ライフ

教育系YouTuber葉一「勉強は長時間やればいいものではない」

誰が見てもわかるように徹底研究して生み出した字。授業の臨場感を出すため動画は編集せずに一発で撮る

誰が見てもわかるように徹底研究して生み出した字。授業の臨場感を出すため動画は編集せずに一発で撮る

「この動画で勉強したおかげで偏差値が上がり、第一志望校に入れた」「コロナの状況で休校になったけど、この動画で勉強できて助かった」。さらに「子供の頃に見ていたら、もっと成績が上がったのに」という大人からの声も多い。

 これは、チャンネル登録者数130万人を超える教育系YouTuber・葉一さんの動画『とある男が授業をしてみた』を見た人から寄せられた感想だ。

 どんな授業をしているのか気になり、のぞいてみると、たとえば小学3年生に教える『算数「小数のしくみ」』の授業では、大人になると忘れてしまいがちな「整数」を、

《6とか12みたいな普通の数字あるじゃん、0とか7とかもそうなんだけど、普通の数字にも実は名前があって、それもここで覚えてください。ちょっと難しい漢字です。画数多いから気をつけてね。整える数と書いて整数(せいすう)というよ》

 と、近所のお兄さんから教わっているような雰囲気だ。

 葉一さんが動画の授業を始めたのは9年前のことだ。

「それ以前は塾講師をしていましたが、金銭的な問題で塾に通えない子供たちを目の当たりにして、なんとか彼らに学びの場を提供したいと思ったんです。YouTubeは視聴するだけなら無料で見られるので、子供たちも見てくれるのではないかと思って」(葉一さん・以下同)

 始めた当初は、教育系の動画はまだ少なかったからか、「YouTubeで授業なんて」「偽善者」などと言われたこともあるという。

「でも、ぼくが見てほしいと思っていたのは『勉強をしたい』という思いを持った子供たちでしたから、『いまに見てろ!』とか思いながら(笑い)、投稿を続けてきたんです」

 その思いが次第に子供たちだけでなく、大人にも響き、メディアで取り上げられることも多くなった。

 葉一さんの授業が予備校や塾のオンライン授業と違うのは、1回の授業が15分前後と短いことだ。

「教室という限られた空間なら40~50分でも集中できますが、家で動画を見ていると、どうしてもほかに気がいってしまう。でも、15分なら人間の集中力が持続するので、この時間内に収めています」

関連キーワード

関連記事

トピックス