ライフ

橘玲から新生活を送る人へアドバイス「専門性を磨けば有利になれる」

これからを生きる若者が「今、選択すべきこと」は何か(イメージ。時事通信フォト)

これからを生きる若者が「今、選択すべきこと」は何か(イメージ。時事通信フォト)

 新年度が始まっておよそひと月が経つ今頃は、新社会人や新入生が慣れない生活環境や人間関係に悩み出す時期かもしれない。だが『言ってはいけない 残酷すぎる真実』や『上級国民/下級国民』などの著作がある作家の橘玲氏は、「今いる場所でうまくいかないなら、自分の強みや一芸を最大限発揮できるところに移ればいい」と指摘する。(取材・構成/池田道大)

 * * *
 以前は通勤電車に毎日揺られて出社するのが当たり前でしたが、今はリモートワークが推奨されるなど、コロナによって人々の価値観や働き方が大きく変わりました。

 一方で長引くコロナによって、新入社員が会社で仕事を教えてもらえなかったり、キャンパスで友人と会えない大学生も多いでしょう。ヒトは徹底的に社会化された動物なので、人間関係や社会とのつながりを絶たれると精神的にも身体的にも強い負の影響が出ます。

 コロナ禍はワクチンの普及によって沈静化し、日常は徐々に戻ってくるでしょうが、これを機会に私たちの生き方や「関係の築き方」が大きく変わっていく可能性があります。

 リベラルな社会では「自由」が最大化されますから、好きなものを自由に選択できる方向にどんどん進んでいます。好きな仕事をして、好きな人とつき合って結婚するのは当たり前と思っているでしょうが、日本でも半世紀ほど前まではこんなことは一部の特権層しかできませんでした。

 ファッションでもレストランのメニューでも、いまでは多すぎる選択肢のなかから好きなものを選べます。でもひとつだけ例外があって、それが学校や会社の人間関係です。そしてこれが、いじめやハラスメントを引き起こし、大きな社会問題になっています。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン