ライフ

専門家が推す巣ごもりダイエット食品 次にくるのは「完全食」か

国内最大級ダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」が教えるベスト健康食とは?(写真/GettyImages)

国内最大級ダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」が教えるベスト健康食とは?(写真/GettyImages)

 やせたいのはウソじゃないけれど、運動なんてしたくないし、食べるのをがまんするなんてもっとムリ。みんなそう思っているからこそ、売れているのは、本当においしくて、安くて、結果が出る「ダイエット食品」。おなじみのあの商品から次世代食品まで、人気の健康食を紹介する。

 国内最大級のダイエット商品専門クチコミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんによると、満足度が高い商品は、体重が減るだけではなく、コスパもいいと話す。低価格で続けやすく、しっかり効果を実感できるものが、いま人気のダイエット食品の共通点だ。

いつものご飯に“やせる栄養素”を足す

 腹持ちのいい食品の代表選手は、白米に混ぜる『マンナンヒカリ』。こんにゃく精粉などでできた、お米そっくりの“低カロリー・低糖質ご飯”だ。本物のお米に混ぜて炊くだけで、ご飯のカロリーや糖質を減らし、さらに食物繊維がプラスできる。管理栄養士の菊池真由子さんもすすめる。

「精製された白い炭水化物は、糖質が多く、血糖値を急上昇させて、結果的に体に脂肪がたまりやすくなる。白米はその代表です。一方、精製されていない玄米や雑穀米は、代謝を高めるビタミンB群や食物繊維が豊富でダイエット向き。しかし、独特のにおいと食感があるものもあり、続かないという人が多いのです。『マンナンヒカリ』は、見た目も食感も白米にとても近い。おいしさを損なわずに、無理なく糖質をカットできます」(菊池さん・以下同)

 このように、白米に混ぜることで、糖質量をコントロールしながらダイエットに必要な栄養素を補える食品が人気。

 たとえば『サプリ米』は、白米1合に対し、小さじ1杯くらいを混ぜて炊くことで、栄養を強化できる。

「精米時に特殊な技術で栄養素をコーティングしたもので、現代人に不足しがちな5種類のビタミンと鉄分を補給できるもののほか、カルシウムや葉酸を補えるものもあります。不足しがちな栄養素を補うことで、やせやすい体づくりに役立ちます」

 ダイエットに不可欠な栄養素といえば、腸内環境を整える食物繊維。特に、腸の中で水分を吸ってゲル状になり、腸の“大掃除”をしてくれる水溶性食物繊維は、意識して摂取したい。

「水溶性食物繊維の大麦β-グルカンが含まれている『大麦効果』は、腸内環境を整え、コレステロール値を下げるのにも役立ちます」

 テレビCMでよく目にする『からだすこやか茶RW』には、水溶性食物繊維の「難消化性デキストリン」が含まれている。「脂肪と糖の吸収を抑える」とうたっているのは、水溶性食物繊維の働きによる。

「これは特定保健用食品(トクホ)で、いわば国のお墨つき。効果も安全性も確認済みです」

 ただし、継続して飲み続けないと、効果を実感しにくいとも。パッケージでは、食事ごとに1回350mlを飲むのを目安として表記している。ちなみに、トクホの効果と安全性は「3か月間、毎日連続して摂取し続ける」ことが前提になっている。

「今日は揚げものを食べたから飲んでおこう」などと、ランダムに飲むだけでは、ただのお茶と同じということ。

 ダイエット食品も「継続は力なり」のようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘
NEWSポストセブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
かつてはバイト掛け持ちの苦労人で『ひよっこ』のヒットもあり大人気の有村架純
有村架純は“悪妻”をどう演じるか 『どうする家康』での注目ポイントを時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン