ライフ

専門家が推す巣ごもりダイエット食品 次にくるのは「完全食」か

国内最大級ダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」が教えるベスト健康食とは?(写真/GettyImages)

国内最大級ダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」が教えるベスト健康食とは?(写真/GettyImages)

 やせたいのはウソじゃないけれど、運動なんてしたくないし、食べるのをがまんするなんてもっとムリ。みんなそう思っているからこそ、売れているのは、本当においしくて、安くて、結果が出る「ダイエット食品」。おなじみのあの商品から次世代食品まで、人気の健康食を紹介する。

 国内最大級のダイエット商品専門クチコミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんによると、満足度が高い商品は、体重が減るだけではなく、コスパもいいと話す。低価格で続けやすく、しっかり効果を実感できるものが、いま人気のダイエット食品の共通点だ。

いつものご飯に“やせる栄養素”を足す

 腹持ちのいい食品の代表選手は、白米に混ぜる『マンナンヒカリ』。こんにゃく精粉などでできた、お米そっくりの“低カロリー・低糖質ご飯”だ。本物のお米に混ぜて炊くだけで、ご飯のカロリーや糖質を減らし、さらに食物繊維がプラスできる。管理栄養士の菊池真由子さんもすすめる。

「精製された白い炭水化物は、糖質が多く、血糖値を急上昇させて、結果的に体に脂肪がたまりやすくなる。白米はその代表です。一方、精製されていない玄米や雑穀米は、代謝を高めるビタミンB群や食物繊維が豊富でダイエット向き。しかし、独特のにおいと食感があるものもあり、続かないという人が多いのです。『マンナンヒカリ』は、見た目も食感も白米にとても近い。おいしさを損なわずに、無理なく糖質をカットできます」(菊池さん・以下同)

 このように、白米に混ぜることで、糖質量をコントロールしながらダイエットに必要な栄養素を補える食品が人気。

 たとえば『サプリ米』は、白米1合に対し、小さじ1杯くらいを混ぜて炊くことで、栄養を強化できる。

「精米時に特殊な技術で栄養素をコーティングしたもので、現代人に不足しがちな5種類のビタミンと鉄分を補給できるもののほか、カルシウムや葉酸を補えるものもあります。不足しがちな栄養素を補うことで、やせやすい体づくりに役立ちます」

 ダイエットに不可欠な栄養素といえば、腸内環境を整える食物繊維。特に、腸の中で水分を吸ってゲル状になり、腸の“大掃除”をしてくれる水溶性食物繊維は、意識して摂取したい。

「水溶性食物繊維の大麦β-グルカンが含まれている『大麦効果』は、腸内環境を整え、コレステロール値を下げるのにも役立ちます」

 テレビCMでよく目にする『からだすこやか茶RW』には、水溶性食物繊維の「難消化性デキストリン」が含まれている。「脂肪と糖の吸収を抑える」とうたっているのは、水溶性食物繊維の働きによる。

「これは特定保健用食品(トクホ)で、いわば国のお墨つき。効果も安全性も確認済みです」

 ただし、継続して飲み続けないと、効果を実感しにくいとも。パッケージでは、食事ごとに1回350mlを飲むのを目安として表記している。ちなみに、トクホの効果と安全性は「3か月間、毎日連続して摂取し続ける」ことが前提になっている。

「今日は揚げものを食べたから飲んでおこう」などと、ランダムに飲むだけでは、ただのお茶と同じということ。

 ダイエット食品も「継続は力なり」のようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン