• TOP
  • 国内
  • 紀州のドン・ファン事件 喪主挨拶する須藤早貴容疑者の姿、通夜では怒号も

国内

2021.04.28 16:10  NEWSポストセブン

紀州のドン・ファン事件 喪主挨拶する須藤早貴容疑者の姿、通夜では怒号も

葬式では

喪主として挨拶した須藤早貴容疑者

“紀州のドン・ファン”事件は、3年近くが経って大きな転機を迎えている。和歌山県田辺市の実業家で野崎幸助氏(享年77)が自宅で急死した事件。和歌山県警が55歳年下の元妻・須藤早貴容疑者(25)を殺人の疑いで逮捕した。週刊ポスト取材班は、2018年5月に行われた野崎氏の葬儀に出席していた須藤容疑者の姿を捉えた映像を入手していた。

 動画は、葬儀会社がまとめたと思われるもので、葬儀中の写真がスライドショーのような形式で映されていた。その中には、須藤容疑者が喪主挨拶をする姿もあった。

 2018年5月30日に営まれた告別式の参列者は20人ほどだった。同年2月に野崎氏と結婚した須藤容疑者は黒いパンツスーツのような服装だったが、足元はグレーのハイヒール。真っ赤な口紅にマスカラをつけ、手鏡で頻繁にメイクの確認をしていたという。

「本日はお忙しい中、故人のために参列してくださりありがとうございました。また、生前は故人がご厚情を賜りありがとうございました。これからも、故人と変わらず、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます」と参列者が驚くほど短い喪主挨拶を淡々と行なった須藤容疑者。当時、参列者のひとりは取材にこう語っていた。

「挨拶前には近くにいた従業員に挨拶のメモを見せながら、『コレなんて読むの?』と聞いていました。誰かに作ってもらった文章だったのでしょうか」

 野崎氏が急死したのは2018年5月24日。遺体は解剖されたため、通夜は5日後の29日、葬儀は30日に執り行われていた。遺体からは大量の覚醒剤成分が検出されていた。通夜に出席した関係者はこう明かしていた。

「(野崎氏の)親族のひとりが怒鳴っていて。『いくらなんでも、おかしいんじゃないか』って。別の親族は『通夜の場でそんなこと言うものじゃない』となだめていましたが、早貴さんはヘラヘラ笑っていたんです。

 それを見て先ほどの親族が『挨拶もないんかい』『なんで笑うんや』『死んで嬉しいんかい!』と怒鳴っていました。それを見ても早貴さんはスマホをいじっていた」

関連記事

トピックス