する知人Hさんへの借金もありません。  巨額詐欺や、虚偽を多分に含む暴露動画でカネを稼ぐことを正当化するために、論点をすりかえているとしか思えないのです」  東谷氏本人が動画で告白している通り、“イカサマ”の違法賭博などで負けが込み、東谷氏にはおよそ3億円の借金があるという。賭け麻雀だけでなく、日本国内では違法である「カジノ」にも手を出したとも語っている。闇カジノの運営には、暴力団などの犯罪組織が関与しているケースが大半だ。東谷氏は、反社とごく近いところにいたことは否定できないが、自分は「反社じゃない」と言う。 東谷氏に尋ねると、自身が「反社」に当たる可能性について、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でこう回答した。 「薬や違法賭博やレイプなど、綾野剛、城田優、新田真剣佑を反社会的勢力とするのであれば、自分も同じだとは思う。前者の括りを逆にお前はどう思うの?」    真剣佑は一連の騒動についてこうコメントした。 「伝えたいことはたくさんありますが、皆さんを悲しませるようなことはしていませんので心配しないでください」   前出の村上社長が続ける。 「レイプ疑惑については本人から徹底して聞き取りました。まったくの事実無根です。顧問が脅した事実もありません。反論するとさらにあることないことを言われ、こちらが傷を負うだけですが、それでも泣き寝入りするわけにはいきません」  4月28日発売の『女性セブン』では、東谷氏が居場所を隠し続ける理由、「BTSに合せる詐欺」で東谷氏が刑事告訴される可能性、さらには反社組織が関わる「闇カジノ」の実態などについて詳報している。
2022.04.28 07:00
NEWSポストセブン
銀の盾を前に配信を行うガーシーこと東谷氏
暴露YouTuber東谷義和氏 違法賭博で借金3億円「俺だけが出頭することはありえない」
 速射砲のような関西弁で、芸能人がテレビで見せない“裏の顔”を次々に暴露する痛快さで人気を博すYouTuber。その真偽はともかく、常習賭博を公言し、詐欺行為さえ開き直る動画で利益を得ることは、「なにをやっても許される」という誤解を、視聴者に広めることにならないか──YouTubeビジネスの暗部を問う。「貸付金の6000万円がすべてギャンブルに使われたことを初めて知って、愕然としました。東谷氏は借りるときは頭を下げて、『アパレル事業で運用します』『必ず返します』と約束したのに……。いまになってそのお金を『脱税した金だ』、『マネーロンダリングのために預かった』と言い出していますが、あのお金は当時の事務所が真剣佑に貸したもので、事務処理もきちんとしています。彼の言うことは支離滅裂です」 こう語るのは新田真剣佑(25才)が所属する芸能事務所「エム・アンド・リーヴス」代表の村上和義氏だ。 芸能界の“暴露男”こと東谷義和氏(50才)が《【緊急生配信】女性セブンに掲載された記事について話します》と題した動画をアップしたのは4月20日夜のこと。『女性セブン』2022年5月5日号(4月21日発売)は、東谷氏が真剣佑ら芸能人から計1億円以上を借りたまま行方をくらまし、「韓国の人気グループBTSに会わせるからお金を払え」という詐欺で大勢の若い女性から金を騙し集めていた実態を報じた。「ぼくはご存じの通り、真剣佑とはかなり親しい間柄でした。その中で彼にステマや事務所にも仕事を振ったりしながら彼の私腹を肥やしました」 神妙な面持ちでこう切り出した東谷氏は、真剣佑から大金を借りた経緯を次のように説明した。「資産運用のお金として、6000万円を預かりました。お金の使いどころ、これがいちばん気になるところだと思うんですが、正直に言います。いわゆる違法賭博、イカサマにはめられてすべて失いました」 唐突な告白に、前出の村上氏は耳を疑ったという。「返済できない理由として、到底納得がいく説明ではありません。一昨年10月、真剣佑は東谷氏に返済してほしいと話し合いの場を持ちました。東谷氏はそのときに立ち会った真剣佑の顧問を“反社会的勢力”だとして、家族を脅されたなどと言っていますが、その人物は兵庫県警OBで反社なわけがなく、まして東谷氏の家族に会ったこともありません。 真剣佑の父親で、昨年亡くなった千葉真一さんが取り立てに関与しているような話もありましたが、千葉さんは東谷氏の名前すら知らず、東谷氏が指摘する知人Hさんへの借金もありません。巨額詐欺や、虚偽を多分に含む暴露動画でカネを稼ぐことを正当化するために、論点をすりかえているとしか思えないのです」 さらに東谷氏は「BTS詐欺」で集めた金も「すべて違法賭博で失った」と打ち明けた。詐欺の事件化は動画ビジネスの命取り〈オレはBTSのメンバーと知り合いだ。オレが関係する会社でグッズを作っている。航空機代とホテル代を払うなら、アメリカや韓国でBTSに会わせてやるからカネを振り込め〉 そんな誘い文句で、20人を超える女性たちから数十万円から100万円以上の大金を詐取していた東谷氏。それを追及した本誌の報道により事態は大きく動き出した。東谷氏が4月21日の動画配信で、被害者に全額弁済することを宣言したのだ。「動画で東谷氏と対談した美容外科医が4000万円の弁済金を肩代わりすると申し出ました。東谷氏のYouTubeの収入から毎月500万円ずつを返すことが条件といい、いまのペースで配信し続ければ、充分返せる額だといいます」(芸能関係者) 登録者数が117万人を突破(4月25日現在)したYouTubeの「東谷義和のガーシーch」は、連日アップされる動画の再生数が軒並み100万回を超える。それらの広告収入や4万人近くいるとされる有料メンバーシップの会費、生配信での“投げ銭”を合わせれば東谷氏は月に3000万円近く稼ぐ計算だ。大手紙社会部記者が語る。「本人いわく収益が振り込まれるのは5月下旬。だから、焦った東谷氏は、慌てて『BTS詐欺』の被害者への弁済を公表したのでしょう。昨年10月、『男性アイドルグループのメンバーに会わせる』と言って複数の女性から数千万円を集めた元タレントの男が愛知県警に詐欺容疑で逮捕される事件がありました。 ファン心理につけ込んで金を振り込ませる手口は、東谷氏のやり方と酷似しています。東谷氏にも詐欺で逮捕状が出ればYouTubeのチャンネルが閉鎖される可能性があります」 実際、「迷惑系YouTuber」として“人気者”だった男性が’2020年7月、窃盗で逮捕されて以降、男性のアカウントは停止。詐欺の事件化は、YouTuberにとって命取りになり得るのだ。 また、YouTubeの広告ガイドラインによると、「炎上を招く、他者を侮辱するコンテンツ」「個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ」には広告が掲載されないという。詐欺という犯罪行為が指摘される上、有名人への“攻撃”を売りにする「暴露系YouTuber」の東谷氏は、YouTubeから排除されるかもしれないというリスクと常に隣り合わせなのだ。被害に遭った女性の1人が複雑な胸中を明かす。「配信後、東谷氏から直接LINEで謝罪の言葉と、弁護士を経由した返金手続きのやり方についての連絡がありました。ひとまず安心はしましたが、すべてを許す気持ちにはなれません」 たとえ被害額を弁済しても、過去の行いが帳消しになるわけではない。各地で被害者の会が結成されるほど大規模に行われた「BTSに会わせる詐欺」は、1人でも「許せない」という被害者がいれば刑事告訴につながる。「詐欺行為を働いても、海外に逃亡して居場所を隠せば、動画に出演してカネを稼げることが、東谷氏のYouTubeによって証明されています。YouTubeの運営サイドはそれでいいのでしょうか」(前出・芸能関係者) さらに前出の社会部記者はこう明かす。「警察もこれだけ広く被害が出ている詐欺事案は放置できないと考えているようです。なにより、“詐欺をしてもあとで返せばいい”という開き直りが動画によって社会にまかり通れば、類似した犯罪が誘発されると警戒しています」なぜ居場所を隠して逃げ続けるのか 自分がいまどこにいるのかを絶対に明かさない東谷氏だが、4月24日、TikTokのライブ配信中に日本から遠く離れた中東の視聴者ランキングに掲載されるハプニングが起きた。「『絶対バレへん。天才的に(居場所を)カムフラージュしてるから』と取りつくろいながらも配信を中止し、直後にインスタグラムで再開したライブ配信も『疲れた』と言って短時間で終了しました。平静を装っていましたが、明らかに動揺している様子でした」(前出・芸能関係者) 東谷氏はなぜここまで居場所を隠して逃げるのか。借金を肩代わりした医師も気にかけたのが東谷氏の背後関係だ。 医師から「ガーシーさんの後ろに反社の人がいるんじゃないかと思っちゃうんですよね」と言われた東谷氏は、違法賭博で負けたときに「向こうに反社の人がいたかもしれない」としつつ、友人のロンドンブーツ1号2号の田村淳が“反社チェック”をしたことを根拠に自分は「反社じゃないと認定されました」と説明した。 一方で、一晩に数百万円が動く賭け麻雀を行ったと告白したことは衝撃的だった。今年2月の配信で東谷氏はこう明かしている。「六本木のね。名前言ったらたぶんアカンと思うから、まぁバーがあって営業終了後に雀卓が一台あって、そこで麻雀しててんけど(中略)まぁ賭けてる金額がエグいわけですよ。1回負けたら100万200万とぶような麻雀をぼくらはやってたから。負けるときは100万200万平気で負けたし。そんなこんなでずっと賭博行為を続けてて」 負けた額を記載したLINEのやりとりやスコアシートの画像を証拠として提示したこともあった。麻雀賭博の違法性について、レイ法律事務所の河西邦剛弁護士が解説する。「レートの高い賭け麻雀は賭博罪、常習賭博罪にあたる可能性があり、現行犯でなくとも、一定の物証や証言があれば逮捕、起訴につながることがあります」 本人が動画で告白している通り、“イカサマ”の違法賭博などで負けが込み、東谷氏にはおよそ3億円の借金があるという。 賭け麻雀だけでなく、日本国内では違法である「カジノ」にも手を出したという。「闇カジノなどのいわゆる違法賭博は、東京の港区、新宿区などの繁華街の雑居ビルや高級マンションの一室で秘密裏に行われ、バカラやルーレット、スロット、ポーカーなど、さまざまなゲームが用意されています。 東谷さんのケースはわかりませんが、億を超える額を失うほど負けたという話が事実なら、ポンコツ(イカサマ)にはめられた可能性は充分あります。当局の摘発が激しくなり、短期間で大きく稼ごうとする店が増え、数百万円から数千万円、場合によっては一晩で数億円スッてしまうこともある」(ギャンブル事情に詳しいライター)「イカサマにはめられた」と東谷氏はまるで自分が“被害者”であるかのように話すが、イカサマ以前に違法賭博に手を出すこと自体が犯罪行為である。「イカサマはいけないが、賭博はいい」という考え方は、そもそも間違っている。 闇カジノの運営には、暴力団などの犯罪組織が関与しているケースが大半だ。賭博場の開帳という犯罪を巧妙に実行し、さらに、高額な金銭が飛び交う賭博場を維持することができるのは反社組織だ。「高レートの違法ギャンブルにつぎ込むために、銀行がお金を貸してくれるはずがありません。お金がない違法ギャンブラーは、詐欺をしてお金を集めたり、賭博場を運営する犯罪組織からお金を借りるようになっていくわけです。 さらに、負けた額を払えなければ賭場の運営者や闇金に借金を負うことに。そうでもしないと3億円の借金は簡単にはつくれません。その返済のために、海外で強制的に働かされたり、犯罪行為の片棒を担がされることも少なくありません」(前出・ライター) 前述の通り、東谷氏は、反社とごく近いところにいたことは否定できないが、自分は「反社じゃない」と言う。しかし、『女性セブン』2022年5月5日号で追及した「BTSに会わせる詐欺」について、「詐欺と言われても仕方ない」と認めた東谷氏の立場はどう考えられるのか。また、違法な麻雀賭博や違法カジノに通い詰めていたことは、明確な犯罪行為である。 さらにいえば、東谷氏がYouTubeで得た利益は、違法賭博でつくった借金の返済として、反社組織に流れはしないのか──YouTubeのガイドラインには「暴力犯罪組織を称賛、宣伝、支援することを目的としたコンテンツは、YouTubeで許可されていません」と明記されている。 賭け麻雀の違法性の認識について、東谷氏に尋ねると、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でこう回答した。「死なばもろとも、と言ってるとおり、俺だけが出頭することはあり得ない。(動画で告発した)綾野剛が違法薬物の件、城田優が違法賭博、新田真剣佑がレイプ、それぞれを自ら告白して出頭するのであれば、俺は一緒に出頭しても良いと思ってるよ」 自身が「反社」に当たる可能性については「薬や違法賭博やレイプなど、綾野剛、城田優、新田真剣佑を反社会的勢力とするのであれば、自分も同じだとは思う。前者の括りを逆にお前はどう思うの?」とし、海外逃亡している理由や自身の安全についてはこう答えた。「何いうてんの? 日本で撮影もしてるし、お前に連絡してる真剣佑の顧問(DMでは実名)とかに家族は脅されてるけど、それが安全かどうかなんて俺にはわからん。毎日命懸けで戦ってるだけの話。逆にお前は俺が安全やと思う? 何が言いたいん」 真剣佑は一連の騒動についてこうコメントした。「伝えたいことはたくさんありますが、皆さんを悲しませるようなことはしていませんので心配しないでください」 前出の村上社長が続ける。「レイプ疑惑については本人から徹底して聞き取りました。まったくの事実無根です。顧問が脅した事実もありません。反論するとさらにあることないことを言われ、こちらが傷を負うだけですが、それでも泣き寝入りするわけにはいきません」 YouTubeに東谷氏のチャンネルがガイドラインに抵触しないか質問したが、締切までに返答はなかった。 東谷氏の暴露には、視聴者を惹きつける力がある。一部の芸能人の「自分は特別な存在だ」というゆがんだ考え方が東谷氏のような存在を生み出し、視聴者が芸能人の驕りに対して違和感を覚え、東谷氏の告発に共感するならば、芸能界もその“脇の甘さ”を反省すべきだろう。 その一方で、儲かるからといって、なんでもかんでも動画で配信していいわけがない。犯罪行為について間違った考え方が社会に流布してしまわないか。動画配信会社もそうだが、視聴者である私たちもリテラシーを持って接する必要がある。※女性セブン2022年5月12・19日号
2022.04.28 07:00
女性セブン
弟・眞栄田郷敦
千葉真一「お別れの会」2つの会が同日開催 背景に異母姉弟間の軋轢
 毀誉褒貶の激しい人ではあったが、本人も予想だにしなかっただろう死後のトラブルが起こっている。しかも、それが娘と息子の間で起きているというのだから、穏やかではない。骨肉の争いはなぜ起こったのか──。 昭和の大スター・千葉真一さん(享年82)が新型コロナウイルスによる肺炎で急逝したのは、昨年8月のこと。彼の誕生日の1月22日に行われる“お別れの会”が、周囲の困惑を招いている。12月1日、千葉さんが設立したJAC(ジャパン・アクション・クラブ)を継承するメンバーが発起人となる「さらば!千葉真一」と銘打った「お別れの会」の開催が発表された。しかし、それから3週間後、同じく1月22日に「千葉真一 “偲ぶ会”」が開かれることが明らかになった。「偲ぶ会」は、千葉さんが一時期所属していた芸能事務所が取り仕切るという。 千葉さんには3人の子供がいる。1973年に結婚した野際陽子さん(享年81)との間に生まれたのが、長女・真瀬樹里(47才)。離婚後、1996年に再婚した一般女性との間に長男・新田真剣佑(25才)と次男・眞栄田郷敦(21才)が誕生。「お別れの会」は真剣佑と郷敦が関わっており、対抗する形となった「偲ぶ会」は、樹里が喪主を務める。「偲ぶ会」の発起人には、東映の手塚治社長、千葉さんの故郷である千葉県の熊谷俊人知事のほか、映画監督の三池崇史氏や深作健太氏、市川猿之助、谷隼人、そして千葉さんの愛弟子だった真田広之ら約20人もの錚々たる面々が名を連ねている。千葉さんの知人が寂しそうに語る。「故人を送る会が2つに分裂しているのは、生前の千葉さんの行いによるところが大きい。映画や俳優養成学校への投資の失敗などで多額の借金を抱え、私生活では2度の離婚を経験。でも魅力的な人だから彼を支援したり、師事する人は少なくなかった。両方の会にJAC関係者の名前がありますが、“どちらが正当な千葉さんの後継者か”という対抗心のようなものを持っている人もいるのかもしれません。 おそらく真田さんや発起人の面々は、まさか姉弟が分断されかねない状況だとは思ってもいないことでしょう」姉弟間にある「小さくない溝」 樹里や真剣佑も巻き込まれたといえるのかもしれない。だが、彼らが開催日を変えるよう提案したり、名前を連ねることを拒否するなど、関係者やファンの混乱を招かない工夫ができたはず。姉弟間に「小さくない溝がある」という声も聞こえる。前出の千葉さんの知人が続ける。「母親は違いますが、3人は決して“不仲”というわけではなく、一緒に仲よく食事をすることもありました。しかし、4、5年ほど前から次第に“関係がギクシャクしている”という噂が耳に入ってくるようになったんです」 異母姉弟の間に軋轢を生んだのは、偉大なる父親との“距離感”だったという。「真剣佑さんは高校卒業まで千葉さんとともにアメリカで暮らしていましたが、卒業後は父親の後押しで日本の芸能界に入りました。千葉さんは彼を連れて一緒にバラエティー番組に出演したり、彼の才能を褒めたたえるコメントを出すなど、真剣佑さんを全面的にバックアップした。 弟が人気者になっていく姿を、樹里さんも最初は温かく見守っていました。ただ真剣佑さんの人気が出るにつれて違和感が強くなっていったようです。父親の名前ではなく自分の実力で勝負したいという真剣佑さんと、“もっと父親へしっかり感謝を表すべき”という樹里さんの考えはすれ違っていった」(前出・千葉さんの知人) 姉弟の確執を決定的にしたのが、10月8日に営まれた千葉さんの四十九日法要だという。海外での仕事のため真剣佑は葬儀に続いて、四十九日法要をやむなく欠席。いずれも取り仕切ったのは樹里だった。「真剣佑さんは緊急帰国したものの、当時は海外からの帰国者は2週間隔離が義務付けられており、結果的に四十九日も参加できず。これには樹里さんも落胆していました。関係者が樹里さんの手元にある千葉さんの遺骨を一時的に預かり、コロナ隔離されている彼のもとに届ける形で1日だけ“対面”を実現させる予定でした。しかし、その調整段階でもイザコザが生まれてしまった。 結局、真剣佑さんは遺骨に対面できないまま、納骨が行われました」(前出・千葉さんの知人) 2つの会が同日開催という異例の事態の背景には、関係者のさまざまな感情が入り乱れているようだ。千葉さんは草葉の陰で、どんな思いを抱いているのだろうか。※女性セブン2022年1月20・27日号
2022.01.06 07:00
女性セブン
山田孝之、城田優、新田真剣佑も踊らされた「BTSに会わせる」”詐欺師”の正体
山田孝之、城田優、新田真剣佑も踊らされた「BTSに会わせる」”詐欺師”の正体
「自社ブランドがBTSとコラボするから、アメリカまでついてきてくれたら本人に会わせてあげるよ」。男性がそう囁くと、女性は大好きなBTSとの距離をグッと縮められる興奮を抑えつつ、警戒したような声で「そんなこと、できるはずないじゃない」と突き返す。すると、その反応を期待していたかのように、男性は自身の関連会社が実際にBTSのグッズを販売している“証拠”を女性に示す。すっかり信用した女性は嬉々として、面会にかかる費用に加え、飛行機代とホテル代を振り込むも、これはすべて虚偽の話。気づいたときにはもう遅く、支払った金が戻ってくることはない──。 昨今、「BTSに会える詐欺」が増えている。手口は多く存在するが、いま最も注目されている“詐欺師”の男性を仮にX氏としておこう。「X氏は、アパレル関係の会社社長です。被害に遭った人たちが口を揃えて言うのは『芸能人人脈が豊富だから信じてしまった』ということでした」(芸能関係者) その芸能人とは誰なのか。広告代理店関係者が説明する。「山田孝之さん(38才)を筆頭に、綾野剛さん(39才)、佐藤健さん(32才)、新田真剣佑さん(25才)、ONE OK ROCKのボーカル・Takaさん(33才)、城田優さん(35才)など、第一線で活躍している人たちばかりです。5年前、韓流スターが城田さんの誕生日パーティーの写真をSNSで公開したときには、いま挙げたメンツにただ1人、一般人が混じっていたため“この人は誰?”と話題になっていました」 それがX氏だ。コロナ禍でも彼は話題の中心にいた。「2020年5月、緊急事態宣言下の沖縄で、山田さん一家や真剣佑さんらがバカンスを楽しんでいたことが『文春オンライン』で報じられましたが、このときにアテンドしていたのがX氏です。 2021年9月には、人気ロックバンド・RADWIMPSのギタリスト桑原彰さん(36才/活動休止中)の不倫を『文春オンライン』が報じましたが、桑原さんはX氏の会社の取締役に名を連ねており、彼に不倫相手の女性を紹介したのも、このX氏です」(前出・芸能関係者) X氏が芸能人と親しいことは事実のようだが、それを裏付ける写真や記事がネット上にあふれていることがX氏に箔をつけてしまい、“詐欺被害”を拡大させているという。親交の深い芸能人は、知らないうちに“客寄せパンダ”として踊らされていたのだろう。「むしろ芸能人たちも被害者ですよ。最終的にはX氏に食い物にされていますから」 そう語るのはX氏の知人だ。自分と写った写真が安心材料に“利用”され、さらには自分自身も被害に遭うという悲惨な事態に陥っているという。X氏の知人が続ける。「彼はとにかく羽振りがいいんですよ。自分は酒をまったく飲めないけれど、食事や酒を御馳走する。ハワイに別荘があると話すこともありましたね。特に山田孝之さんと仲がよく、山田さんを慕う多くの後輩たちが自然にX氏に一目置くようになっていきました。X氏は40代後半ですが誰とでも距離感が近く、皆も彼にはタメ口。飲み会にはきれいな一般人女性を何人も呼んで、芸能人の隣に座らせていました」 山田とは、表舞台でもしっかりとつながっていた。「X氏のブランドがファッションイベントに登場する際には、ランウェイでのステージプロデュースを山田さんが手がけ、モデルとしては山田さんのほかに藤田ニコルさん(23才)や満島真之介さん(32才)らが参加し、注目を浴びていました」(アパレル業界関係者) そうした関係を構築するうちに、X氏は芸能人に協業を持ちかけたという。「ビジネスパートナーとして事業をしようとか、彼らが持つ芸能界への不満を受け止め、一緒に構造改革をしようなどと語っていました。そうした話に特に共感したのは山田さんで、2020年の冬頃かな、X氏に資金を渡したと聞いています。 ロックバンドUVERworldのメンバー・誠果さんは、RADの桑原さんと同じく、X氏の会社の取締役になったものの、怪しんで退任しようとしても公的に退任させない、出資した400万円も戻ってこないという状況のようです」(前出・X氏の知人) X氏の知人は、ほかにも真剣佑、桑原なども資金を提供していたと認識しているという。「X氏に渡した額は数十万円から多い人で数千万円にもなる。合計したら億は超えているでしょう。しかし、そのお金が一切返ってこない。表に出る仕事をしている人たちは、被害に遭ったことを発信しづらいことも、X氏は見越していたのでしょう。実際に、ほとんどの人は泣き寝入り状態だと聞いています。返金は諦めて、X氏とかかわっていた過去そのものを隠そうとする人もいるほどです」(前出・X氏の知人) 最もX氏と懇意だと思われていた山田の所属事務所は「本人に確認したところ、金銭のやり取りは一切ございません、とのことでした」と回答した。真剣佑の所属事務所は「何も答えることはございません」との回答だった。 X氏の会社の取締役になっている桑原が所属するRADWIMPSの事務所は「会社の運営資金としてまとまった金を3年ほど前に渡しましたが、役員報酬はもらっておらず、当時渡した金は1円も戻ってきていません。詐欺には一切加担しておらず、桑原自身は被害者だと思っています」と答えた。当のX氏の携帯に何度も電話したが、ついに出ることはなかった。 X氏は2021年に入ってから、東京・渋谷区の高級マンションから追い出されるような形で去り、それと前後して冒頭の“BTSに会える詐欺”に手を染めたとみられる。金と人脈と信頼を失った結果なのか──。※女性セブン2022年1月6・13日号
2021.12.16 07:00
女性セブン
ドS御曹司役が話題の眞栄田郷敦 兄・新田真剣佑にはない強み
ドS御曹司役が話題の眞栄田郷敦 兄・新田真剣佑にはない強み
 現在放送中のドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)にて、主演の二階堂ふみを翻弄するドSの御曹司役が話題を呼んでいる眞栄田郷敦(21才)。俳優デビューからわずか2年で連続ドラマの大役を務め、大ヒット上映中の映画『東京リベンジャーズ』では、メインキャストの一人として実力派若手俳優陣の中に名を連ね、いま最も勢いのある俳優の一人として注目を集めている。ここでは、兄の新田真剣佑には無い眞栄田の魅力について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。* * * 眞栄田の兄といえば、新田真剣佑(24才)である。兄の新田もまた、若手を牽引するトップ俳優の1人だが、SNSなどで2人の名を検索してみると、意外にも彼らが兄弟であることを知らない人も多いようだ。確かに現時点の眞栄田は、新田とは異なるタイプの俳優のように思う。両者とも、異なる“ストロングポイント”がそれぞれにあるのだ。 2人の父親は、言わずとしれた日本が誇る世界的な映画スター、千葉真一さん(享年82)。『仁義なき戦い 広島死闘篇』や『魔界転生』、『キル・ビル』など数多くの代表作を持ち、特にアクションにおいては後進の育成にも尽力してきた偉大な存在である。そんな彼の遺伝子を、新田も眞栄田も色濃く受け継いでいるように思う。直近の出演作で言えば、新田は映画『るろうに剣心 最終章 The Final』にて、眞栄田は『東京リベンジャーズ』にて、その片鱗を大いに見せている。 そんな兄弟のキャリアを簡単に振り返ってみたい。両者ともアメリカで生まれ育ち、兄の新田は幼くしてアメリカでの俳優活動をスタートさせた後、日本でも芸能活動を開始。2018年に公開された『ちはやふる』シリーズは、新田が演じた役の名を現在の彼の芸名とするほど自他ともに認める代表作となり、今年公開された『ブレイブ -群青戦記-』では映画単独初主演を務めるなど、これまでに多くの話題作・人気作に出演してきた。まだ20代半ばの若手俳優でありながら、実力派として広く認知されている。 一方の眞栄田も、デビューから2年とまだ“新人俳優”でありながら、破竹の勢いで成長を遂げている。『プロミス・シンデレラ』を見ていると、彼の瑞々しい演技には、時折危うさを感じないわけでもないが、この“瑞々しさ”や“危うさ”こそが男子高生と年上女性の恋愛劇が展開する本作において、視聴者にスリルやドキドキ感を与えていると思う。演技の技術はこれから身に付くのだろうが、いまの彼にしかないある種の不器用さが役と絶妙にマッチしているのだ。また、マンガ作品が原作とあって、本作で彼が演じている役どころは少しばかり現実離れしたアイドル的な要素を感じるが、その点も彼が演じると不思議と成立させてしまう魅力もある。 兄の新田も2017年公開の『ピーチガール』などの少女マンガの実写化作品などに顔を見せ、アイドル的な役柄も通過してきた。新田と比べればいまの眞栄田とは大きなキャリアの差があるように思えるが、そもそもアメリカで活動をスタートさせた新田とは基礎力も経験値も違うはずだろう。現在の眞栄田は、さまざまなタイプの作品・役柄に挑み、場数を踏んでいる段階と言えるのかもしれない。作品を重ねることで、さらに得意な役どころも生まれてくるのではないだろうか。 とはいえ、新田にはない眞栄田の強みもある。先述したドラマでの活躍もあり、いまの眞栄田はお茶の間での浸透力は高い。これは、ドラマ以上に映画を主戦場にしてきた新田には無い点だ。眞栄田は、『プロミス・シンデレラ』の前には『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)にもレギュラー出演しており、2クール連続での連ドラ出演となっている。年始に放送された『教場II』(フジテレビ系)でも、警察学校を舞台に、これまた次世代を担う多くの若手俳優が顔を揃える中、猟奇的な役どころに扮して強烈なインパクトを残した。キャリアを重ねるごとに物語を引っ張る役どころを担い、早くもお茶の間の顔として人気を得つつあるのだ。“分かりやすさ”が求められるテレビドラマだからこそ得られる表現力も、映画での表現と同じくらい重要なのではないのだろうか。兄の新田とはまた異なる輝き方をしていると思う。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.09.12 07:00
NEWSポストセブン
千葉真一さんが残した足跡 ファミリーの輝き続ける現在・過去・未来
千葉真一さんが残した足跡 ファミリーの輝き続ける現在・過去・未来
 日本のアクション俳優の第一人者として国際的に活躍した千葉真一さん(享年82)。その偉大な功績もさることながら、その子供たちの活躍も見逃せない。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが千葉ファミリーの足跡をたどる。 * * *「どこかのプロダクションが絶対スカウトするに違いない」の声「忘れもしない。真剣佑は13才、郷敦は10才のときに『さんま御殿!!』に出ていただいて。(中略)千葉さんしかキャスティングされてなかったんですけども」とは、8月21日オンエアの『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)での明石家さんまサン(66才)。 いわゆる“闇営業問題”以来、業界聴取率100%の同プログラムです。冒頭のエピソードも、しっかりネットニュースとなっていました。『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の構成者の1人である私も、よ〜く覚えています。いや、本番に入ってしまって、“千葉さんいじり”に熱が入っていたさんまサンとは逆に、前室や廊下で所在なさげにしていたオーラ抜群の若きイケメン、後の新田真剣佑サン(24才)と眞栄田郷敦サン(21才)に、女性スタッフは大騒ぎでした。「千葉真一さんが息子さんを連れてきたんだって」「わ、イケメン! 野際陽子さんとのお子さん……じゃないわよね」 などから、「デビューしないの?」「今日、どこかのプロダクションが絶対スカウトするに違いないわね」 という“お節介”まで(苦笑)、大いに盛り上がったものです。 その後、千葉さんは何度か『~御殿!!』に出てくださり、私の記憶では、真剣佑サンが最初おひとりでみえて、次の回に郷敦サンがみえたのではないかと。いずれにせよ、さんまサンが言うように、番組に出演してくださったのは千葉さんだけで、息子さんたちは“見学”と、スタッフ陣への“お披露目”だけだったのです。『ヤングタウン~』では、当時、千葉さんが『浅井企画』さんに所属されていたことも明かされました。千葉さんのモノマネでおなじみの関根勤サン(68才)(と、そのモノマネをする娘さんの関根麻里サン・36才)が所属している“ご縁”だったんですよね。 その頃、千葉さんは、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)の前身『やじうまテレビ!』の金曜レギュラーでもいらっしゃいました。コメンテーターというよりは、「千葉真一の金曜ハンター」なるコーナーに出演されていて、ここでも“いじられキャラ”だったかと。「JJ Sonny Chiba」(サニー千葉)というお名前が、海外での千葉さんの真の活躍をご存じないかたにとっては、“おもしろネーム”のように受け取られていたからかもしれません。『ヤングタウン~』で、さんまサンは、真剣佑サンと郷敦サンを「いまや立派な役者さんになって」と称賛し、千葉さんを「サニー千葉という、世界に誇れる日本の役者さんの1人」と話を締めて、しのばれました。 いまから思えば、千葉さんは、息子さん2人を日本の芸能界に売り込むために、テレビ局に連れてきたり、プロデューサーに紹介したりしていらしたのではないかな、と。『浅井企画』さんや『~御殿!!』、さらには、生ワイドの『やじうま~』と、営業先がややズレていたようにも思いますが(笑い)、さんまサンがおっしゃるとおり、真剣佑サンと郷敦サンは、アッという間に主演級の俳優さんになられました。 真剣佑サンは世界に羽ばたくべく、日本での所属事務所を飛び出し、現在、米国の「アジアン・シネマ・エンターテインメント」に所属。お父様の旅立ちには会えませんでした。 郷敦サンは現在、『プロミス・シンデレラ』(TBS系)の二番手で、撮影中だったことと、お父様はコロナでお亡くなりになったことから、「一方的な約束をしてきました。それを守るだけです」とコメント。初七日法要まで立派に喪主を務めあげました。 納骨までは、長女で女優の真瀬樹里サン(46才)がご遺骨を預かると、3人の子供さんでしっかり話し合いをして決めたと事務所から発表されました。 樹里サンは、ドラマ『寺子屋ゆめ指南』(NHK)や、映画『キル・ビル』で、お父様と共演。かつて千葉さんが『有吉ゼミ』(日本テレビ系)にVTR出演された際、「日本の女優さんでいまできる人はいない。あの子は日本の財産」と樹里サンのアクションを絶賛されています。「しょうがない人」と苦笑しながら野際さんは千葉さんを語った 私は、2002年から、タイトルや番組のスタイルを変えつつ、約7年間、放送していた『旅の香り』(2002〜2009年・テレビ朝日系)で、千葉さんの元妻、野際陽子さん(享年81)とご一緒していました。NHKのアナウンサー出身で当時、知的な女性の代表格だった野際さんは、退局後、広告代理店、フリー司会者を経て、念願のパリへ留学。帰国時、ツイッギーばりのミニスカート姿でタラップを下りてきた野際さんの美しくもカッコイイお写真は何度も拝見しました。旅番組では樹里サンとの共演も多く、『キル・ビル』の映像もオンエアで何度、使わせていただいたことでしょうか。 ご自宅や行きつけの中華料理店などにお招きいただいた際、オフレコで、千葉真一さんのお話を聞いたこともありました。離婚なさっていたので当たり前なのですが、千葉さんの話をなさるときの野際さんは、いつも苦笑したり、やや呆れ気味で「しょうがない人」と短く、そのお人柄を説明されていたと記憶します。 千葉さんが主宰され、真田広之サン(60才)、志穂美悦子サン(65才)、堤真一サン(57才)らを輩出した『ジャパンアクションクラブ』(JAC)は、素人目には肉体労働のように見えたこともありますし、いわゆる“役者バカ”で、真っすぐさもおありだった千葉さんと、知的なクールビューティーの野際さんが、なぜご夫婦になったのか。私はずっと不思議に思っていたものです。『キイハンター』(1968~1973年・TBS系)のキャストで結婚するのは「坊や」=谷隼人サン(74才)と「ユミちゃん」=大川栄子サン(73才)だと信じていたことも理由です。 でも、共に、日本国内には留まらず、枠に収まりきらないスケールがおありになるのは、おふたりとも、同じ。野際さん歌唱の『キイハンター』のエンディングテーマ『非情のライセンス』は、あの『伊勢佐木町ブルース』(青江三奈さん・享年59 の大ヒット曲)を思わせる“ため息”から入る、お色気ソングでもありました。繰り返しになりますが、NHKのアナウンサーだった野際さんは冒険者といえます。 そして千葉さんも野際さんも、お亡くなりになる直前まで現役選手でいらして、お忙しいなかでも、スタッフやキャストへのこまやかな心遣いを忘れなかった。子供さんのことを思い、幼い頃、なかなかそばにいてさしあげられなかった分、同業に就かれた娘さん、そして息子さんたちの応援を全力でなさった千葉さんと野際さんは“似た者夫婦”だったのではないかと、いまになって思います。 野際さんと天国で再会されたら、どんなお話をなさるのでしょう。個人的な予想ですが、『キイハンター』での啓子(野際さん)と風間(千葉さん)のように、互いに“あしらい合う”のでは? 聞いてみたかったです。合掌。構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2021年9月16日号 次男の真栄田郷敦 写真4枚
2021.09.03 19:00
女性セブン
中居正広、高畑充希、新田真剣佑… 話題芸能人たちの私服ヴィトンコーデ
中居正広、高畑充希、新田真剣佑… 話題芸能人たちの私服ヴィトンコーデ
 誰もが憧れる“王道”の高級ブランド、「ルイ・ヴィトン」。世界中で幅広い世代に支持される人気のブランドだ。セレブの間にも愛用者が多いことで知られるが、話題の芸能人たちは、実際にルイ・ヴィトンをどんな風に着こなしているのか。彼らのプライベートの“ヴィトンコーデ”を紹介する。 3月初旬、東京駅ホームで、東北新幹線の列車から降りてきたのは、タレントの中居正広(48才)。ベージュ系のハーフコートとマフラーに、キャメルの小さめのショルダーバッグを肩から掛け、全体的にワントーンでまとめた柔らかい印象のコーディネートだ。もう一つ右手に持っている大きめのグレーのバッグはルイ・ヴィトンのもの。実はこのバッグは、中居が10年以上前にイタリアで購入し、長年愛用しているものだという。 ヴィトンは一番のお気に入りのブランドで、香取慎吾(44才)、草なぎ剛(46才)、稲垣吾郎(47才)の3人がジャニーズ事務所を退所した際、グッチの洋服とともにプレゼントしたのも、ヴィトンのバッグだったという。流行り廃りを気にせず、自分が気に入った物を大事にし続ける姿は、多くの人に好かれる中居の人柄を表しているようだった。“高視聴率女優”との呼び声も高い高畑充希(29才)は、寒さの厳しい1月のある夜、たくさんの荷物を抱え閑静な高級住宅地を歩いていた。ゆったりとした白のニットに黒系のパンツを合わせたカジュアルな装いだが、さりげなく左手に持っていたのはルイ・ヴィトンのボストンバッグだ。3月下旬にも、このバッグを持って出かける姿をキャッチ。よっぽどお気に入りのバッグのようだ。 ルイ・ヴィトンのオープニングイベントなどにも招かれる高畑は、自身のインスタグラムでもヴィトンのバッグの写真をアップしている。『GINZA 2019年9月号』(マガジンハウス)で掲載された、ヴィトンの新作ボストンバッグを着用したカットもアップされており、この日高畑が持っていたバッグと同じものとみられる。 ルイ・ヴィトンを個性的に着こなしていたのは、俳優の新田真剣佑(24才)だ。3月上旬、都内で仕事を終えた新田は、鮮やかなブルーのヴィトンのカレッジジャンパーに、左肩にショッキングピンクのフラミンゴなど2つのぬいぐるみを着用し登場。スニーカーもヴィトン製だ。前髪を頭上で一つに結んだユニークな髪型だが、どこかカラフルでポップなコーディネートに溶け込んでいる。 そんなインパクト抜群の装いに合わせたバッグは、モノトーンのヴィトンのショルダー。高畑と同じく、ルイ・ヴィトンのイベントや展示会などに招かれる新田は、プライベートでも同ブランドの洋服や小物を愛用しており、着用した姿を自身のインスタグラムでもさりげなく披露している。最新のファッションも難なく着こなせるのは、おしゃれ上級者の新田ならでは。 この4月から、活動拠点を本格的にアメリカ・ニューヨークに移すことを発表した芸人の渡辺直美(33才)。いまや世界的なインフルエンサーとなり、数々のハイブランドのアンバサダーを務める彼女も、プライベートではルイ・ヴィトンを愛用している。 2月下旬、アメリカ移住直前の渡辺の姿をキャッチ。大きなスマイルマーク柄のピンクのトレーナーにブルーデニムを合わせ、シンプルだがインパクト大なコーディネートだ。ヴィトンのボストンバッグを右手に持ち、愛車の白のポルシェ911カレラ4Sカブリオレに乗り込む姿は、世界を股にかける大物タレントの風格そのもの。 タレントの鈴木奈々(32才)は、普段のイメージとは違い、シックにルイ・ヴィトンを着こなしていた。10月下旬、都内で仕事終えた鈴木は、キャスケットとコート、ワイドパンツを黒で統一し、ビビッドな赤のインナーを差し色にしたエレガントスタイルで登場。ふんわりとカールさせたロングヘアや、大きすぎないサイズ感のヴィトンのバッグが、大人な雰囲気を一層引き立てていた。 ある女性スタイリストは彼女について、「新型コロナウイルスの自粛生活が明けてから、奈々さんは少しずつイメチェンしていますよね。私生活でも大人な女性にステップアップされているようです」と話した。“おバカタレント”としてブレイクした鈴木だが、年齢を重ねるにつれ、その時々の自分にふさわしい進化を遂げているようだ。
2021.04.29 07:00
NEWSポストセブン
【動画】新田真剣佑とワンオクTaka 女性めぐるトラブルで絶交状態
【動画】新田真剣佑とワンオクTaka 女性めぐるトラブルで絶交状態
 元有名子役の31歳・A子さんとの熱愛が発覚した新田真剣佑さん。交際に関して、真剣佑さんは『ONE OK ROCK』のボーカル・Takaさんとトラブルがあったようです。 きっかけは去年の8月。Takaさんは複数人の男女と神奈川・湯河原の高級温泉旅館に宿泊。豪華なクルーザーで夜釣りをしたり、近隣の高級レストランを貸し切るなど、リッチな旅行を楽しんでいました。 その一行にA子さんもいたそうで、真剣佑さんは「A子が僕の恋人だと知って泊まりがけの旅行に誘うなんて、Takaは絶対に許さない」と怒り、「二度と顔も見たくない」と絶縁宣言したようです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.04.26 16:00
NEWSポストセブン
【動画】新田真剣佑が熱愛 お相手は元有名子役の31歳女性
【動画】新田真剣佑が熱愛 お相手は元有名子役の31歳女性
 新田真剣佑さんの熱愛が明らかになりました。お相手はかつて有名子役として活躍したA子さん。2年前から交際を始め、今年に入って都内の高級マンションで同棲を始めたそうです。 A子さんの知人によると「今年31才になる彼女は子役出身で、かつては将来が期待される女優でした。10代の頃から演技が評価され、映画やドラマで活躍していましたが、20才の頃、芸能界を引退したようです」とのこと。 A子さんは、芸能界を引退した今でも芸能人の友達は多いそうです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.04.23 16:00
NEWSポストセブン
新田真剣佑に熱愛、お相手は元有名子役 ワンオクTakaと絶交報道も
新田真剣佑に熱愛、お相手は元有名子役 ワンオクTakaと絶交報道も
 いま最も旬な俳優の1人、新田真剣佑(24才)が熱愛中であることがわかった。 お相手はかつて有名子役として活躍したA子さん。2年前から交際を始め、今年に入って都内の高級マンションで同棲を始めたという。「今年31才になる彼女は、子役出身でかつては将来が期待される女優でした。10代の頃から演技が評価され、映画やドラマで活躍していましたが、20才の頃、芸能界を引退したようです。ただ、現在も芸能人の友人は多いですよ」(A子さんの知人) 実はすでに親密な様子が報じられている。「昨年5月に『文春オンライン』で、山田孝之さんや真剣佑さんらが、緊急事態宣言中に沖縄旅行をしていたことが報じられました。そのとき、真剣佑さんの隣にいた女性がA子なんです」(前出・A子さんの知人) 真剣佑はいま、人生の新たなステージに踏み出そうとしている。現在放送中の月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)に出演、23日から公開される映画『るろうに剣心 最終章 The Final』にも出演するが、所属事務所との契約はこの4月に終了する。「事務所から離れたのは、海外での活動に専念するためです。すでにハリウッドで製作される日本の人気アニメの実写版映画に主演クラスでの出演が内定しているとか。5月には渡米し、撮影準備に入ると報じられています」(芸能関係者) そんな彼を隣で支えるのがA子さんだ。ふたりの出会いは3年ほど前。当時A子さんには有名スタイリストの夫がいたという。「真剣佑さんとA子が知り合ったのは、2018年の秋。その日、A子は夫と共にアパレルブランドの撮影現場にいたんです。そこに現れたのが真剣佑さんでした。その日は仕事上の会話を少し交わしただけでしたが、お互いに強く印象に残ったようです」(前出・A子さんの知人) お互いに好意を抱きつつも、踏み出すことはできない。そんな状況だったが、その後しばらくして、真剣佑の元にA子さんから連絡が入ったという。「A子は共通の友人から真剣佑さんの連絡先を聞き、近況など何気ないことを報告し合うように。その後、間もなく彼女は夫と離婚。ふたりは自然と交際を開始しました」(前出・A子さんの知人) 父の千葉真一(82才)、弟の眞栄田郷敦(21才)にも彼女を紹介し、交際は順調に進んでいた。 真剣佑の個人事務所は「プライベートなことは本人に任せています」とのことだった。 2人の交際に関しては、真剣佑が、友人だった『ONE OK ROCK』(通称ワンオク)のボーカル・Takaとトラブルになったという。「『るろうに剣心』の主題歌は一作目から、ワンオクが歌い、今作でももちろん新曲が流れるのですが、Takaさんと真剣佑さんの関係が芳しくないようなんです。かつてはプライベートでも頻繁に会う仲だったのに……どうも女性を巡ってトラブルがあったみたいなんですよね」(映画関係者) 4月22日発売の女性セブンは、A子さんを巡って真剣佑とTakaが絶交にまで発展したトラブルの詳細、さらには、真剣佑への直撃などについて詳報している。
2021.04.21 16:00
NEWSポストセブン
新田真剣佑、初主演作で見えた三浦春馬さんから託された“バトン”
新田真剣佑、初主演作で見えた三浦春馬さんから託された“バトン”
 新田真剣佑(24才)が初の単独主演を務めた映画『ブレイブ -群青戦記-』が、3月12日より公開中だ。最初の土日の2日間で観客動員数11万1000人を記録し、興行収入は1億4300万円を突破。映画ランキング第2位という好スタートを切った。口コミには、「作り手たちの熱量が凄い」、「一所懸命で真っ直ぐな出演者たちに感動」といった言葉で溢れた。特に、新田真剣佑と、故・三浦春馬さん(享年30)の演技に注目が集まっている。その理由について、関係映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。 * * * 本作は、笠原真樹による累計発行部数100万部超のマンガ『群青戦記 グンジョーセンキ』(集英社)を、『踊る大捜査線』シリーズ(1997年-2012年)や『幕が上がる』(2015年)、『亜人』(2017年)などを手掛けた本広克行監督(55才)が実写映画化したもの。戦国時代にタイムスリップしてしまった高校生たちが知恵と絆を武器に、仲間のために決死の戦いに挑んでいく姿を描いている。 物語のあらすじはこうだ。主人公・西野蒼(新田真剣佑)は、スポーツ強豪校の弓道部に所属しながらも自分に自信が持てず、部活にも身が入らないでいた。ある日、校庭に一本の雷が落ちる。学校の周りに見渡すかぎりの野原が広がったかと思えば、校内には武器を手にした野武士たちが続々と来襲。なんと蒼たちは、学校まるごと戦国時代、それも「桶狭間の戦い」直前にタイムスリップしてしまったのだ。こうして“高校生アスリートVS戦国武将”という前代未聞のストーリーが展開していく。“知恵と絆を武器に”と先述したが、心身ともに磨き上げられた若きアスリートたちの“部活力”も戦いの大きなカギとなる。 そんな物語を彩っているのが、高校生アスリートたちに扮した若手俳優陣。注目すべき存在が目白押しだ。山崎紘菜(26才)演じるヒロインは、蒼とは対照的な性格の持ち主。囚われの身となる存在ながら、同じ弓道部のアスリートとして、そして幼馴染みとして、主人公に発破をかける役どころなのが面白い。キャリア的にも身体能力的にも目を見張るものがある鈴木伸之(28才)は、皆の指揮を執る剣道部主将を好演。彼も蒼と幼馴染みであり、その友情に泣かされる。話題作への出演が続く渡邊圭祐(27才)は、蒼たちに先駆けてタイムスリップし、歴史操作を目論むヒール役に徹している。今作でさらに注目度が上がることだろう。松平元康(後の徳川家康)に扮する故・三浦春馬さんや、織田信長を演じる松山ケンイチ(36才)らの存在も欠かせない。2人は先述の俳優陣と比べるともはやベテランの域。物語に緊張感とダイナミズムを与える重要なポジションを全うしている。 奇想天外な物語や、引く手数多な若手俳優がこぞって出演していることなど、多角的に注目の集まる本作。中でも一番の見どころは、やはり新田演じる主人公・蒼と、三浦さん演じる元康の関係だ。ここに胸を熱くさせた観客が圧倒的に多いようで、筆者もその一人である。 本作において元康は、主人公を“導く”立場にある。昨年末に公開された映画『天外者(てんがらもん)』で三浦さんが演じた五代友厚は、どこか三浦さん自身と重なるキャラクターであった。今作の元康もまさにそう。常に前を向き、未来への希望を後続する者たちに託そうとする存在なのだ。本作での三浦さんは俳優として、これからさらに成長していく後輩たちを激励するようなポジションにあると思う。三浦さんと元康との重なりを感じずにはいられない。 新田は、その後輩たちの先頭に立っている存在。近年は立て続けに大役を務めており、若手俳優の中でも抜きん出た存在だ。『OVER DRIVE』(2018年)、『十二人の死にたい子どもたち』(2019年)、『カイジ ファイナルゲーム』(2020年)など大作映画で常にキーとなる役どころを担い、出演作のいずれもが彼の代表作となってきた印象があるだけに、今作が初の単独主演作というのが意外なくらいである。岩田剛典(32才)とともに観客をスリリングな映画体験へと導いた『名も無き世界のエンドロール』(2021年)もそんな一作といえるだろう。 本作での新田は、主役でありながら非常に頼りないのだが、映画『サヨナラまでの30分』(2020年)などで自信に満ち溢れたエネルギッシュな人物も演じていることから見ると、正反対とも言える蒼役は、新田の演者としての技術の高さを浮き彫りにしたように思う。単に萎縮した人物を演じているのではなく、視線の揺れやわずかな声の震えで自信のない人物像を体現しているのだ。序盤で見せる蒼の憂鬱そうな表情が、次第にリーダーとしての顔つきに変わっていく過程は見逃せない。そのきっかけを与えるのが、三浦さん演じる元康である。 元康が蒼に希望を託すシーンは、リアルな三浦さんと新田の関係とも重なって見えて、感涙必至だ。元康はこの時代をけん引する存在であり、三浦さん自身もそうだった。彼がエンターテインメント界の中心に立ち、その先頭を走り続けた存在だったことは広く知られている。三浦さん自身を思わせる元康の“想い”を、全力で受け止める蒼役の新田。彼もまた、これからのエンターテインメント界を切り拓いていく存在となるだろう。本作での2人の演技から、そう感じさせる“バトン”をはっきりと目にした人は、筆者だけではなかっただろう。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.03.31 07:00
NEWSポストセブン
海外進出する新田真剣佑、「一般人は真似できない」ファッションセンス
海外進出する新田真剣佑、「一般人は真似できない」ファッションセンス
 カラフルで個性的な私服姿で現れたのは、俳優の新田真剣佑(24才)。3月上旬、都内で仕事を終え、帰路につくところなのだが、ブルーが映えるカレッジジャンパーには、キュートなワッペンに加えて、ショッキングピンク色のフラミンゴなどのぬいぐるみを2つも装着。インナーのTシャツも写真が派手にプリントされている。黒のパンツはフィットネスブランドのクロノスのもので、バッグもルイ・ヴィトンの個性的なショルダーと、渋谷のギャル以上のインパクトである。 多くの芸能人を手掛けるあるベテランスタイリストは「さすがは、高校卒業までロサンゼルスのハリウッドで育った真剣佑さん。一般的な価値観にとらわれないマイスタイルを築かれた証しのようなファッションですね」と話す。 もともと、ハイブランドをポップに着こなすのがうまく、芸能界でも評判になっているという。「ファッションの基礎知識がある上に、ご自身にこだわりがないとできない難しい着こなし。他人が真似できるものではなく、真剣佑さんならではです」(前出・スタイリスト) そんな新田は、この春から新しい旅立ちをする。4月いっぱいで4年間在籍した芸能事務所「トップコート」を円満退社して、堪能な英語を生かして本格的に海外進出する。 早速、5月から海外での映画撮影に参加する予定で、父で国際派俳優の大先輩・千葉真一(82才)を超えるという夢をスタートさせる。ある芸能記者は「もともと2014年に日本で芸能活動を始めたときから『最終的には世界、生まれ育ったハリウッドで活躍したい』と公言していました」と振り返る。 これまでも、米国映画の『Take a Chance』(2015年)に主演や、ハリウッドSF大作『パシフィック・リム・アップライジング』(2018年)に出演するなど、米国での実績も積み上げてきていた。 尊敬する三浦春馬さん(享年30)と共演した邦画単独初主演作『ブレイブ -群青戦記-』。そして、映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(4月23日、6月4日公開)での、主人公・緋村剣心(佐藤健=31才)の最後の敵・雪代縁役を置き土産に、世界へ羽ばたく。
2021.03.23 07:00
NEWSポストセブン
父子二代の物語は続く(時事通信フォト、Getty Images)
新田真剣佑、父・千葉真一を超えていく「挑戦」の旅路
 俳優・新田真剣佑(24)が4月末で所属事務所を退社し、5月から海外へと進出する。国内の芸能活動としては最後の主演映画となる『ブレイブ -群青戦記-』(3月12日公開)を残して旅立つ彼の挑戦に、期待の声が高まっている。 日本を代表する映画スター・千葉真一を父に持つことでも知られる新田真剣佑。アメリカ・ロサンゼルスで生まれた彼は、幼少期から空手を習ってジュニア大会で優勝を果たす実力を身につけるなど、アクション俳優でもある父の後ろ姿を追いかけるかのように成長してきた。 極真カラテ四段の実力者でもある父・千葉真一は、スタントマンに頼ることのないアクションスターの草分け的存在だ。1959年に東映へと入社し、翌1960年にテレビドラマ『新 七色仮面』で主演デビューを飾って以降、実に60年にもわたって映画やテレビドラマの世界で活躍し続けてきた。 映画評論家の寺脇研氏は、そんな父・千葉真一の足跡を引き合いに出しつつ、このたびの海外進出が新田真剣佑にとって本格的なアクションの道へと進むための転機となると指摘する。「新田真剣佑はハリウッドで生まれ育ち、高校時代にアメリカで俳優としてデビューしています。しかし、大学を中退して20歳で映画俳優となった父・千葉真一のように、まずは若い俳優に活躍の機会が多く与えられる日本を仕事の場に選び、2014年から国内で活動を続けてきました。 2017年には映画『ちはやふる』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、高い評価を受けてはいます。ただ、現在の日本映画界は“キラキラ青春映画”と呼ばれるマンガやライトノベルを原作とする作品が主流で、彼の目指す本格演技やアクションを生かせる場面は必ずしも十分とはいえません。 父も、デビューから10年ほどは作品に恵まれず、テレビドラマ『キーハンター』主演で人気を得たのは30歳近くになってからでした。そのきっかけを掴んだ後は、さまざまな役をこなし、アクションスターであると同時に演技派としても名をあげました。新田真剣佑も、そうした父の足跡を意識しているのでしょう。ひとつの転機として、再びアメリカでの挑戦を試みる勇気を応援したいと思います」(寺脇氏) アメリカへと旅立つ前に公開された初の単独主演映画『ブレイブ』は、アスリートの高校生たちが戦国時代へとタイムスリップして織田信長や徳川家康といった歴史上の人物と戦うというSFアクション物語。新田真剣佑は驚異的な身体能力を誇る弓道部員の主人公・西野蒼役を演じる。 物語のあらすじから思い浮かぶのは、父・千葉真一の代表作の一つである1979年の映画『戦国自衛隊』だ。演習中の自衛隊が400年前にタイムスリップし、戦車やヘリなどの近代兵器を駆使して戦国の世を生き抜いていくという物語で、『ブレイブ』とは映画自体がまるで親子のような関係にあるとも言えるだろう。 寺脇氏はそんな新田真剣佑の渾身の映画について、日本での芸能活動の集大成的側面に触れつつ、父・千葉真一との違いについてこのように説明する。「『ブレイブ』は、日本での7年間の“卒業論文”のような集大成的意味を持っています。時空を超えた新しい形の時代劇アクションは、父・千葉真一の『戦国自衛隊』を思わせるとともに、父の当たり役・柳生十兵衛の気配も彷彿とさせます。 デビュー時から剛直な男臭さを見せていた父と違い、最近の出演映画『名も無き世界のエンドロール』のように、ナイーヴな柔らかい持ち味もありながらアクションの才能を持つ新田真剣佑は、新しいタイプのアクションスターとして、アメリカでの活躍も期待できるでしょう。 父がハリウッドで大活躍したのは50代はじめからのことでした。それより30年早い挑戦が、どんな結果をもたらすか。楽しみにしています」 今から30年後、新田真剣佑はハリウッドで父に匹敵する俳優として名を馳せることになるだろうか。あるいは、別のキャリアを積んで父とは異なる形で成功を手にすることになるのかもしれない。父を超えていく“挑戦”の旅路はまだ始まったばかりだ。◆取材・文/細田成嗣(HEW)
2021.03.14 16:00
NEWSポストセブン
左から本広克行監督、鈴木伸之、新田真剣佑、山崎紘菜、渡邊圭祐
新田真剣佑 三浦春馬さんとの共演に「すごく幸せ。宝物です」
 映画『ブレイブ -群青戦記-』(2021年3月12日公開)の製作報告会見が12月14日、都内の帝国ホテルで行われ、出演者の新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、本広克行監督が出席した。 2013年から2017年まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載されていた笠原真樹のマンガ『群青戦記』 を原作とする同作品。戦国時代にタイムスリップした高校生たちが、戦いの渦に巻き込まれるという物語だ。 主人公の西野蒼を演じる新田は、今作に出演できたことについて「心の底からうれしいです」と喜びの表情を浮かべる。現場は「大きな部活みたい」だったとのことで、和やかな雰囲気のなかで撮影が行われたようだ。 今回“座長”となった新田について、ヒロイン・瀬野遥を演じた山崎は「お芝居中もさりげなくエスコートしてくれました」と秘話を紹介。「動きづらくない?」など、優しい言葉をかけられたこともあり、「(新田に)助けられましたね」と感謝の気持を述べていた。 また同作には、亡くなった三浦春馬さんも出演。新田は「役者になりたいと思ったきっかけをくれたのが三浦さんでした」と告白。「一緒にお芝居をしていて、すごく幸せでした」「ずっと忘れることができない経験です。宝物だと思っています」と、三浦さんへの深い思いを明かした。撮影/浅野剛
2020.12.23 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン