• TOP
  • ライフ
  • リビングの「ものを捨てない」整理術 ケーブルはファイルボックスに

ライフ

2021.05.05 07:00  女性セブン

リビングの「ものを捨てない」整理術 ケーブルはファイルボックスに

家族が集まるリビングはこうやってすっきり

家族が集まるリビングのテレビ台はこうやってすっきり

 コロナ禍で、長期休暇も自宅で過ごす人が多そうだ。そうなると気になるのが、家族がちらかした部屋の中……。この機会にスッキリさせるのもいいだろう。 ここ最近は、片づけといえば“捨てる”ことが前提だと言われることも多い。しかし整理収納アドバイザーの中山真由美さんは「捨てないと片づかない、というのは思い込みです。要は、整えればいいんです」と話す。そこで、家族が集まり、ちらかりやすいリビングの“捨てない整理”の仕方をご紹介しよう!

DVDやゲームソフト

「DVDやゲームソフト、書籍などは、種類や大きさ、色別に分け、積み重ねずに立ててしまうのが基本。収納に奥行きがある場合は、手前と奥の2列にして使用頻度の高いものを手前に置きましょう。ゲーム機器はケースにまとめて入れるのがおすすめ」(中山さん・以下同)

ケーブル類

床をケーブルが埋め尽くさないように

床をケーブルが埋め尽くさないように

 床に渦巻く長いケーブルは、そのままにしておくとちらかって見えるだけでなく、足をかけて転ぶ原因にも。

「まとめてファイルボックスに入れるか、単に束ねるだけでも印象は変わります」

 百円均一ショップには、いろいろなタイプのケーブルクリップが売られているので活用してみよう。

まだあるリビングや玄関をスッキリ見せるマル秘テク

【1】洗濯ばさみはまとめてベランダに近い棚に

 きれいに片づけても使い勝手が悪ければ意味がない。使う場所のすぐそばにしまうことを心がけよう。たとえば、洗濯ばさみはかごに入れ、洗濯物を干すベランダの近くの棚に収納を。

【2】棚板は靴の高さに合わせ無駄な空間を作らない

無駄な空間を作らない

無駄な空間を作らない

 靴の高さに合わせて棚板の高さを調節し、無駄な空間を作らないようにすると収納力が上がる。

【プロフィール】
中山真由美さん/整理収納アドバイザー。一般家庭と企業の整理収納コンサルティングを行う「Ritta Stanza」主宰。『10分でスッキリ! 捨てない片づけ』(主婦と生活社)など著書多数。

取材・文/土田由佳 撮影/菅井淳子 撮影/菅井淳子

※女性セブン2021年5月6・13日号

関連記事

トピックス