ライフ

全国制覇の「カルディ」 マニア厳選の「使わないと損!」な調味料

ああ

100円で手に入るカルディのフレーバー塩は、さまざまなレシピに応用可能(写真提供/たれみ~な)

 現在、全国に約470店舗を展開している「カルディ」こと、「カルディコーヒーファーム」には、こだわりのオリジナルコーヒー豆30種類をはじめ、世界約50か国からの食品が並んでいる。幅広い層に愛される理由はどこにあるのか。毎日のように通っているというカルディマニアに話を聞いた。

 世界中の厳選された商品が、店内にぎっしりと並ぶ「カルディ」。今年3月19日にオープンした「イオンモール鳥取北店」で、ついに全国を制覇し、ますます人気を得ている。その歴史は1986年に東京・下高井戸から始まった。

 2018年7月には海外初出店の台湾1号店をオープン。現在は10店舗を展開し、その人気は日本にとどまらない。

 カルディマニア歴20年という料理家の「たれみ~な」こと澤田美奈さんは、その魅力を次のように話す。

「タイの調味料を探していたとき、料理研究家の友人から“カルディにある”と聞いて買いに行ったのが最初です。それまでは大久保や錦糸町などにあるディープな食材店にしかなかったエスニック調味料が、『カジュアルで明るい雰囲気のお店で手軽に買える!』と、うれしくなりました。見ているだけでウキウキする楽しさがあり、週に5回は通うほどハマっています」

 カルディの各店舗には、世界50か国以上から厳選された、約3000ものアイテムがそろい、迷路のような作りの店内をあちこち見て歩きながら買い物が楽しめる。

「この独特の雰囲気と、市場のような雑多感が相まって、掘り出し物を見つける『宝探し』のように好奇心がくすぐられます」と、カルディマニア歴5年のフリマアプリアドバイザー・川崎さちえさんは言う。

「それに、何より期待を裏切らないおいしさが魅力。珍しい輸入食材やオリジナル商品も多くて、ほかでは手に入らないものがいっぱいあります。ただ、正直なところ、スーパーのプライベートブランドほどコスパはよくありませんが、味がいい! だから、多少高くても迷わず買ってしまうのは、カルディマジックかもしれませんね」(川崎さん)

 海外の食材ばかりではない。日本の美食にこだわったオリジナル和食材ブランド『もへじ』や自社開発した“オリジナル商品”も人気だ。

 たとえば、昨年11月に発売された『ぬって焼いたらカレーパン』は、累計販売数30万個を超え、現在でも購入個数が制限されるほど人気だ。

「どうしても食べたくて毎日オンラインショップをチェックし、2月にやっと買えました。さっそく塗ってオーブントースターで焼くと、こんがり香ばしく、部屋中がカレーパンのいい香りに。人気商品になるのも納得です!」(川崎さん)

 店頭で“季節感が常に楽しめる”のも魅力の1つ。

「お花見シーズンには桜のお菓子やお酒が集められていました。最近は、野菜や果物から季節を感じにくいですが、カルディの店頭には季節がある。行事に合わせた限定商品が多いので、一年中飽きずに楽しめますよ」(澤田さん)

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン