ライフ

専門家が推す巣ごもりダイエット食品 次にくるのは「完全食」か

国内最大級ダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」が教えるベスト健康食とは?(写真/GettyImages)

国内最大級ダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」が教えるベスト健康食とは?(写真/GettyImages)

 やせたいのはウソじゃないけれど、運動なんてしたくないし、食べるのをがまんするなんてもっとムリ。みんなそう思っているからこそ、売れているのは、本当においしくて、安くて、結果が出る「ダイエット食品」。おなじみのあの商品から次世代食品まで、人気の健康食を紹介する。

 国内最大級のダイエット商品専門クチコミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんによると、満足度が高い商品は、体重が減るだけではなく、コスパもいいと話す。低価格で続けやすく、しっかり効果を実感できるものが、いま人気のダイエット食品の共通点だ。

いつものご飯に“やせる栄養素”を足す

 腹持ちのいい食品の代表選手は、白米に混ぜる『マンナンヒカリ』。こんにゃく精粉などでできた、お米そっくりの“低カロリー・低糖質ご飯”だ。本物のお米に混ぜて炊くだけで、ご飯のカロリーや糖質を減らし、さらに食物繊維がプラスできる。管理栄養士の菊池真由子さんもすすめる。

「精製された白い炭水化物は、糖質が多く、血糖値を急上昇させて、結果的に体に脂肪がたまりやすくなる。白米はその代表です。一方、精製されていない玄米や雑穀米は、代謝を高めるビタミンB群や食物繊維が豊富でダイエット向き。しかし、独特のにおいと食感があるものもあり、続かないという人が多いのです。『マンナンヒカリ』は、見た目も食感も白米にとても近い。おいしさを損なわずに、無理なく糖質をカットできます」(菊池さん・以下同)

 このように、白米に混ぜることで、糖質量をコントロールしながらダイエットに必要な栄養素を補える食品が人気。

 たとえば『サプリ米』は、白米1合に対し、小さじ1杯くらいを混ぜて炊くことで、栄養を強化できる。

「精米時に特殊な技術で栄養素をコーティングしたもので、現代人に不足しがちな5種類のビタミンと鉄分を補給できるもののほか、カルシウムや葉酸を補えるものもあります。不足しがちな栄養素を補うことで、やせやすい体づくりに役立ちます」

 ダイエットに不可欠な栄養素といえば、腸内環境を整える食物繊維。特に、腸の中で水分を吸ってゲル状になり、腸の“大掃除”をしてくれる水溶性食物繊維は、意識して摂取したい。

「水溶性食物繊維の大麦β-グルカンが含まれている『大麦効果』は、腸内環境を整え、コレステロール値を下げるのにも役立ちます」

 テレビCMでよく目にする『からだすこやか茶RW』には、水溶性食物繊維の「難消化性デキストリン」が含まれている。「脂肪と糖の吸収を抑える」とうたっているのは、水溶性食物繊維の働きによる。

「これは特定保健用食品(トクホ)で、いわば国のお墨つき。効果も安全性も確認済みです」

 ただし、継続して飲み続けないと、効果を実感しにくいとも。パッケージでは、食事ごとに1回350mlを飲むのを目安として表記している。ちなみに、トクホの効果と安全性は「3か月間、毎日連続して摂取し続ける」ことが前提になっている。

「今日は揚げものを食べたから飲んでおこう」などと、ランダムに飲むだけでは、ただのお茶と同じということ。

 ダイエット食品も「継続は力なり」のようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン