ライフ

個人年金保険、iDeCo活用後に検討したい「つみたてNISA」の魅力

「つみたてNISA」の注目ポイントは?

「つみたてNISA」の注目ポイントは?

 老後資産を増やすための有力な選択肢となるのが、「個人年金保険」「iDeCo」「つみたてNISA」の3つ。個人年金保険、iDeCoを活用してまだ余力があれば、検討したい……という位置づけでもあるのが、つみたてNISAだ。

「金融庁が指定した投資信託やETFなど、およそ200本の商品のなかから投資先を選び、毎月一定金額を積み立てていきます」(ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏)

 対象者に制限はないが、運用期間は最長20年までと決まっていて、投資上限は年間最大40万円までとなっている。

「最大のメリットは運用益に税金がかからないことです。また積み立てたお金はいつでも引き出せて、運用管理費がかからないことも利点です。ただし、個人年金保険やiDeCoと違って、拠出した掛け金への所得控除はありません」(丸山氏)

 つみたてNISA長期運用が基本となり、“複利効果”によって利益が増えていく。毎月1万円ずつ投資して、年5%の利回りが20年間連続して得られれば、元本240万円が満期時には約405万円となる。約165万円の利益はすべて非課税となる。

「もちろん、投資だから元本割れのリスクはあります。ただ、定額の積み立て投資のいいところは、商品が上がった時に買える量が少なくなり、下がった時には多く買えること。高値で掴むことがなく、値上がりした時に恩恵を受けやすい。教育資金や住宅ローン返済が終わった50代から始めてもいいが、なるべく長くやることが、リスク回避につながると考えてください」(丸山氏)

 リスクをコントロールしながら税制優遇ルールを活用すれば、「株価乱高下&定年消滅」時代の強い味方になる。

※週刊ポスト2021年4月9日号

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト