ライフ

早起きは三文の徳じゃない?危険な“ブラックタイム”をやり過ごす方法

早起きのリスクを最小限にする方法とは?(イメージ)

早起きのリスクを最小限にする方法とは?(イメージ)

 朝6時前に起床して、仕事の準備やジョギングなど各々の時間を過ごしている人は多いだろう。日本人にとって当たり前の習慣である“早起き”だが、それが健康を損ねるリスクを孕んでいるというのだ。実際、英オックスフォード大学は、「朝6時以前に起きる人は、朝7時以降に起きる人に比べて心筋梗塞や脳卒中など循環器疾患の発症リスクが最大40%高まる」との調査結果を発表している。

 だが、早起きが健康を妨げると言われても、どうしても朝に目が覚めてしまうことはある。仕事などのために6時前に起きなければいけない日もあるだろう。では、リスクを最小限にするにはどうすればいいのか。

『「正しい時間の使い方」が、あなたの健康をすべて左右する』(東洋経済新報社刊)の著者で、石黒クリニック院長の石黒源之医師は「目が覚めてすぐに布団から起き上がるのは避けましょう」と語る。

「私は生体リズムなどに基づいて、生命にとって危険な時間帯を“ブラックタイム”と命名しています。まさに早朝6時頃はさまざまな病気が起こりやすい“ブラックタイム”なのです。

“モーニングサージ”と呼ばれる急激な血圧上昇を避けるためには、目が覚めてもすぐにベッドから起き上がらず、10分程度は布団の中でそのまま横になっていること。それがブラックタイムをやり過ごす大切な方法です」

 その上で、睡眠の質と量を高める工夫を心がけたい。睡眠・認知症予防プログラム中部大学推進センター特任教授の宮崎総一郎医師がいう。

「午前中から積極的に活動すると、自然と夜9時、10時と寝入る時間が早まり、明け方に目が覚める悪循環となってしまう。午前中はウォーミングアップと考え、活動のピークを午後から夕方に持ってくるといいでしょう。

 高齢になると膀胱が収縮していくため、夜中や早朝に尿意で目覚めてしまうことが多い。その対策として、たとえば夜9時までに水分補給を済ませ、3時間後の夜12時に寝るという習慣を付ければ“トイレ起き”のリスクを低減できます」

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン