松たか子一覧

【松たか子】に関するニュースを集めたページです。

年の差婚の芸能人25選。びっくり!実は10歳以上も離れているカップル
年の差婚の芸能人25選。びっくり!実は10歳以上も離れているカップル
最近芸能界や身近でもよく見かける年の差婚カップル。「年の差婚」の明確な定義はないのですが、10歳以上離れていると「随分年の差あるよね」と思いませんか。そこで今回は、10歳以上年が離れている「年の差婚芸能人」をリサーチ。愛があれば年の差なんて…関係ないですよね!【年の差10~12歳】年の差婚芸能人まずは年の差が10歳~12歳のご夫婦。生田斗真さん・清野菜名さん 10歳差2015年に共演したドラマがきっかけで交際がスタートした生田さんと清野さん。2020年に結婚しましたが、当時生田さんが35歳、清野さんが25歳で10歳差の年の差婚。生田さんがとても若く見えるので、10歳も離れているように見えませんね。 この投稿をInstagramで見る 清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿東山紀之さん・木村佳乃さん 10歳差舞台での共演を経て、2010年に結婚した東山さん木村さん夫婦も10歳差。東山さんのどこが好きか問われると「甘くないところ」と答えた木村さん。東山さんのストイックなところにひかれたようです。2021年で55歳になる東山さんですが、毎日トレーニングをしているので体力は全く衰えてなさそうですね!和田唱さん・上野樹里さん 10歳差トライセラトップスのボーカル和田唱さんと女優の上野樹里さんは、2016年に結婚。当時和田さんが40歳、樹里さんが30歳。和田さんはバンドマンなだけあってとても若々しく、ツーショットを見ても年の差はあまり感じませんね。某テレビ番組で樹里さんが「初めて買ったCDはトライセラトップス」と答えたことから交友関係が始まったそうです。そこから結婚に至るなんてとてもロマンチック!ちなみに姑の平野レミさんと樹里さんは仲良しだとか。 この投稿をInstagramで見る 上野樹里(@_juri_art_)がシェアした投稿有吉弘行さん・夏目三久さん 10歳差2021年電撃結婚を発表したのは、有吉弘行さんと元アナウンサーの夏目三久さん。番組で共演してから10年、数年前からお付き合いしているという噂はありましたが、有吉さん46歳、夏目さん36歳で無事ゴールイン。有吉さんは山あり谷ありの人生でしたから、夏目さんと穏やかに幸せになってほしいですね。ご報告です。 pic.twitter.com/EOogKrDBfN— 有吉弘行 (@ariyoshihiroiki) April 2, 2021 オダギリジョーさん・香椎由宇さん 11歳差映画の共演がきっかけで2007年に結婚したオダギリジョーさんと香椎由宇さん。当時オダギリさんは31歳、香椎さんはなんと20歳。若干20歳で結婚を決意した香椎さんはすごいですね。お二人の誕生日はともに2月16日で、血液型もO型。運命的な出会いを感じたとか。子育てもひと段落し、香椎さんは少しずつ仕事を再開しているようです。染谷将太さん・菊地凛子さん 11歳差俳優染谷将太さんと女優菊地凛子さんは11歳差の年の差婚カップル。2015年の結婚当時、染谷さん22歳、菊池さん33歳の姉さん女房です。最初は染谷さんの一目ぼれが始まりだったとか。一目ぼれに年齢は関係ありませんね。2016年、2019年と二人のお子さんも生まれ、染谷さんは若いパパになりました。早乙女友貴さん・島袋寛子さん 12歳差元SPEEDの島袋寛子さんと、舞台俳優の早乙女友貴さんは12歳差夫婦。島袋さんが32歳、早乙女さんが20歳のときに結婚しました。この夫婦も島袋さんの方が年上となります。男性が20歳で結婚を決めるとは、よっぽど島袋さんが魅力的な女性なのでしょう!ちなみに実の兄である早乙女太一さんは、6歳上の西山茉希さんと結婚していました。(現在は離婚)兄弟そろって年上が好きなのかな? この投稿をInstagramで見る 島袋寛子 Hiroko Shimabukuro(@hiroko.shimabukuro)がシェアした投稿山本耕史さん・堀北真希さん 12歳差交際0日婚が話題になった山本耕史さんと堀北真希さんは、12歳差の年の差婚をしています。初めて共演してから堀北さんに好意を寄せていた山本さんですが、猛アタックするも撃沈。最終的に山本さんは「交際じゃなくて結婚しよう」と指輪を渡したそう。そして山本さんの念願かなって、2015年に結婚。なんと結婚後に初デートをしたとか。出産を経て、堀北さんは2017年に芸能界を引退しています。二人のお子さんにも恵まれて今も幸せそうですね。【年の差13~19歳】年の差婚芸能人次は13歳~19歳の年の、芸能人差婚カップルをご紹介しましょう。福山雅治さん・吹石一恵さん 13歳差多くの女性ファンがいる福山雅治さんは、2015年女優の吹石一恵さんと結婚。福山さんは当時46歳で、13歳差の年の差婚でした。この結婚で福山ロスを訴える女性が多発。「福山ショック」と呼ばれるほどに。2016年には第一子が生まれ、福山さんはパパになりました。妻の吹石さんは結婚されてから仕事をセーブし、家族との時間を大切にしているようです。田中哲司さん・仲間由紀恵さん 14歳差2014年に電撃婚を発表した俳優の田中哲司さんと仲間由紀恵さん。交際している噂がなかったので、大きなニュースになりました。2018年には双子が生まれ、仲間さんは大忙し。夜中の3時に起きて自分の時間を確保しているとか。2017年には田中さんに不倫報道もありましたが、現在は子育てに奮闘するよきパパのようですね。渡部健さん・佐々木希さん 15歳差芸人の渡部健さんと女優の佐々木望さんは15歳差の年の差婚。2017年に結婚し、2018年には第一子が誕生しています。芸能界トップクラスの美女を奥さんにして、子宝にも恵まれ世間から羨望のまなざしを向けられていた渡部さんでしたが…あの不倫報道から、いまだに世間からの風当たりは激強。これからはわが子に恥じない人生を送ってほしいですね。阿部寛さん・一般人女性 15歳差ドラマ「結婚できない男」が好評だった俳優の阿部寛さんは、2008年に15歳下の一般人女性と年の差婚をしています。当時阿部さんは43歳。2011年、2012年に子どもが生まれて、46歳でパパになりました。ドラゴン桜では熱心な教師役をしている阿部さんですが、私生活でも教育に力をいれているそう。子育ての先輩である市村正親さんに、小学校受験についてアドバイスをもらったとか。小学校のPTAにも積極的に参加しているようで、とてもよいパパですね。HIROさん・上戸彩さん 16歳差元EXILEのHIROさんと女優の上戸彩さんは2012年、上戸さんの誕生日である9月14日に結婚。HIROさんは43歳、上戸さんは27歳で、年齢差16歳に驚きました。上戸さんのお母さんはシングルマザーなので、父親のような包容力のある男性にひかれたのかもしれませんね。2015年と2019年にはお子さんが誕生。いつまでも若いと思っていた上戸さんが二児のママとは、時間が経つのが早いです。西島秀俊さん・一般女性 16歳差独身俳優最後の砦といわれた西島秀俊さんは、2014年に16歳年下の一般人女性と結婚。西島さんと言えば、独身時代に語った「妻に求める7カ条」が厳しすぎる!と話題になりました。どんな内容かというと、「メールの返信がなくてもOK」「1カ月半会話がなくても我慢する」などなど。そんな西島さんと結婚した女性は「プロ彼女」と呼ばれていました。2016年、2018年と男の子が生まれ、すっかり父親になった西島さんですが、女性ファンからの人気は健在のようです。佐橋佳幸さん・松たか子さん 16歳差女優の松たか子さんは、音楽活動を通じて知り合った16歳年上のギタリスト佐橋佳幸さんと2007年に結婚。当初、松さんの父親松本白鸚さんはその年齢差から結婚に反対していたそう。しかし結婚8年目に待望の女の子が誕生して、今は孫がかわいくて仕方のないようすです。松さんは大きくなった娘さんに「ママはエルサなんでしょ?」と聞かれたこともあるとか。ママがエルサなんてお子さんはうれしいですね。濱口優さん・南明奈さん 18歳差2018年に結婚したよゐこの濱口優さんとタレントの南明奈さんは、18歳差の年の差婚。南さんのお母さんと濱口さんは2歳しか違いません。(お母さんお若いですね!)連絡先を交換しなよと勧めた恋のキューピットは、なんと出川哲朗さんだとか。濱口さんは交際を申し込んでは断られ、プロポーズしても断られ、やっと思いが通じて結婚に至ったようです。お幸せに! この投稿をInstagramで見る 濱口優????(@hamaguchi_masaru)がシェアした投稿大森南朋さん・小野ゆり子さん 18歳差個性派俳優の大森南朋さんは、女優小野ゆり子さんと2012年に結婚。当時大森さん40歳、小野さん22歳で18歳差の年の差婚。2019年に第一子が生まれ、大森さんは47歳でパパになりました。2020年に放送されたドラマ「私の家政婦ナギサさん」では家事が得意な男性を演じていましたが、私生活でも育児に奮闘しているそうですよ。JUONさん(FUZZY CONTROL)・吉田美和さん 19歳差ドリカムの吉田美和さんは、19歳年下のバンドのボーカリストJUONさんと2012年に結婚。当時吉田さん46歳、JUONさん27歳。女性が19歳も年上の年の差婚は少し珍しいですね。報道によると、JUONさんが吉田家の婿養子になったそう。JUONさんの母親は歌手のりりぃさんで、吉田さんの13歳上。同業者ということもあり、お二人は姉妹のように仲がよかったとか。2016年にりりぃさんが病気で亡くなるまで、吉田さんとJUONさんは献身的に看病していたそうです。【年の差20~29歳】年の差婚芸能人親子でもおかしくない!?一般人ではなかなかこれほどの年の差夫婦はお目にかかれませんが、芸能人の特権といえるのではないでしょうか。年の差20歳~29歳の年の差婚カップルをみていきましょう。武田真治さん・静まなみさん 22歳差筋肉体操で人気急上昇の武田真治さんは、2020年に歯科衛生士でありモデルの静まなみさんと結婚。武田さん47歳、静さん25歳で、年の差22歳!出会いは歯医者で、趣味が合う二人はすぐに仲良くなったそう。幸せすぎて、ますます筋肉に磨きがかかりそうですね。 この投稿をInstagramで見る 武田 真治(@shinji.takeda)がシェアした投稿石田純一さん・東尾理子さん 22歳差2009年にプロゴルファーの東尾理子さんと結婚した石田純一さん。その年齢差は22歳で、石田さんと東尾さんの父(東尾修さん)とは4歳しか違わないそう。理子さんの尻にひかれている印象がある石田さん、22歳差とは驚きですね。結婚後は不妊治療を公表していましたが、2012年、2015年、2017年に出産し現在は3児に恵まれています。石田さんは孫も2018年に生まれて、わが子と孫はほぼ同い年!Mr.しゃちほこさん・みはるさん 23歳差年の差婚にしてはめずらしく、女性がかなり年上のカップル。ミスチル桜井さんや和田アキ子さんの物まねで人気のしゃちほこさんと、中島みゆきさんの物まねを得意とするみはるさんは、2018年に結婚。当時しゃちほこさん25歳、みはるさん48歳で、年の差はなんと23歳。結婚の話が出た時、しゃちほこさんのご両親は「稼ぎの少ないお前にみはるさんを支えられるのか」と反対したそう。しかししゃちほこさんはバイトを辞め、一年間必死オーディションを受け続けて今のような売れっ子になったとか。下積み時代を支えたみはるさんをずっと大切にしてくださいね。城島茂さん・菊池梨沙さん 24歳差TOKIOの城島茂さんは、2019年に24歳下のタレント菊池理沙さんと結婚しました。城島さん48歳、菊池さん24歳で、年の差はダブルスコア。さらに菊池さんのお母さんは城島さんより5歳も下だとか。うーん、お母さんも複雑な心境ですよね。結婚会見で城島さんは「年の差をあまり感じたことがない。だから結婚したいと思えたのかな」と語っています。2020年2月には第一子の男の子が誕生。城島さんは49歳でパパになりました。子どもが成人するまでアイドルとして活躍してほしいですね。いしだ壱成さん・飯村貴子さん 24歳差父親の石田純一さんに続き、息子のいしだ壱成さんも年の差婚。2018年の結婚当時壱成さんは43歳、飯村さんは19歳でなんと妊娠していました。付き合い出したのが前妻との離婚成立前ということで、世間からかなりバッシングを受けていましたね。会見で壱成さんはこの結婚を「来るべくして来た婚」と名付け、「年齢に関係なく、やっと出会えたという感じがしている」と語っています。壱成さんには2度の離婚歴や、モラハラ疑惑があるので、今回は穏やかな結婚生活が送れるといいですね。【年の差30歳以上】年の差婚芸能人二人で歩いていると孫と思われることも??年齢差30歳以上の年の差婚カップルをご紹介します。山寺宏一さん・岡田ロビン翔子さん 31歳差還暦一歩手前で、28歳のタレント岡田ロビン翔子さんと結婚したのが、声優の山寺宏一さん。その年の差なんと31歳というから驚き…!親子以上の年の差です。ちなみに山寺さんは今回で3回目の結婚。1番目の奥さんとは2歳差、2番目の奥さんとは17歳差、そして今回は31歳差。どんどん年下になっています。今回は最後まで添い遂げられるといいですね。ご報告があります pic.twitter.com/dyEYGl7wij— 山寺宏一 (@yamachanoha) August 3, 2018 加藤茶さん・加藤綾菜さん 45歳差最後は加藤茶さんご夫婦で、その年の差は45歳!孫でもおかしくない年齢差です。結婚した当初は「財産目的ではないのか」と世間からバッシングされていましたが、2021年で結婚10周年を迎えました。妻の綾菜さんは介護の資格や生活習慣病予防アドバイザーの資格を取得し、現在では司法書士の資格も目指しているそうです。周りからなんと言われようと、現在でも仲の良いご夫婦ですね。 この投稿をInstagramで見る 加藤綾菜(@katoayana0412)がシェアした投稿番外編:離婚した年の差婚芸能人年の差婚をしたけれど、残念ながら離婚に至ったご夫婦もいます。最後に、離婚してしまった年の差婚芸能人を離婚理由とともにみてみましょう。市村正親さん・篠原涼子さん 24歳差2005年に結婚した二人の年齢差は24歳。市村さんは再婚でしたが、結婚会見で「彼女は神様からの贈り物」とのろけていましたね。2児の男の子を授かりましたが、2021年に電撃離婚。離婚の理由はコロナ禍による生活環境の変化といい、二人の息子さんは市村さんと生活を続けています。離婚後、篠原さんは年下芸能人の方と恋の噂がささやかれていましたが、真相やいかに??すでに70代の市村さんと女盛りの篠原さん。おしどり夫婦と言われていた夫婦でも長く結婚生活を続けていくとお互い心境の変化があるのかもしれませんね。磯野貴理子さん・一般人男性 24歳差 タレントの磯野貴理子さんは2012年に24歳下の一般人男性と結婚するも、7年後に離婚しています。離婚理由を「夫に自分の子どもが欲しくなったといわれた」と番組内で語った磯野さん。離婚時、磯野さんは55歳で簡単には子どもを望めない年齢でした。磯野さんはそれを受け止めて、円満離婚をしたそうです。結婚当時も磯野さんは48歳だったワケですから、相手の男性はすべてを承知の上で結婚したように思えましたが…。夫婦の問題は当事者じゃないと分かりませんね。高橋ジョージさん・三船美佳さん24歳差お二人が結婚したのは、高橋ジョージさんが40歳、三船美佳さんが16歳の誕生日を迎えた当日。三船さんはまだ高校生でした。(美佳さんが中学生のときから付き合っていた計算?)その後、2004年には長女が誕生するも、2015年高橋さんのモラハラを理由に、美佳さんが離婚を求める裁判を起こしています。そして2016年には離婚が成立。その後美佳さんは2019年、3歳年上の美容師と再婚。2020年には次女を出産し、16歳の長女に祝福されながら、新しい生活を始めています。 この投稿をInstagramで見る ???? Mika Mifune ???? 三船 美佳 ????(@mikamifune_official)がシェアした投稿おわりに芸能人の年の差婚カップルはたくさんいましたね。年の差婚は離婚率が高いと聞きますが、多くのご夫婦はとても幸せそう。ちなみに「結婚するなら何歳上までOK」というあるアンケートによると、11歳以上でもOKと答えたのは男性2.7%、女性5.9%とかなり少数。今は共働きが当たり前の時代。年齢が離れている夫婦よりお友だち感覚の夫婦の方が子育て、家事などもやりやすいイメージですよね。引用:パートナーエージェント※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。
2021.09.09 10:00
たまGoo!
主題歌はmiletが担当(番組公式HPより)
『リコカツ』や『まめ夫』が証明した音楽の力 夏ドラマでもポイントに
 メディアもコンテンツも多様化して、民放ドラマも総合力が問われる時代。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * 続々と最終回を迎えた春ドラマ。振り返ってみて印象的だった要素の一つに「音楽の力」があります。ドラマに主題歌がつくのはお定まりのことですが、既存のスタイルを超えて、まるで物語の一部だったり、その後の展開にまで食い込んでくるような歌の力が際立っていた。それが『リコカツ』(TBS系)の主題歌、米津玄師『Pale Blue』です。『リコカツ』はファッション雑誌編集者・水口咲(北川景子)と自衛官・緒原紘一(永山瑛太)、結婚したばかりの二人の「離婚から始まる恋」がテーマ。このテーマのために米津玄師が書き下した曲は、サビが響き始めるとまるで物語の続き。心にぐっと響いてくる。視聴者の気持ちを掴み連れ去ってしまうように。咲と紘一はこれからも、ずっと愛し合う関係でいられるのか。それともこれで本当に終わりなのか。 絶望と希望との間をたゆたう意味深な歌詞。繊細なボーカル。ドラマに「色を添える」どころか、もはや語り部の一人のようでもあり、愛するがゆえの苦しみを伝える重要な要素になっていたのでした。 さらに言えば、音にはセリフや筋立てとはまた別に、直接的に心を揺さぶる力がある。物語の強力な参加者として、主題歌をドラマに溶け込ませた『リコカツ』の演出は長けていました。 もう一つ、音楽が際立ち鮮烈な印象を残したドラマがありました。『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)は、個性的な作風と脚本、キャストたちの演技などすでに高い評価を受けていますが、改めて声を大にして絶賛したいのがエンディングの「音の力」です。 主題歌はSTUTS&松たか子 with 3exesの『Presence』。メイン・ボーカルは松たか子。メロディーと歌詞はシンガー・ソングライターのbutajiとSTUTSが担当。3exes(=3人の元夫)として岡田将生、角田晃弘、松田龍平がコーラス参加--という「基本型」がありつつも、毎回ラッパーが替わり背後の風景も変化していく。歌詞も話に沿って変わる。実に凝っていてカッコよくておサレ。遊び心が見え隠れし、丁寧に作り込んでいく精神も光っていました。きっと毎回エンディングに浸ってしまった視聴者が多かったのではないでしょうか。 そもそも松たか子×ラップという取り合わせ自体が斬新で瑞々しい。このドラマにおける音楽は、ドラマ世界の個性や広がりやアート性と響き合って、ドラマをより輝かせる役割を果たしたのではないでしょうか。 さて、これから始まる夏ドラマではどうでしょう?  個人的にはmilet(ミレイ)に期待しています。来週7月7日スタートの『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日テレ系水曜10時)では、書き下ろしの主題歌が聞けるとか。 英語っぽい発音と日本語が絶妙に混じり合った独特なニュアンス、突き抜けるような爽快なボーカル。数秒聞いただけでくっきり印象を刻む、希有な力を持ったミュージシャンmilet。これまでに『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』『七人の秘書』などドラマ主題歌を手がけるたびに話題になりました。 今回は「戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが警察官として一生懸命に日々を過ごす姿をイメージしながら制作しました。こんな時代だからこそ、自分自身が誰かを照らせる存在でありたい。手を取り合っていたい」とメッセージしています。 音楽の力がどのようにドラマを照らすのか。また新たなスタイルでドラマの一翼を担ってほしい。期待しています。
2021.07.03 16:00
NEWSポストセブン
『大豆田とわ子』が社長を務める「しろくまハウジング」はリアリティ満載!監修の専門家に聞いた
『大豆田とわ子』が社長を務める「しろくまハウジング」はリアリティ満載!監修の専門家に聞いた
各テレビ局の2021年春のドラマがスタートした。その中で注目したいのが『大豆田とわ子と三人の元夫』だ。注目した理由は、松たか子さんが演じる大豆田とわ子の仕事にある。住宅建設会社の社長というからには、ドラマの中で建設関係の話題がてんこ盛り。そこで、ドラマ制作の裏情報を聞いてきた。専門家による「建築監修」でリアリティ満載『大豆田とわ子と三人の元夫』の主人公・大豆田とわ子は、しろくまハウジングの社長に就任したばかりのバツ3女性。ひょんなことから三人の元夫たちと顔を合わせることになり、三人に振り回されながらも幸せを求めて奮闘するという物語だ。並行して、それぞれに新しい恋の(あるいはトラブルの)兆しもあって、先が読めないドラマになっている。さて、ドラマのストーリーは別として、注目はしろくまハウジングのことだ。医療ドラマには医師が監修に当たるように、しろくまハウジングにも建築士の監修がいた。建築士の上田真路さんが代表取締役を務めるKUROFUNE Design Holdingsだ。上田さんに、具体的にどういったことに関わっているのかを聞いた。しろくまハウジングは“こだわりの注文住宅”で一目置かれているデザイン系建設会社。第1話では、「法規の読み違い」というトラブルが起きる。法規にかなうように、徹夜で設計を修正する大豆田とわ子。優秀な建築士であることが分かるシーンだ。設計の変更についてスタッフに説明するシーン(第1話より)(画像提供:関西テレビ)番組プロデューサーの要望に応じて、住宅の設計時にどんなトラブルが起こりうるか、上田さんが情報提供をした例のひとつだ。第1話で起きたトラブルは、「第2種高度地区ではなく、実は第1種高度地区だった」というもの。第2種より第1種のほうが規制は厳しいので、第2種が前提で設計した建築物では建築の許可が得られないことになる。そこで、急遽、第1種の規制に合うように設計変更をする必要があるわけだ。市街地の土地などには、都市計画法でそれぞれの土地に定められた建物の用途制限があり、これを“用途地域”という。主に住居系、商業系、工業系などに分かれ、例えば交通量の多い工場地帯に住宅が混在しないような規制をしている。重ねて、自治体ごとに、北側の隣地などに圧迫感をなくして日照などを確保するために“高度地区”を定めている。建築物を建てるにはこうした細かい法規制をクリアする必要があるのだ。専門用語が飛び交うので、脚本にも上田さんの助言が反映される。大豆田とわ子は、自ら設計を変更した図面と模型をスタッフに見せながら、「北側の厳しい斜線制限がかかる側はボリュームを削減しました。3階のベッドルームはロフト部屋に変更して、代わりに広めのテラスを設置しました」と説明する。“斜線制限”とは、隣地の日照などを確保するために建物の高さだけでなく、建物上部の形状にも制限を設けるもの。斜線制限で3階にベッドルームをつくれなくなったので、2階の居室の天井を高くして、その居室の一部を2層式にしてロフトにすることで、制限をクリアしたのだ。全体の居住空間が減ってしまったので、庭に広めのテラスを設置して、部屋の延長空間として活用してもらおうという、使い勝手を考えた提案だ(と筆者は解釈している)。このように、仕事の上でのトラブルを乗り切るドラマの展開において、専門知識の裏付けや専門用語を使った台詞が必要になるので、プロの監修が求められるのだ。脚本をつくる段階から関わるだけでなく、ドラマの展開に沿って、しろくまハウジングの作品として登場する建築物の設計図面やパース、模型などもKUROFUNE Design Holdingsで提供している。しろくまハウジングが手掛ける大学図書館の図面とパースもKUROFUNEで提供した(第3話より)(画像提供:関西テレビ)第3話の大学図書館の設計について、若手建築士の仲島登火(神尾楓珠さん)が素晴らしいデザインを提案する。そのデザインを見てとわ子は、「スイチョクカジュウとスイヘイタイリョクをこのタイリョクヘキとハシラで支えるのか」と言う。多くの視聴者にとってはなんのこっちゃ?という台詞だが、建築に多少でも関わった視聴者なら「垂直荷重と水平耐力をこの耐力壁と柱で支えるのか」と漢字で聞き取ることができる。医療ドラマなら「なんのこっちゃ?」側の筆者も、このドラマなら「ふむふむ」側になるので、なんとなくうれしい。さて、ドラマのほうでは、このデザインでは予算に収まらないという難題が勃発する。そのため、社長と設計部の間で気まずい雰囲気が漂い、とわ子は悪戦苦闘することになる。製図の引き方から席の配置まで、プロが見ても納得感のあるドラマに建築物に関する提供だけではない。第1話と第3話には、とわ子に扮する松たか子さんが図面を引くシーンがある。最近はCAD(コンピューターを使った設計を支援するツール)で設計するのが主流だが、とわ子は手で図面を描いている。筆者は建築については専門ではないので知らなかったのだが、製図で線を引くときには少しくるくる回るように描くのだそうだ。上田さんは、撮影現場に立ち会ってこうした演技指導もしている。松たか子さんは呑み込みが早かったそうだ。ドラマでは松たか子さんが図面を引くシーンも多い(画像提供:関西テレビ)ほかにも、第1話で住宅地のプロジェクトで設計部の三上頼知(弓削智久さん)が、模型を指さしながら説明するシーンがあったが、その手の動きなどにも演技指導が入っている。上田さんは「建築のプロが見ても違和感がないようにしている」という。プロジェクトのデザインについての説明を受けるシーン(第1話より)(画像提供:関西テレビ)また、上田さんは、しろくまハウジングのオフィスのつくり方にも助言をしている。フロアの一段高いところに社長の席がある、おしゃれなオフィスなのだが、社長とスタッフの距離などにも配慮がなされている。例えば、社長の席の近くに営業部署を置き、次いでインテリア部署や設計部署があり、遠い席に見積もりをする積算部署や経理部署があるという具合だ。それぞれの部署に応じて、壁材や床材のサンプルを置き、すぐに打ち合わせができるように大きなテーブルを置くなど、見た目では気づかないような細かい配慮もされているのだ。しろくまハウジングのオフィスの様子(第3話より)(画像提供:関西テレビ)余談になるが、上田さんによると、建築士は黒か白の洋服を着ることが多いという。デザインが主役となるように建築家自身はシンプルに見せるということと、建築現場は汚れやすいので汚れが目立ちにくい服を着ることが関係しているのではないかと。それを聞いてドラマを見直すと、さすがに主役の大豆田とわ子の衣装は、白や黒ではなくカラフルなものだが、設計部署の三上や登火などは黒い服を着ていたので、上田さんの情報提供が活かされているのかもしれない。ドラマ本編はいよいよ佳境にさて、ドラマを楽しむには、建築の専門用語が分からなくても全く問題はない。しかし、実はこうした専門知識の裏付けがあるといったことが分かると、違う面白さも加わるのではないか。このドラマをきっかけに建築に興味を持ってくれる人たちが増えて、その中から世界的に活躍する建築士が誕生するかもしれないと思うと、ワクワクする。もちろん、とわ子が元夫の誰かと元鞘に収まるのか、はたまたこれから新たなパートナーが登場するのか、ドラマ本編の展開も楽しみたいと思う。●取材協力KUROFUNE Design Holdingsプレスリリース関西テレビ番組HP(山本 久美子)
2021.05.18 07:00
SUUMOジャーナル
『大豆田とわ子』 世帯視聴率不調も「心に刺さる名言が多い」の評価
『大豆田とわ子』 世帯視聴率不調も「心に刺さる名言が多い」の評価
 春ドラマも出揃い、視聴率争いが気になるのが今の時期。初回の世帯視聴率が7.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区・以下同)、第3話は5.7%まで下がり、「視聴率が悪い」ことばかりが取り上げられているが、初回のタイムシフト再生(4月12〜18日)では、全ドラマ中4位を記録したのが、『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系・火曜21時)だ。 松たか子(43才)演じる建設会社の社長に就任した“バツ3”の女性を中心にした、3人の元夫たちとの人間模様が面白いと評判を集めている。「松さんはこの作品のためにNHKの朝ドラのヒロイン役のオファーを断ったそう。撮影はスムーズに進んでいて、深夜や早朝撮影もほぼない。松さんも『主演なのに、自宅で子供ともいられる』と感謝していたとか。ところが3回目の緊急事態宣言で、撮影に使っていた公園などが閉鎖に。現場に出るスタッフも減らしたことでスケジュールに若干の遅れが出ているので、松さんのご機嫌が心配です」(ドラマ関係者)『東京ラブストーリー』『Mother』『カルテット』などを手がけた坂元裕二氏が脚本を担当をしているだけあって、視聴者からは「心に刺さる名言が多い」との声が。「“大豆田とわ子が大切にしていることはひとつ。会いたくない人には会わないこと”というナレーションや、“つきあうっていうのは、決めることじゃなくて気がついたらつきあっているものなんじゃない?”など、思わずうなずいてしまうせりふがてんこ盛りです」(別のドラマ制作スタッフ) これまでの回では、3人の元夫たちの素顔がクローズアップされてきた。「ただの友達でもない、もちろん彼氏でもない元夫の前でいきいきするとわ子を描き、恋愛やパートナーというしがらみがなくなってからの方が、豊かな関係性になることって往々にしてあるんだと、毎回実感させられます。 話は面白いものの、おしゃれなインテリアや服装、軽妙な会話劇についていけない人もいて、世帯視聴率が悪いのもよくわかります。でも、世帯視聴率が悪いからといって、見ないのはもったいない。 これからは、とわ子の親友・市川実日子(42才)の過去や恋の行方など、“元夫”以外にも動きがあるようです。ナレーターをしている伊藤沙莉(27才)が出演するのかどうかも見どころです」(テレビ局関係者)※女性セブン2021年5月20・27日号
2021.05.11 07:00
女性セブン
歌手・松たか子が『大豆田とわ子』で再評価 背景に“本当の夫”も
歌手・松たか子が『大豆田とわ子』で再評価 背景に“本当の夫”も
 松たか子が演じる“バツ3”の設計事務所社長・大豆田とわ子と、3人の元夫たちとの奇妙な交流を描くラブコメディ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系、毎週火曜21時~)。坂元裕二による脚本や出演するキャストの個性的な演技もさることながら、「松たか子の歌が上手すぎる!」とテーマ曲が話題を集めている。 エンディングテーマ曲『Presence』(STUTS & 松たか子 with 3exes)は、ラップを主体とした楽曲に松たか子がサビを乗せていく歌だ。放送時には毎回、異なるドラマのキャストがフィーチャリングされるという仕掛けも話題を呼んでいる。第1話の主題歌は『Presence I(feat. KID FRESINO)』、第2話は『Presence II(feat. BIM, 岡田将生)』、第3話は『Presence III(feat. NENE, 角田晃広)』と、クレジットされる曲名も放送のたびに微妙に変わるほどの手の込みようだ。 YouTubeで公開された第1話の『Presence I~』のミュージックビデオは再生数200万回を突破(5月4日現在)。「あらためて松たか子の歌が上手い」「ラップとも相性がいいとは」「こんなにソウルフルに歌えるなんて」といった賛辞が送られている。かねて歌唱力を高く評価されてきた松が、新境地を切り拓いているといえそうだ。「今さら言うのも野暮ですが、松さんの音楽は“役者の余技”などというレベルではありません」と話すのは、『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)でのJ-POPの解説でもおなじみの音楽プロデューサー・松尾潔氏。松尾氏が、「歌手・松たか子」の魅力を解説する。「松さんの歌は、ピッチ(音程)、ノート(音符)の長さ、リズム感の正確さにおいて、J-POPシーンを見渡しても屈指の存在です。特にリズム感については、昨今のポップミュージックで主流のヒップホップからの影響が強い洋楽的なリズムにも対応できます。 さらに、“音楽的な正しさの基準”であるリズム感に加え、“カッコよさや気持ちよさの基準”である、“ここで声を発する・発さない”という『タイム感』のセンスが非凡。俳優業であることを考えれば当然ですが、つまり“語るように歌う”技術に長けているのです」 たしかに、『Presence I~』では、ラッパーKID FRESINOによる英語主体のラップの合間を縫うように、松が「ひとり語り」のようなボーカルをかぶせ、高度なリズム感を披露している。さらに、松尾氏は彼女の「歌声」にも注目する。「松さんの歌声の魅力は、“人懐っこさを十分に有しながらも湿潤すぎない”という絶妙なバランスの上に成り立っています。それが先ほど述べた『タイム感』のセンスと相まって、“オールマイティーなボーカリスト”という印象を作っています。 また、デビュー時よりも中低音部の響きの豊かさが増しているのも、昨今のヒップホップやR&Bのリズムからの影響が顕著なポップミュージックの世界的な潮流とも相性が良い。ただし、テーマ曲の『Presence~』はR&Bの色合いが強いですが、松さんのボーカルはR&Bやゴスペル的な歌唱とは一線を画しており、それが担保となり“マニアックではない、開かれたポップミュージック”になっています。 たとえると、“和服のこなれた着こなしは言うまでもないが、一方でハイブランドのドレスもよく似合う”といったところでしょうか」 松たか子といえば、ディズニー映画『アナと雪の女王』でエルサ役の声優を務め、2020年のアカデミー賞授賞式で世界9か国のエルサ役声優とともに歌を披露したことも記憶に新しい。ドレス姿で堂々と歌う松の歌声は海外リスナーからも注目された。松尾氏は、『Presence~』が世界から評価される可能性があると続ける。「同曲を作曲したSTUTSさんは、美しいメロディやメロウな音世界を探求している音楽家です。ブラックミュージック的なビート+メロウなサウンドと、メロディ+(涼しげな)松さんのボーカルが合わさり、昨今世界から注目される『シティポップ』といえる仕上がりになっています」 YouTubeなどのプラットフォームの発達とともに日本の歌謡曲やJ-POPが発掘され、再評価される機会が増えている。特に、山下達郎など洋楽に影響を受けて日本で独自に発達した1970~80年代の音楽は「シティポップ」として、世界的な注目を浴びている。その潮流に松たか子がハマるのには、「理由がある」と松尾氏は言う。 それは、松たか子の “本当の夫”である音楽プロデューサー・佐橋佳幸氏の存在だ。「松さんのパートナーである佐橋佳幸氏は、プレイヤーとしては日本のセッションギタリストのトップ中のトップであり、山下達郎さんのバンドの要的な存在。さらに、実績あるプロデューサーとしてもご活躍されています。そんな環境で、松さんのもとには膨大な音楽シーンの最新情報が届いているわけです」 歌の才能だけではなく、音楽的センスを支えるパートナーを持つ松たか子。トレンドを取り入れた最新楽曲にもスムーズに対応できるのは、その環境にもよるのだろう。最後に、歌手・松たか子の魅力が存分に発揮されている楽曲を松尾氏に挙げてもらった。「ドラマ『カルテット』(2017年、TBSテレビ系)の主題歌『おとなの掟』(作詞・作曲/椎名林檎)は、松さんのポップス・シンガーとしての“情報処理能力の高さ”が圧巻です。ともすれば情報量過多で胃もたれしかねない楽曲ですが、彼女の“引き算の美”により、歌唱力と表現力が生きています。松さんの楽曲の中でもベストのひとつでしょう。椎名林檎さんのセルフカバー曲などとも聴き比べてみてください」 5月4日21時から放送予定の『大豆田とわ子と三人の元夫』の第4話は、松田龍平演じる1番目の元夫・田中八作がキーマンとなる回だ。エンディング楽曲で誰がどのようにフィーチャリングされるのかにも注目したい。【解説者プロフィール】松尾潔(まつお・きよし)/1968(昭和43)年、福岡市生まれ。早稲田大学卒業。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。その後、プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、東方神起、三代目J SOUL BROTHERS、JUJU等を成功に導く。これまで提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す。日本レコード大賞「大賞」(EXILE「Ti Amo」)など受賞歴多数。今年2月、初の書き下ろし長編小説『永遠の仮眠』(新潮社刊)を上梓した。
2021.05.04 16:00
NEWSポストセブン
『大豆田とわ子』伊藤沙莉のナレーションが「クセになる」理由
『大豆田とわ子』伊藤沙莉のナレーションが「クセになる」理由
 松たか子演じるバツ3女性と、元夫3人の交流を描くラブコメディドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系、毎週火曜21時~)。『カルテット』『最高の離婚』などを手がけた脚本家・坂元裕二による最新作は、主人公と元夫たちの奇妙な関係や掛け合いが話題を呼んでいるが、それ以上に“クセが強い”と評判なのが、ナレーションである。 主人公の行動や思考に合わせて、「おしゃれなカフェにジャージで入れる大豆田とわ子」「床に落ちたパスタは拾いづらい、そんな大豆田とわ子」といった独特のワードセンスとリズムで繰り返されるナレーションが、個性的なハスキーボイスも相まって「クセがありすぎる」「頭から離れない」と大反響。 この声は、プロのナレーターではなく、人気若手女優・伊藤沙莉(26)のものだ。“若き名バイプレイヤー”として数々のドラマ、映画に出演し、お笑いコンビ「オズワルド」のツッコミ・伊藤俊介の妹としても知られる彼女だが、近年は声優としても引っ張りだこ。昨年は、NHK放送のアニメ『映像研には手を出すな』の主人公・浅草みどり役に始まり、アニメ映画『小さなバイキング ビッケ』の日本語吹き替え版でも主人公・ビッケ役に抜擢、『えんとつの町のプペル』でもアントニオという主要キャラを演じている。 それも、話題作りで人気女優を声優に起用するケースとは一線を画し、視聴者や観客も「えっあのキャラ、彼女が声やっていたの?」と後で知って驚くほど自然に声優業をこなしている。ドラマ評論家で『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』などの著書がある田幸和歌子氏が、声優としての伊藤沙莉の魅力を語る。「ハスキーだけど愛嬌のある声は非常に個性的ですが、とくにアニメ『映像研には手を出すな』では、べらんめぇ調で独特なセリフ回しを見事に演じて話題となりました。もともと原作自体も面白いのですが、アニメ化された作品で伊藤さん演じる浅草みどりを見た時は『これだ!』と思うほど、皆がイメージした通り、いやそれ以上の仕上がりでした。 人前で喋るのが得意じゃないキャラなのに、自分が興味のあることについては、ばぁ~っと言葉が溢れ出す。人と向き合って言葉にはできないけど、自分の中には世界が広がっている……シャイなで口下手、でも溢れ出してしまう情熱。文字にすると女子高生とは思えない口調で、どんな声なんだろうと、皆が想像していたものを彼女が形にしてくれた。それくらい説得力がありました。 声優が本職でもないのに、なぜ、そこまで声で表現できるのか? それは役への理解の深さじゃないかと思います。役どころを深く理解しているから、ファンが想像する更に先の、見たこともないキャラクターに仕上がっているのではないでしょうか」 その上で田幸氏は、伊藤の『大豆田とわ子と三人の元夫』でのナレーションについてこう解説する。「伊藤さんが『○○する大豆田とわ子』と連呼することで、視聴者が『なんだなんだ?』と引っかかり、マンガのような独特のリズムを生み出しています。最初は違和感を持った視聴者もいたようで、SNSでは『くどいぞ』というような声もありましたが、次第に引っ掛かりまくってクセになる。 松たか子さん演じる大豆田とわ子は、美人で社長でイケメンに囲まれて……と、設定だけ見ると何不自由のない恵まれた人なのに、靴の中の小石に引っ掛かり、口内炎が引っ掛かり、小さなことが気になり、引っ掛かる。そんな人間らしさ、キャラクターが、ナレーションによって、すっと入ってきて、ドラマの面白さを引き立てています。伊藤さんは、女優さんとしてはもちろん、今後も声優やナレーションの仕事でもファンを楽しませてくれると思います」 中毒性さえ感じる彼女の声。今後も、演技と声の“二刀流”に期待がかかる。
2021.04.27 16:00
NEWSポストセブン
番組公式HPより
『大豆田とわ子と三人の元夫』 角田晃広と伊藤沙莉、仕込まれた「二つの毒」への期待
 いわゆる玄人筋の評価が高い作品である。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * 松たか子主演、坂元裕二脚本のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系火曜午後9時)が話題を振りまいています。「心をわしづかみにされた」「すみずみまで神経の行き届いている」「会話とかけ合いが絶妙」「ウディ・アレンの映画のような印象」「大人の会話劇がおしゃれ」と絶賛する人も多い。 その一方、独特な色彩を放ちひとクセある坂元ワールドだけに、馴染めないという声も。「いちいちひねった言い回しが過剰」「何が言いたいのかわからない」「センスの押し売り」「ナレーションが目立ちすぎ」「東京03風コントになっている」……。 そもそも万人ウケを狙っていないのが坂元脚本の世界。議論百出すること自体、作品のパワーを測るバロメーターかもしれません。数字も微妙で第1話の視聴率は7.6%、2話6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)と1ポイント近く減りました。冒頭期待してチャンネルをあわせ早々と脱落した人がいる一方、一定のコアファンを獲得しもうこれ以上数字は落ちないのかもしれません。 物語の主人公は……三回離婚している住宅建築会社社長・大豆田とわ子(松たか子)。元夫にレストランオーナーでモテ男の田中八作(松田龍平)、ファッションカメラマンで器の小さい佐藤鹿太郎(角田晃広)、大豆田の会社の顧問弁護士で理屈っぽい中村慎森(岡田将生)。それぞれ仕事もキャラクターも違う3人がいます。 とわ子対元夫3人の会話の中で、テーマはたえず変転していく。ドラマにありがちな事件や犯罪、突然の出来事などの「大テーマ」を追う筋書きではない。フツーの日常の中にたしかに存在する、ささやかな、しかし本人にとっては時に深い意味を持つ「細部」をめぐる会話劇です。 とわ子は「網戸が外れるたびにああ誰か直してくれないかなとは思う。でもそれはあなたたちじゃありません」と語る。このセリフが象徴するように「網戸が外れる」ことはとわ子にとって大きな問題で、それを直してくれる誰かこそ共に生きていくパートナー。 一方、キッチンの棚からこぼれるパスタや工事現場の穴は、とわ子にとってさして問題ではないらしい。おしゃれなパン屋にジャージで入っても平気。お祝いの席で口内炎が気になったりする。個々人それぞれ、かように日常は凸凹していて気になるポイントも他人と微妙にズレて、時にそれがハレーションを生み共同生活を維持する障碍にもなる。 何でもない生活を、他人と続けることがいかに難しいか。思わぬ「細部」に足をとられて転んだりする日常生活の正体を軽妙に浮き彫りにしていく坂元ワールドの醍醐味。過去作『カルテット』(2017)における「唐揚げにレモンを絞るかどうか問題」にも通じています。 今回のドラマで気になるのは松たか子、松田龍平ら安定した常連役者陣の中に、良い意味で違和を発する「二つの毒」が仕込まれていること。 まず、元夫役にコントトリオ「東京03」の角田晃広さんが抜擢された。当初、出演オファーを受けた角田さん自身、松たか子の元夫役をという唐突さに思わず「何でだよ!」って叫んでしまったとか。 自分の色をどう出すかについても試行錯誤している模様。「僕のリアクションの演技に監督から、『ちょっとやりすぎですね』とイエローカードを出されてしまいました(笑)。まだまだおっかなびっくり、役のニュアンスを探っている最中です」(週刊朝日 2021年4月23日)。「東京03」は市井の庶民に成りきって魂をのせていく演技がバツグンに上手くて、CMでも角田さんのリアリティに惹き付けられた人は多いはず。特に舞台で見せる角田さんの大ボケ芸、感情がエスカレートし爆発していくそのパワーは右に出るものがいない。その味をどう活かすのか興味津々。「元夫3人」というドラマの設定も、角田さんにとっては戸惑いの元かも。両脇にいつもの「東京03」飯塚悟志&豊本明長がひかえているのではなく、松田龍平&岡田将生という押しも押されぬ超イケメンスターがいるわけですから。勝手が違いすぎるトリオの中で角田さんの演技がどこまで振り切れていくか。いかに毒の味を見せてくれるか、見所です。 もう1つ仕込まれた「毒」は女優・伊藤沙莉さんの存在です。ナレーションで突如、響いたあのハスキーボイス。存在感がありすぎて何度も顔が浮かんで来ました。伊藤さんのナレーションはとわ子の心情やシチュエーションを説明する役割ですが、ふと伊藤さんと主人公が二重写しになったりして、敢えて松たか子さんをナレーションに使わない理由が「何かの伏線ではないか」という視聴者の声も聞こえたり。「2つの毒」を今後どう使いこなし見事な薬に転じさせるか。「なるほどこの人たちを配役した意味はこれか!」と膝を打つような爽快な、そして視聴者の浅薄な予測を裏切るようなぶっ飛んだ展開を期待しています。
2021.04.24 16:00
NEWSポストセブン
松たか子の“秘めた狂気” 坂元裕二脚本の新ドラマはどう見せるか
松たか子の“秘めた狂気” 坂元裕二脚本の新ドラマはどう見せるか
 女優・松たか子が主演を務める連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)が4月13日からスタートする。脚本を担当するのは、松たか子とは3度目のタッグとなる坂元裕二。2人のコラボレーションは大きな魅力となりそうだ。 坂元裕二と言えば、1990年代初頭に大ヒットしたトレンディドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)をはじめ、興行収入85億円を記録した2004年の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』、さらに今年公開された話題作『花束みたいな恋をした』など、数多くの人気作品の脚本を手がけてきたことで知られている。 坂元と松たか子とのコラボレーションは20年以上前に遡ることができる。松たか子が歌手として1997年に発表したデビュー曲「明日、春が来たら」の作詞を手がけたのが他ならぬ坂元なのだ。同年リリースされた1stアルバム『空の鏡』や、2001年の4thアルバム『a piece of life』の収録曲でも2人はコラボレーションを果たした。“歌手と作詞家”という関係だった2人は、2010年代の後半から“役者と脚本家”としてタッグを組みヒット作を世に送り出すようになった。最初に組んだ作品は松たか子が主演を務めた連続ドラマ『カルテット』(TBS系、2017年)だ。弦楽四重奏をテーマにした“大人のラブサスペンス”が好評を博し、ザテレビジョンドラマアカデミー賞をはじめ数多くの賞を受賞した。 その3年後の2020年、主演を阿部サダヲが務め、松たか子がヒロインを演じた2時間ドラマ『スイッチ』で2度目のコラボレーションが実現。元恋人同士の検察官と弁護士の対決を描いたラブサスペンスで、ギャラクシー月間賞を受賞したほか、視聴者から連ドラ化の声が相次いで寄せられるほど話題を呼んだ。 そんな松たか子と坂元裕二が“役者と脚本家”として3度目に組んだ作品が『大豆田とわ子と三人の元夫』である。3度の結婚と離婚を繰り返した主人公・大豆田とわ子(おおまめだ・とわこ)が元夫たちと繰り広げるロマンティック・コメディで、フィルマークスが調査した「2021年 地上波放送の春ドラマ 期待度ランキング」で第3位にランクインしている注目作である。 坂元裕二の脚本における女優・松たか子の魅力について、新刊『テレビドラマクロニクル 1990→2020』(PLANETS)の著者であるドラマ評論家の成馬零一氏はこのように語る。「松たか子が坂元裕二脚本のドラマに出演するのは『カルテット』『スイッチ』に続いて3作目ですが、どちらも一見、社会に適応しているように見える大人の女性が実は奥底に狂気を秘めているという役です。こういう一見、普通に見えるけど“実はヤバい女”を演じさせると松たか子の独壇場で、次の『大豆田とわ子と三人の元夫』もそういう役になるかと思います」 さらに成馬氏は、松たか子が他の代表的な出演作でも同様の“奥底に秘めた狂気”を演じてきたことを指摘しつつ、こうしたイメージを坂元裕二が脚本の中に取り入れていると分析する。「こういう役は、声優を担当した2014年のアニメ映画『アナと雪の女王』のエルザ、映画では2010年の『告白』以降、松たか子が得意とする役柄の傾向で、そのイメージを坂元裕二はうまく反映させているのだと思います。 おそらく一番近いのは2014年の西川美和監督の映画『夢売るふたり』で演じた、夫といっしょに結婚詐欺を企てる女性です。夫役が『スイッチ』で共演した阿部サダヲだったことを踏まえると、坂元裕二作品への影響は大きいのではないかと思います」 かつて坂元裕二が作詞家として手がけた松たか子の歌は、どれも切ない恋心の独白という形式をとっていた。つまり狂気とは無縁(ただし、そこに“奥底に秘めた狂気”を重ね合わせると歌詞の聴こえ方がガラリと変わってしまうのだが……)で、これらの楽曲とドラマを比べてみるだけでも、いかに坂元裕二が2010年代以降の役者としての松たか子のイメージを脚本に上手く反映してきたかがうかがえる。『大豆田とわ子と三人の元夫』でも印象深い演技を見せてくれることになりそうだ。◆取材・文/細田成嗣(HEW)
2021.04.12 19:00
NEWSポストセブン
電撃結婚が話題となっている石原さとみ
石原さとみ、多部未華子ら6人の柄物マスクでおしゃれ術
 新型コロナウイルスの流行から半年以上が経った今も、街ではマスクを付けて外出する人がほとんど。まだまだマスクが必須の生活が続くとみられるなか、さまざまな柄や形の“ファッションマスク”が人気を集めている。おしゃれに敏感な芸能人はどんなこだわりのマスクをつけているのか。 10月上旬、電撃婚を発表したばかりの石原さとみ(33才)を都内のジムで発見。手入れが行き届いたつや髪を後ろですっきりと一つに結び、細身の黒のコートに黒いブーツというシンプルなコーディネートだが、それだけにスタイルの良さが一際目立つ。カーキ色の柄物のマスクを合わせ、シックな印象を一層引き立てているのもファッションセンスあふれる彼女ならでは。 都内のオフィス街を歩いていたのは、髪をばっさり切りイメチェンした唐田えりか(23才)。手やお尻が隠れるくらいのゆったりめの白いロングTシャツに、トレンドの焦げ茶色のパンツと黒のローファーを合わせた今年らしい装いだ。秋の風が吹き始めた10月上旬の季節感にもピッタリ。耳元がリボンのようになったギンガムチェックのマスクは、切ったばかりの黒髪ショートヘアによく似合っていた。 多部未華子(31才)は8月下旬、都内で買い物を楽しんでいた。背中が大きくあいたブラウンのタンクトップにハイウエストのベージュパンツ、エルメスのベージュピンクのサンダルを合わせ、今年のトレンドのワントーンコーデをおしゃれに着こなした。帽子とバッグはクリスチャン・ディオールで揃え、ハイブランドを身に着けても嫌味がないのも、どこか素朴な印象を漂わせる多部ならではだ。黒と赤い柄のマスクもコーディネートのアクセントになっている。 出演中の舞台が中日を迎えた8月中旬、濡れ髪で出てきたのは松たか子(43才)だ。紺色のTシャツに、カーキ色のパンツとベージュの靴を合わせたナチュラルなコーディネートが、飾らない彼女らしいスタイル。おしゃれな柄のマスクでコーディネートにワンポイント効かせている。 平野綾(33才)はカジュアルなリラックススタイル。9月中旬のこの日は、出演中のミュージカルを終えて帰宅するところだった。ゆったりめのピンクのロングTシャツを着用しているが、スパンコールがあしらわれたタイトなレギンス越しに分かるスタイルの良さはさすが。キャップを被り、黒のボディバックにヒョウ柄のマスクと、スポーティな小物で統一していた。 8月下旬、庶民派スーパーに買い物に来ていたのは玉木宏(40才)だ。ワンポイント効いた黒いマスクに、黒のサングラスと黒のシャツを合わせ、ボトムスにはダメージジーンズとウォレットチェーン、足元はサンダルというクールなコーディネート。手にビニール袋を提げていても、テレビで見るクールな玉木のイメージそのままだ。
2020.10.29 16:00
NEWSポストセブン
【動画】多部未華子、長澤まさみ、松たか子のこだわりマスク姿
【動画】多部未華子、長澤まさみ、松たか子のこだわりマスク姿
 こちらは多部未華子さん。エレガントなファッションに柄物のマスクを合わせた姿で買い物を楽しみました。芸能人のこだわりのマスク姿を特集します! 続けて、今や定番となりつつある黒系のマスクをつけた、長澤まさみさん。カーディガン、ワイドパンツ、サンダルとすべてベージュのワントーンで合わせたトレンド感あふれるコーディネートがオシャレですね。 最後に、8月中旬、出演舞台を終えた松たか子さん。マスクは白地に全体的に黒の模様がはいったおしゃれなデザインでシンプルな服装のポイントになっていました。
2020.09.22 16:00
NEWSポストセブン
多部未華子、長澤まさみ、高島礼子ら6人のこだわりマスク姿
多部未華子、長澤まさみ、高島礼子ら6人のこだわりマスク姿
 猛暑の中でも、感染対策のため今やお出かけの必須アイテムとなっているマスク。白いマスクをする人がやはり多いが、おしゃれ芸能人たちは白以外のマスクでセンスを発揮していた。芸能人の個性あふれるマスクファッションをチェック! 主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)がヒットした女優・多部未華子(31才)はエレガントなファッションに柄物のマスクを合わせた。 8月下旬、都内のデパートで買い物していた多部は、背中が大きくあいたブラウンのタンクトップに、ベージュのパンツ、ピンクのサンダルというリラックスムード溢れるオフスタイル。全体的に淡い色のコーデなので、マスクの黒と赤い柄がいい感じのアクセントに。 ちなみに、帽子とバッグはクリスチャン・ディオール、サンダルはエルメスというブランドものだった。 今や定番となりつつある黒系のマスクをつけたのは、女優・長澤まさみ(33才)だ。8月下旬、六本木の街に現れた彼女は、カーディガン、ワイドパンツ、サンダルとすべてベージュのワントーンで合わせたトレンド感あふれるコーディネートでまとめた。それだけに黒マスクが一層際立ち、おしゃれ度がグーンとアップ! 8月中旬、出演舞台を終えた女優・松たか子(43才)は、ネイビーのTシャツにオリーブ色のパンツというナチュラルなファッション。マスクは白地に全体的に黒の模様がはいったおしゃれなデザインで、やや地味めな装いのポイントになっていた。 女優・高島礼子(55才)は、顔にフィットするタイプのベージュのマスクをチョイス。白いパーカーにグレーのスウェット、グレーのスニーカーというスポーティーなファッションに溶け込んでいた。6月中旬、スーパーでの買い物を終えたところだったが、マスクをしていても女優オーラは健在。 5月下旬、スーパーへの買い物にサーモンピンク色のマスクをつけたのは、三浦百恵さん(61才)。シャツやパンツは色を抑えめにしているが、バッグ、シューズはブルーのものを選び、「ブルー×ピンク」で初夏らしい雰囲気をプラスした。 最後にド派手な装いの芸能人を紹介。4月下旬、全身蛍光イエローのファッションで、都内の収録現場に入っていったのはDJ KOO(59才)。服にもスニーカーにも「DJ KOO」と名前が目立つようにプリントされている。そんなファッションに合わせたのは鮮やかなブルーのマスクで、全体的な雰囲気と見事にマッチしていた。 マスクを着用しながらの生活はまだまだ続きそう。白マスクばかりの人はたまには気分を変えて、芸能人のようなこだわりマスクを選んでみてもいいかも。
2020.09.16 16:00
NEWSポストセブン
松たか子「濡れ髪とマスク」でナチュラル私服の美貌
松たか子「濡れ髪とマスク」でナチュラル私服の美貌
 8月中旬、舞台終わりの松たか子(43才)をキャッチした。コロナ禍で開催が危ぶまれた舞台『イヌビト~犬人~』の中日のこと。ショートヘアの黒髪が濡れて、照明に当たって艶やかに光っている。紺のTシャツにオリーブ色のパンツと、決して派手ではないが、おしゃれな柄のマスクとその濡れ髪だけで、オーラが出ているところは、さすがである。13年前にミュージシャンの佐橋佳幸(58才)と結婚した後は、5才になる長女の育児をしながら、負担にならないペースで舞台を中心に芸能活動を続けている。今年は、2月に米国ロサンゼルスのハリウッドで開催された世界最大の映画の祭典、アカデミー賞授賞式に出席。歌曲賞にノミネートされた『アナと雪の女王2』の主題歌を、世界各国のエルサ役の声優たちとともに歌唱。日本人で初めてアカデミー賞で歌を披露する大役を果たした。また、6月にスペシャルドラマ『スイッチ』(テレビ朝日系)でヒロインも好演した。 さらに、あるテレビ局ドラマディレクターは「実は来年4月にフジテレビの連続ドラマの主演が内定しているようです。2017年の『カルテット』(TBS系)以来4年ぶりの連ドラ主演になると、業界内で話題になっていますよ」と明かした。 脚本は、その『カルテット』や、かつての大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』を手掛けた坂元裕二氏(53才)といわれている。「坂元さんは、23年前の松さんのデビュー曲『明日、春が来たら』の作詞も担当していた旧知の仲。最も信頼する脚本家で、2人は名コンビですから、実現すれば、また話題になるはずです」(前出・テレビ局ドラマディレクター) YouTuberとして、愛息も出演させているはとこの市川海老蔵(42才)らとは一線を画している。ある歌舞伎関係者は「SNSは一切やらずに私生活は徹底して非公開の松さんは、数少ない出演作やライブでしかお目にかかれません」と話す。 決して露出過多にはしない芸能人なだけに、今回のようなプライベートショットや、たまに応じるインタビュー記事などは、彼女の素顔を知る貴重な機会である。
2020.08.30 07:00
NEWSポストセブン
がっちりした体型がわかる白Tシャツの海老蔵
海老蔵、YouTubeで「長女推し」 背景に梨園の改革へ思いも
 画面中央には、ポニーテールの女の子の後ろ姿。遅れて登場した男性が目の前に座ると、まるでニュース番組のようにインタビューが始まった。 アナウンサー役の女の子の「なんで毎日サンダルを履いているんですか?」といった無邪気な質問に、顔をほころばせながら答えるのは市川海老蔵(42才)。質問するのは長女の麗禾ちゃん(れいか・8才)だ。その声の柔らかさは、どことなくアナウンサーだった亡き母・小林麻央さん(享年34)を思わせる──。 海老蔵が6月3日に開設したYouTubeチャンネルでは、長男勸玄くん(7才)と相撲を取る様子や、麗禾ちゃんと100円ショップで買い物を楽しむ様子などがアップされており、すでに登録者数が16万人を超える(6月22日現在)人気チャンネルだ。歌舞伎関係者はこう語る。「配信動画のラインアップの中では、顔は見せなくても麗禾ちゃんが中心で取り上げられているものが意外に多い。そこには、“姉弟格差”を埋めてあげたいという海老蔵さんの思いがうかがえます」 2019年7月に初舞台を踏んだ勸玄くんは“かんかん”の愛称で親しまれ、歌舞伎ファンだけでなく、若い女性や子育て中のママ世代からも大人気。海老蔵も勸玄くんが稽古を積む様子をSNSで積極的に発信している。「昨年1月、海老蔵さんの十三代目市川團十郎白猿襲名と同時に、勸玄くんが八代目市川新之助を襲名することが発表されました。歌舞伎界きっての名門・成田屋の後継者として、勸玄くんはすでにレールを歩み始めているのです」(前出・歌舞伎関係者) 一方の麗禾ちゃんも、歌舞伎が大好きで、インスタグラムでは勸玄くんと一緒に練習する様子も見られる。「2018年1月の初春歌舞伎公演の『日本むかし話』では、かぐや姫を見事に演じきり、海老蔵さんも大喜び。新型コロナがなければ、5月から行われる予定だった『十三代目市川團十郎白猿襲名披露』興行にも出演する予定でした」(別の歌舞伎関係者) しかし歌舞伎界には「女性は子役でしか舞台に立てない」という「掟」がある。 歌舞伎の名門・高麗屋に生まれた松たか子(43才)も、同じく名門・音羽屋の長女・寺島しのぶ(47才)も、それゆえ歌舞伎役者ではなく、女優の道を選ばざるを得なかった。「生まれたときから家族も周囲も歌舞伎一色。幼少の頃の松さんのいちばんの遊びは“歌舞伎ごっこ”で、雑誌『演劇界』をボロボロになるまで何度も読み、ほとんどの演目の名ぜりふを諳んじられるほどだったそうです。寺島さんも幼い頃から父・尾上菊五郎さんと同じ舞台に立つことを夢見ていたと公言しています。しかし、成長するにつれ、それが決して実現できない“夢”であることを思い知った」(前出・歌舞伎関係者) そんな女性たちの苦悩を目にしてか、海老蔵のなかには「梨園はこのままでいいのか」という強い思いがあるようだ。 2017年2月、「六本木歌舞伎『座頭市』」で主役を務めた海老蔵が、相手方に指名したのは寺島しのぶ。そのとき、海老蔵はこう話していた。「歌舞伎がいまの形になってから2~300年という月日が経って、そろそろ考え直す時期(中略)性別を理由に女性が歌舞伎をできないことが、ぼくにはわからなかった」 冒頭の動画で、麗禾ちゃんは、父と弟の襲名披露が新型コロナの影響で延期されたことについて「どんな気持ち?」と質問。それに対して海老蔵は「いまは一歩足を止め、新しい時代が来る、新しいことが起こる。そして過去の大切なものはちゃんと残していく。精査する。自分が判断して冷静に考える時間だと思う」と噛みしめるように語った。 パパの“難しい回答”にも熱心に耳を傾け、「ありがとうございました」とお礼を言った麗禾ちゃん。いつかきっと、この言葉に込められた父の真意が大人になった彼女を舞台に上げる日がくるだろう。※女性セブン2020年7月9日号
2020.06.27 07:00
女性セブン
さまぁ~ず大竹、外出自粛で妻・中村仁美に愚痴られパパ的行動
さまぁ~ず大竹、外出自粛で妻・中村仁美に愚痴られパパ的行動
 新型コロナウイルス感染防止のため、外出自粛が求められている昨今。テレビ界でも、番組収録が中止・延期が相次ぎ、多くのタレントたちが自宅で待機することとなっている。仕事が激減するなか、タレントたちは意外な自粛生活を送っている──。 お笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹(52才)も、自宅での生活を送っているひとり。普段、家のことは妻である元フジテレビアナウンサーの中村仁美(40才)に任せているタイプだという。「大竹さんは私生活でもマイペース。子供が熱を出すなどピンチのときでも“おれは仕事だから、よろしく”とだけ言い残して出ていってしまう感じで、子育てに関しては中村さんが孤軍奮闘していました。3人の男の子がいるから大変ですが、結婚10年たったいまもあまり変わらないとか。 今回のコロナ騒動でも、中村さんは子供たちと一緒にマスクを手作りしたそうですが、大竹さんに“手作りマスクで防げるの?”と言われてしまったと、彼女がブログで愚痴っています(笑い)」(テレビ局関係者) それでもさすがに今回は重い腰を上げたようだ。4月上旬、大竹が長男と次男を連れて、自宅の近辺を散歩。パパらしい姿を見せていた。 緊急事態宣言が出されたことで、営業を自粛する店も多数。宣言から数日後、松たか子(42才)が、2007年に結婚したギタリストの佐橋佳幸(58才)とともに、娘を連れて買い物に出かけたのだが…。「松さんは自宅にこもりっぱなしの娘さんのために、近所のオモチャ屋に出かけたのですが、コロナの影響で休業していたようです。“そうかぁ”と残念そうに引き返していました」(近隣住民) 芸能人たちも、新型コロナウイルスの影響のなか、モヤモヤする生活を送っているのだ。※女性セブン2020年4月30日号
2020.04.17 07:00
女性セブン
タクシーに乗り込む村上
関ジャニ∞村上信五、美人書道家と高級焼き肉店で深い話
 中田英寿(43才)やONE OK ROCKのTaka(31才)ら、世界を舞台に活躍する面々に愛される高級焼き肉店がある。3月上旬、2人きりの半個室から、楽しげな男女の会話が漏れてきた。「男性は関西弁で特徴のある声だったので、すぐに関ジャニ∞の村上信五さん(38才)だとわかりました。店には村上さんが先に到着して、女性が来るのを待っていたようです。2人でいるところを見られてはいけないのか、帰りも別々に店を出る相談をしていました。扉のない半個室なので、角度によってはツーショットが丸見えなんですけどね(笑い)」(居合わせた客) 約3時間、“密会”を楽しんだ2人が店を出たのは、ちょうど日付が変わる頃。作戦通り、女性が先に店を出てタクシーに乗り込む。4分後、村上が路上に姿を見せると辺りをキョロキョロと見渡し、警戒しながらタクシーに乗り込み、先に出た女性と同じ方面へと消えていった。 村上といえば、『FRIDAY』が小島瑠璃子(26才)とのお泊まり愛(2017年)、そしてカラオケデート(2019年)を報じている。しかし、この日、村上と焼き肉を食べていたのは小島ではなかった。「“スキャンダル”を警戒するのは当然。村上さんはいま、大事な時期を迎えています。東京五輪ではフジテレビのメインキャスターに抜擢され、中居正広さん(47才)退所後のジャニーズ事務所の “MC担当”としても期待されています」(テレビ局関係者) グループとしても、踏ん張り時だ。昨年9月に錦戸亮(35才)が脱退したことを受け、5人での再スタートを切って間もない。新型コロナウイルスの影響で延期されているものの、昨年11月6日から始まった47都道府県を巡る全国ツアー「Upd8(アップデート)」の最中でもある。「ツアータイトルは、村上さんが考案したそうです。村上さんは関ジャニ∞の中心的存在で、グループへの思い入れが人一倍強い。多忙の合間を縫うツアーにも、“いま止まれば、次に走り出すタイミングがわからなくなる”と覚悟を決めて臨んでいます」(前出・テレビ局関係者) 個人としてもグループとしても今後を左右しかねないこのタイミングで、注意を払ってまで会っていた女性とは誰なのか。ヒントは、昨年11月27日に発売となった、5人になって最初のシングル『友よ』にある。《人生って最高だろう?》と友人に語りかける曲で、CDのジャケットはメンバー5人が正面を向いて並んでおり、その上に、勢いを感じさせる毛筆でタイトルがしたためられている。「写真のない文字だけのバージョンもあって、インパクトの強いデザインに仕上がっています。関ジャニ∞は2014年に自主レーベルを立ち上げているのですが、この曲は設立以来最大のヒットを記録しました。関ジャニ∞にとって、縁起のいいCDなんです」(音楽関係者) 冒頭、村上と焼き肉を楽しんでいた女性こそ、この題字を担当した書道家の青柳美扇(あおやぎ・びせん・29才)だ。 青柳は村上と同じ大阪府出身。筆1本でアメリカ、フランス、シンガポールなど世界を舞台に活動する気鋭の書道家で、「美人書道家」としても知られる。書道パフォーマンスを披露することもあり、東京オリンピック公認のイベント『東京キャラバン』では、松たか子(42才)や黒木華(29才)らとも共演。堂々とした筆運びを披露している。「2人は、同じ大阪出身ということで意気投合。この日は、オリンピック関係などの仕事の話から私生活に関することまで“深い話”をしていたとか。用心深い村上くんが、リラックスしてなんでも話せる特別な関係のようです」(村上の知人)『友よ』以上になる可能性は?※女性セブン2020年3月26日・4月2日号
2020.03.13 07:00
女性セブン

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン