国内

山崎直子氏が語る宇宙開発「宇宙に行くこととは、地球を知ること」

山崎直子氏が見据える今後の宇宙開発の展望とは?(時事通信フォト)

山崎直子氏が見据える今後の宇宙開発の展望とは?(時事通信フォト)

 11年前に宇宙飛行士として任務を遂行した、元JAXA宇宙飛行士の山崎直子氏。現在では宇宙政策や宇宙旅行に関する活動を精力的にこなしている。自身の宇宙滞在から今後の宇宙開発の展望まで語った。

 * * *
 私がISSでの約2週間のミッションを行ったのは、2010年の4月のことでした。当時、ISSには長期滞在クルーとして、いままさに3度目の飛行をしている野口聡一さんが滞在していました。ISSでの公用語は英語ですが、ハッチを開けたときに「いらっしゃい」という声がまず聞こえ、いきなり日本語が耳に届いたことに驚いたものでした

 宇宙での仕事は分刻みの忙しいものですが、私たちはその合間に寿司を他のメンバーに振る舞ったり、2人で和楽器を合奏するイベントをしたりしました。今年4月には星出彰彦さんが、その野口さんのいるISSにコマンダー(船長)として滞在する予定です。あのときの私たちがそうだったように、日本人が2人いるからこそ、「日本の文化」や強みを宇宙から表現する機会も増えるでしょう。2人がどんな発信をしてくれるか、今から楽しみにしています。

 さて、私が宇宙でのミッションを経験してから、すでに11年の歳月が過ぎました。いま、世界の宇宙開発は大きな過渡期を迎えています。アメリカは月軌道に宇宙ステーションを作る「アルテミス計画」、いわゆるゲートウェイ構想を予定しており、日本もその計画に参画することになっています。

 ISSの周回する地球の低軌道を離れ、月、さらには火星までを見据えた持続的な有人宇宙活動が行われていく──そのなかで月面に恒久的な施設が建造され、様々な分野の研究者などが滞在し始めれば、私たちにとって「月」もまた、南極のドームふじ基地のような場所になっていくのではないでしょうか。

 また、同時に低軌道の活用が民間企業に広がることで、例えば「宇宙旅行」も身近になってくるはずです。ISSまで行くためには10億円単位の資金が必要ですが、上空100キロメートル付近の宇宙に到達して戻ってくる「サブオービタル」の旅行の費用は約2000万円。すでに申込者が700人を超えており、今後はより安価になっていくはずです。多くの人が海外旅行のように宇宙に行ける時代は、すぐそこまできているわけですね。

関連記事

トピックス

中居正広
【救世主になるか】中居正広、退所後も事務所スタッフと連携 ジャニーズの後輩たちに示す“生きる道”
女性セブン
大人気ドラマ『VIVANT』(インスタグラムより)
『VIVANT』で注目の自衛隊「別班」、金大中事件では元メンバーの関与浮上するも安倍元首相は「別班」の存在自体を否定
NEWSポストセブン
フジ・宮司愛海アナ(右)と常田俊太郎氏
【全文公開】フジ・宮司愛海アナ、東大卒実業家兼音楽家と育んでいた半同棲愛 本人は「うふふふ」
週刊ポスト
別々の施設で暮らす2人
おすぎとピーコ、進行するお互いの認知症のシビアな現実 別々の施設に入り「今生の別れ」
女性セブン
港浩一
【改編期の異変】フジテレビが「楽しくなければ」の姿勢を鮮明に 世帯視聴率狙いの番組を一掃し原点回帰へ
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦と結婚の末延麻裕子さんの関係は“憧れのプルシェンコ”にリンクする 「スケーターとバイオリニストの相性はいい」
NEWSポストセブン
推しの名が書かれたうちわを掲げておおはしゃぎ
【筋金入りの「スー女」】川口春奈、国技館で相撲観戦 推し力士「翔猿」の名前入りうちわを振って応援
女性セブン
タクシーで逃げようとする女性のカバンを掴むコロアキ
《美人転売ヤーを私人逮捕》炎上系YouTuber・コロアキ「俺逮捕されますか?」 逮捕動画に弁護士は「暴行罪や傷害罪に該当する可能性」
NEWSポストセブン
宮司と常田のツーショット
《熱愛》フジ宮司愛海アナ、彼とのデートでも高級ブランドは身につけず 「質素倹約ファッション」を貫く理由
NEWSポストセブン
滝沢秀明氏に告発
「滝沢秀明は強制的にキスをさせる」ジャニーズ性加害問題当事者の会代表が新たな疑惑を告発
女性セブン
羽生結弦(時事通信フォト)と結婚相手の末延麻裕子さん
羽生結弦の結婚相手“まゆちゃん”は社長令嬢ながら元「どギャル」で信念持つ女性 嫁姑関係が心配されるも「彼女なら大丈夫」
NEWSポストセブン
仙台育英を破って107年ぶり2度目の優勝を果たし、感極まる慶応高校選手たち。彼らの髪型も話題になった(時事通信フォト)
甲子園での長髪選手の活躍で「坊主頭にする自由」が理解されにくくなっている
NEWSポストセブン