• TOP
  • スポーツ
  • 悲願Vの松山英樹 妻との出会いは高校の部活、猛アタックで交際に

スポーツ

2021.04.15 16:00  女性セブン

悲願Vの松山英樹 妻との出会いは高校の部活、猛アタックで交際に

(写真/アフロ)

アメリカ男子ゴルフ「マスターズ」で初優勝(写真/アフロ)

 遠い異国の地で孤軍奮闘した日本人が、世界の新たな「王者」となった。4月11日、男子ゴルフの松山英樹選手(29才)が、アメリカで行われたメジャー大会「マスターズ・トーナメント」で初優勝を果たした。マスターズ優勝は日本人、そしてアジア人初の快挙。その活躍を支えたのは、日本で帰りを待つ家族の存在だという。

「松山さんは2017年1月に一般女性と結婚、同年7月には娘さんに恵まれました。奥さんとの出会いはゴルフの名門・明徳義塾高校(高知県)のゴルフ部時代。1つ下の後輩だった奥さんに松山さんが猛アタックして交際に発展、10年以上愛を育んで結婚に至ったそうです。

 奥さんはかわいらしくゴルフもプロ級の腕前、そのうえ帰国子女で英語も堪能だそうです。奥さんと娘さんはいま日本にお住まいだと聞いています。松山さんは優勝が決まり、ご家族にいち早く連絡したのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 今回の優勝賞金は207万ドル(約2億2697万円)、公式競技で得た生涯獲得賞金は3329万ドル(約36億5024万円)にも上る。

 賞金王となって、愛娘を抱き上げる日も近い。

※女性セブン2021年4月29日号

チーム松山。松山選手のウイニングパット後、早藤将太キャディ(左)がキャップを脱ぎ一礼したことも称賛を浴びた(時事通信フォト)

チーム松山。松山選手のウイニングパット後、早藤将太キャディ(左)がキャップを脱ぎ一礼したことも称賛を浴びた(時事通信フォト)

関連記事

トピックス