• TOP
  • 松山英樹

松山英樹一覧

【松山英樹】に関するニュースを集めたページです。

 リオ五輪バドミントン女子ダブルス金メダルの高橋礼華選手(左)と松友美佐紀選手(時事通信フォト)

タブーを検証、五輪競技別に存在する「メダルの価値」の…

 ついに、五輪イヤーが幕を開けた。今夏、実施されるのは339種目。団体競技もあるので用意されるメダルの数は1000個を超える。その色は「金…

2020.01.07 16:00  週刊ポスト

男子ゴルフ新星・金谷拓実は先輩・松山英樹を超えられるか

男子ゴルフ新星・金谷拓実は先輩・松山英樹を超えられるか

 話題の乏しかった男子ゴルフ界に、新星が登場した。国内外の有力選手が出場する「三井住友VISA太平洋マスターズ」(11月14~17日)で史上4…

2019.11.26 16:00  週刊ポスト

週刊ポスト 2019年12月6日号目次

週刊ポスト 2019年12月6日号目次

週刊ポスト 2019年12月6日号目次「この薬飲んだら倒れました」 145薬の「重篤副作用」全症例 特集◆沢尻エリカと大麻インストラクター「吸…

2019.11.25 07:00  週刊ポスト

石川遼は「ハニカミ王子」と呼ばれた(共同通信社)

ゴルフ「ぽっちゃり王子」銭湯手伝いながら練習の日々で…

 今年のドラフトでは、高校野球を沸かせた2人のライバル、佐々木朗希(大船渡)と奥川恭伸(星稜)に注目が集まった。スポーツ界の歴史はこ…

2019.11.04 07:00  週刊ポスト

タイガー・ウッズと興和株式会社の三輪芳弘社長

タイガー・ウッズ 82勝目の後に明かした日本企業への「…

 日本初開催となるPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ(千葉・アコーディア習志野)」第1回大会が28日幕を閉じた。通算19アンダーで頂点を…

2019.10.29 07:00  NEWSポストセブン

ランニング、キックボクシングで体作りをしているという久松郁実

グラドル・久松郁実のボディーメンテは「キックボクシン…

 抜群のプロポーションでグラビア界を席巻し、連続ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』で主演をつとめるなど、最近は女優としても注目されているグ…

2019.05.01 16:00  NEWSポストセブン

全米OPで動いている球を打ったミケルソンの意外な「援軍」

全米OPで動いている球を打ったミケルソンの意外な「援軍」

「自分のしたことが恥ずかしく、失望している」──全米オープン3日目、13番グリーン上で、“まだ動いている球を打ち返す”という違反行為をはた…

2018.06.26 07:00  週刊ポスト

松山英樹vs小平智 全米OPで試される「内助の功」対決

松山英樹vs小平智 全米OPで試される「内助の功」対決

 大舞台を前に、復調のきっかけを探す苦しい状況が続いている。6月14日から始まる全米オープン。日本人選手で上位進出の期待を集めるのが、…

2018.06.11 16:00  週刊ポスト

マスターズで存在感見せた古閑美保 夫の成績も右肩上がり

マスターズで存在感見せた古閑美保 夫の成績も右肩上がり

 今年のオーガスタで抜群の“存在感”を見せたのは、初制覇が期待された松山英樹(26)でも、タイガー・ウッズ(42)でもなく、日本の「元賞…

2018.04.17 07:00  週刊ポスト

マスターズ・松山英樹のドライバーを複雑な思いで見つめた人達

マスターズ・松山英樹のドライバーを複雑な思いで見つめ…

 米オーガスタを舞台に激闘が繰り広げられた今季メジャー初戦のマスターズ(4月5~8日)。日本人初となるマスターズ制覇の期待を一身に背負…

2018.04.11 07:00  週刊ポスト

日米ゴルフ会談 トランプ氏の相手は安倍氏でなく松山選手

日米ゴルフ会談 トランプ氏の相手は安倍氏でなく松山選手

 新聞の凋落に歯止めがかからない。かつて朝日新聞は「リベラル紙」と呼ばれ、読売新聞や産経新聞は「保守系メディア」と位置づけられてい…

2017.11.14 07:00  週刊ポスト

松山英樹 トランプ氏来日「ゴルフ接待」に駆り出されるか

松山英樹 トランプ氏来日「ゴルフ接待」に駆り出されるか

 総選挙が終わると、永田町の次なる関心事は11月5~7日のトランプ米大統領の初来日へと移る。大手紙政治部記者が語る。「来日2日目の6日に…

2017.10.22 16:00  週刊ポスト

女性セブン2017年32号当該記事のみ使用

松山英樹メジャー制覇には「内助の功必要」と沼沢聖一プロ

 古くは長嶋茂雄、野村克也、落合博満。近年では田中将大、本田圭佑、白鵬――スーパースターの活躍の陰には、いつも妻の内助の功があった。…

2017.08.29 07:00  女性セブン

女性セブン2017年32号当該記事のみ使用

横田真一プロ、地獄の時代に妻・穴井夕子の叱咤激励で復活

 プロゴルファーの松山英樹(25才)が、東北福祉大学ゴルフ部時代の後輩である一般女性と今年の1月に入籍していたことを発表。更に7月には…

2017.08.27 07:00  女性セブン

女性セブン2017年32号当該記事のみ使用

松山英樹の恩師「妻との同居は数年後でも遅くない」と助言

 全米プロゴルフ選手権で5位となった松山英樹(25才)。今年の獲得賞金は800万ドル超(約9億円)。米ツアー賞金ランクは並み居る強豪を抑え…

2017.08.25 16:00  女性セブン

SNSでNEWSポストセブンをフォローまたはプッシュ通知を受け取る

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
  • プッシュ通知

トピックス