芸能

「月9枠」が大きく変化 視聴率より“記憶”に残るドラマ望む声も

視聴率は好調をキープ(番組ホームページより)

視聴率は好調をキープ(番組ホームページより)

 一時の暗黒期を脱し、いまやフジテレビ「月9」枠は完全復活を遂げた。竹野内豊が主演を務める新ドラマ『イチケイのカラス』も平均視聴率2桁をキープしている。近年の月9は、往年の恋愛ドラマを捨て、1話完結型のミステリが主流だ。『イチケイのカラス』も、変わり者の刑事裁判官が難事件の真相を明らかにするストーリーだ。

 かつて月9は、『東京ラブストーリー』(1991年1月期)が日本ドラマ史に残るヒットを飛ばし、時代の最先端を生きる若者たちの恋模様を描くトレンディドラマ路線を確立した。しかし、2000年代に入り、月9は苦難の時を迎える。視聴率低迷の理由としては、視聴者が昔ほどテレビを視聴しなくなったこと、キラキラの恋愛ものを好まなくなったことが考えられる。

 2010年代後半になると、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年1月期)、『カインとアベル』(同年10月期)、『海月姫』(2018年1月期)など、平均視聴率2桁を割る作品が続いた。福山雅治が3年ぶりに連ドラ主演を務めた『ラヴソング』(2016年4月期)でさえ不調で、当時の月9ワーストを更新してしまったのは、フジテレビにとって大きな誤算だったことだろう。

「トレンディ」や「キラキラ」といった言葉とは正反対の裏社会のいざこざを描いた『極悪がんぼ』(2014年4月期)を放送するなど、月9の手探りは続いた。その末に掴んだ結論が、「1話完結型のミステリは視聴率に繋がる」だったのではないだろうか。

 2018年7月期に放送された『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』以降は、『SUITS/スーツ』、『トレース〜科捜研の男〜』、『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』、『監察医 朝顔』シリーズ、『シャーロック』、そして、『イチケイのカラス』とミステリ要素のある作品が続き、そのほとんどが平均視聴率2桁を記録している。

 恋愛モノの印象が強い月9だが、黎明期は「業界ドラマシリーズ」として、メディアの舞台裏を描いた作品を多数放送してきた。そこから恋愛モノに辿り着いたのが、視聴者の嗜好に合わせた試行錯誤の結果であるならば、現在の月9が実質ミステリ枠となっているのも、トレンディドラマを知る世代としては少々寂しくはあるが、時代の流れとして仕方のないことなのだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト