芸能

『ラヴィット!』MC田村真子アナ「共同作業で愛される番組にしたい」

TBS・田村真子アナに密着

TBS・田村真子アナに密着

 激戦区「朝8時戦争」に殴り込んだ新番組『ラヴィット!』(TBS)に麒麟の川島明と並んでMCをつとめる田村真子アナ。そこで見せる意外な姿が好評だ。

「これまでは報道系のかっちりとした番組が多かったので、情報バラエティ番組の『ラヴィット!』では今までとは違った印象を持たれるかもしれません」

 TBSの朝の新番組でMCに抜擢された田村真子アナウンサーは、番組開始後の心境をそう語った。その言葉通り、番組ではVTRを見て大きく口を開けて驚いたり、スタジオトークに肩を揺らして笑ったり。生活のお悩み解決コーナーでは、化粧品の汚れが付いた愛用の鏡を提供してスタジオをどよめかせた。

「あはは。取り繕って実際の自分と違う印象を持たれるほうが怖いんです。鏡については“まんま”ですし、隠すものでもないかなと。普段からそう考えるタイプです。アナウンサーのイメージが先行するのか、直に会ってお話をしてみると“田村さんって、イメージと違ってそういう感じの人なんだね!”とギャップに驚かれることが多いです(笑い)」

 気負うことなく自然体がいちばん──。番組にも日々フラットに向き合う。

「厳しいお言葉も承知していますが、『ラヴィット!』はTBSとしても新しい試みで、試行錯誤しながらやっていこうと一致団結してきました。評価に身構えず、情報をいかに楽しくわかりやすく紹介するか、スタジオの盛り上がりを遮らずに進行できるかというMCの仕事に集中して、番組へ貢献できたらと考えています」

 現場でレギュラー陣と顔を合わせると思わずホッとするという、田村アナ。

「“自分の冠コーナーがほしい”といった野望よりもファミリー全体で番組の名物となる企画を育てていきたい。共同作業で愛される番組にしていきたいです」

【プロフィール】
田村真子(たむら・まこ)/1996年2月3日生まれ、三重県出身。上智大学卒業。2018年にアナウンサーとしてTBSへ入社。今春より新しい情報バラエティ番組『ラヴィット!』のMCに抜擢される。他に『クイズ! THE違和感』などを担当。

撮影/矢西誠二

※週刊ポスト2021年5月7・14日号

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン