スポーツ

第二のスケート人生を歩む浅田真央「心から楽しんでいます」

「いつかは私も結婚したいです」

「いつかは私も結婚したいです」

 浅田真央(30才)が“第二のスケート人生”として取り組む『浅田真央サンクスツアー』。2017年に現役を引退し、一度はスケートから離れて“自分はこれから何がしたいのか”を自問自答した。やはり自分の人生にはスケートが切り離せないとリンクへ舞い戻り、“これまでの感謝を皆さんへ伝えたい”と2018年に始めた全国行脚も今月末にいよいよ千秋楽を迎える。

 ツアーを通じて新たにスケートと向き合う決心をした心境を「生まれたてのような気持ち」と、期待に胸をふくらませた表情で語った浅田。この日は故郷・愛知で公演を行った。

「半年以上ぶりに地元へ帰ってきましたが、生まれ育った土地はホッとします。こんな状況でもお客様が足を運んでくださるのはありがたく、とても幸せ。第二のスケート人生を心から楽しんでいます」

 ショーは約80分。浅田が選手時代に滑ってきたプログラムの中から、もう一度滑りたい演目を選び、新しい振り付けと演出を加えて、キャストスケーターの9人の仲間たちと共にメドレーで想いをつなぐ。

 例えば、一時休養を経て復帰した際に披露した、2015~2016シーズンの「蝶々夫人」など記憶に残るプログラムでも、蝶々夫人を和風の衣装でしっとり滑るなど選手時代とは一味違った姿も見せる。

「長いスカートで滑れるのはアイスショーならでは。競技では挑戦できない衣装なので『着物で蝶々夫人を滑ってみたい』という願いが叶ってうれしいし、大人っぽい赤い色もすごく気に入っています。私ももう30才。フィギュアスケートもお芝居と一緒で、年齢を重ねるごとにスケートに“うまみ”のようなものが出てくると思うので現役時代には出せなかった大人の表現をしたいです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン