芸能

俳優・成田凌は唯一無二の存在 「放っておけない」という魅力

成田凌主演の映画『くれなずめ』は公開延期に(映画公式サイトより)

成田凌主演の映画『くれなずめ』は公開延期に(映画公式サイトより)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月29日に予定していた公開が延期となった映画『くれなずめ』。主演を務めているのは、今最も活躍が著しい俳優の一人・成田凌(27)だ。NHKの連続テレビ小説『おちょやん』での演技も注目を集めた彼の唯一無二の魅力を探った。

 映画『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』でも話題の松居大悟が監督と脚本を務めた『くれなずめ』は、松居監督自身の実体験をもとにした青春物語。とある結婚式で久しぶりに再会した高校時代の友人たちの交流を描いた作品で、成田凌はマスコットキャラのような存在の主人公を演じる。

 成田凌と言えば、昨年秋からスタートしたNHK連続テレビ小説『おちょやん』で、ヒロインの夫役として出演したことも話題を呼んだ。さらに、今年は『まともじゃないのは君も一緒』や『ホムンクルス』など主演・準主演作の映画も立て続けに公開されており、その活躍はとどまるところがない。

 そんな成田凌の魅力について、出演作を追いかけてきた映画ライターのヒナタカ氏はこのように説明する。

「すでに成田凌は実力派俳優として日本映画に欠かせない存在になっています。純情な善人からサイコな悪人までこなす演技の幅の広さを持ちながらも、憎めない愛嬌もある。その意味では、同世代か少し上だと松坂桃李、中村倫也、田中圭、綾野剛の立ち位置に近いようにも思えますが、その誰とも似ていません。

 良い意味での“ものぐさ”そうなルックスや振る舞いには、母性本能をくすぐる“放っておけなさ”がある。彼がもともと持っている唯一無二の雰囲気が、演じているキャラクターをさらに豊かにしているんです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン