国内

「週刊ポスト」本日発売! 老眼と近視の最新治療ほか

 4月5日発売の「週刊ポスト」は春のスペシャル合併特大号。4月解散説が飛び交う政局の内幕スクープや、開幕したプロ野球のベンチ裏リポート、前号で不倫・離婚をスクープした楽天・則本を待つ次なる試練など、気になるニュースの深層はもちろん、グラビアも特集も特大号にふさわしい保存版企画が目白押しです。

今週の見どころ読みどころ

◆<カラーグラビア>老眼・近視 最新治療のすべて
コロナ禍で在宅ワークが増えたことが原因で、目のトラブルを訴える人が急増しているという。視力低下を防ぐ予防がなにより大切だが、一方で治療法も日進月歩。レーシックを進化させた「リレックススマイル」ならば、ドライアイや視力のリバウンドも少ないという。タレントの指原莉乃も施術を受けた眼内にレンズを埋め込む「フェイキックIOL」や「多焦点眼内レンズ」も普及してきた。その他、寝ている間に視力を矯正する「オサート」や、視力回復の期待が膨らむ「クボタメガネ」など、まさに目からウロコが落ちる最前線リポート。

◆コロナ禍1年大調査 現役風俗嬢100人アンケート
日本には30万人にのぼる性風俗産業で働く女性たちがいると言われる。その多くは経済的困窮からその仕事を選んでいるが、アングラ業界だけに、飲食店や旅行業などと違って政府・自治体の救済対象にはなっていない。コロナ感染リスクの高いサービスを日々、続けざるを得ない「見捨てられた業界」の実態をアンケート調査で明らかにする。

◆「昭和のライバル」秘話 あなたがいたから強くなれた
昭和のヒーローたちには、必ず好敵手がいた。そんなライバル関係を、当時を知る語り部たちが明かす。田中角栄vs福田赳夫、堤康次郎vs五島慶太、長嶋茂雄vs村山実、大鵬vs柏戸、ジャイアント馬場vsアントニオ猪木、勝新太郎vs市川雷蔵、山口百恵vs桜田淳子。ファンも編集部も知らなかった驚きのエピソードが満載です!

◆照ノ富士vs白鵬 4年前の「土下座事件」の遺恨
4年ぶりに大関に復帰した照ノ富士は、実は「居座り横綱」白鵬との4年越しの因縁を胸に秘めていた。序二段まで転落したきっかけのひとつが、手術したばかりの右膝を悪化させる「土下座事件」だったのだ――。

◆「東京五輪を花道に…」安倍が菅から解散権を取り上げた
菅首相の訪米を前に、半年ぶりに会談した新旧首相の主導権争いが激化している。4月解散をチラつかせて求心力を高めようと目論む菅首相に対し、安倍前首相は「菅は五輪まで」と腹に決め、次期首相を指名するキングメーカーを狙っている。ついには「麻生暫定政権」構想まで飛び出した。

◆今年は伝統の一戦がアツいぞ!巨人vs阪神「ヤバイ対決」
前評判通り、セ・リーグは昨年の1、2位の巨人、阪神が順調なスタートを切った。ただし、両チームともにチーム崩壊の火種を抱えている。スーパールーキー・佐藤輝明を徹底マークする巨人の秘策、桑田コーチをめぐる不協和音、遅れて合流する外国人選手の扱いほか、新聞・テレビが決して報じない両チームの内情をスッパ抜く。

◆令和の小学校から消えたモノ/名門中学校で通知表に「1」を連発した新校長
新学期が始まった学校の異聞2連発。令和の小学校では、保護者や近隣のクレームを恐れて次々と「おなじみのアレ」が消えている。シーソー、ジャングルジム、アルコールランプ、飼育小屋、名札、チャイム、男子用小便器まで! さらに、都内の有名公立中学校で校長交代によって起きた騒動の顛末も追跡。

◆「在宅ひとり親」がボケてしまって……
親と離れて暮らしていると、いずれ両親のどちらかが亡くなり、残された親が一人暮らしになるケースは多い。そんな時に何が起きるのか、何を準備しておけばいいのか。認知症、家事、施設・介護、迫りくる宗教や悪徳商法――。安藤優子、森永卓郎、釜本邦茂、田原総一朗の各氏らが、親の介護や自らの経験からアドバイスする。

◆ワイド特集 黄砂に吹かれて
世間を騒がす「ニュースな人たち」の秘密を一挙公開。故・古賀稔彦の「分骨」、森喜朗が「あまりにお年」と語った名物女性秘書の正体、秋篠宮家の眞子内親王と小室圭氏の「記者会見Xデー」、「報道ステーション」徳永有美アナvs「ワールドビジネスサテライト」大江麻理子&佐々木明子アナ、不倫騒動の楽天・則本「こどもの日」の試練ほか。

※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン