• TOP
  • 芸能
  • 松たか子の“秘めた狂気” 坂元裕二脚本の新ドラマはどう見せるか

芸能

2021.04.12 19:00  NEWSポストセブン

松たか子の“秘めた狂気” 坂元裕二脚本の新ドラマはどう見せるか

脚本家の坂元裕二とは3度目のタッグ(時事通信フォト)

脚本家の坂元裕二とは「歌手と作詞家」としての実績も(時事通信フォト)

 女優・松たか子が主演を務める連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)が4月13日からスタートする。脚本を担当するのは、松たか子とは3度目のタッグとなる坂元裕二。2人のコラボレーションは大きな魅力となりそうだ。

 坂元裕二と言えば、1990年代初頭に大ヒットしたトレンディドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)をはじめ、興行収入85億円を記録した2004年の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』、さらに今年公開された話題作『花束みたいな恋をした』など、数多くの人気作品の脚本を手がけてきたことで知られている。

 坂元と松たか子とのコラボレーションは20年以上前に遡ることができる。松たか子が歌手として1997年に発表したデビュー曲「明日、春が来たら」の作詞を手がけたのが他ならぬ坂元なのだ。同年リリースされた1stアルバム『空の鏡』や、2001年の4thアルバム『a piece of life』の収録曲でも2人はコラボレーションを果たした。

“歌手と作詞家”という関係だった2人は、2010年代の後半から“役者と脚本家”としてタッグを組みヒット作を世に送り出すようになった。最初に組んだ作品は松たか子が主演を務めた連続ドラマ『カルテット』(TBS系、2017年)だ。弦楽四重奏をテーマにした“大人のラブサスペンス”が好評を博し、ザテレビジョンドラマアカデミー賞をはじめ数多くの賞を受賞した。

 その3年後の2020年、主演を阿部サダヲが務め、松たか子がヒロインを演じた2時間ドラマ『スイッチ』で2度目のコラボレーションが実現。元恋人同士の検察官と弁護士の対決を描いたラブサスペンスで、ギャラクシー月間賞を受賞したほか、視聴者から連ドラ化の声が相次いで寄せられるほど話題を呼んだ。

 そんな松たか子と坂元裕二が“役者と脚本家”として3度目に組んだ作品が『大豆田とわ子と三人の元夫』である。3度の結婚と離婚を繰り返した主人公・大豆田とわ子(おおまめだ・とわこ)が元夫たちと繰り広げるロマンティック・コメディで、フィルマークスが調査した「2021年 地上波放送の春ドラマ 期待度ランキング」で第3位にランクインしている注目作である。

関連記事

トピックス