• TOP
  • 国内
  • 茨城一家殺傷 容疑者が少年時の公判で語っていた攻撃衝動と性的衝動

国内

2021.05.09 11:00  NEWSポストセブン

茨城一家殺傷 容疑者が少年時の公判で語っていた攻撃衝動と性的衝動

2020年11月、逮捕された際の岡庭容疑者(共同通信社)

2020年11月、逮捕された際の岡庭容疑者(共同通信社)

 2年前に茨城県境町で発生した家族4人殺傷事件について、茨城県警は5月7日、埼玉県三郷市に住む無職・岡庭由征容疑者(26)を殺人容疑で逮捕した。2019年9月に境町の住宅で、小林光則さん(48=当時)と妻の美和さん(50=同)が刃物で刺されて死亡し、子ども2人が負傷した事件で、小林さん夫婦を殺害した疑いが持たれている。

 岡庭容疑者は2020年11月、自宅に硫黄45キログラムを所持したとして埼玉県警により三郷市火災予防条例違反の容疑で逮捕されたのち、消防法違反の罪などで起訴されていた。さらに今年2月には、警察手帳を偽造したとして茨城県警が公記号偽造容疑で逮捕しており、同罪での起訴もなされ、公判期日が決まった矢先の逮捕だった。現在、殺傷事件についての認否は公表されていないが、容疑を否認しているとみられる。

 彼は少年時代に殺人未遂などの罪で裁判員裁判に付された過去があり、当時の公判で自身の“抑えきれない殺人衝動”を赤裸々に吐露していた。いわゆる埼玉・千葉連続少女刺傷事件の公判でのことだ。

 岡庭容疑者は2011年11月、三郷市で中学3年の女子生徒(当時14)の顎を包丁で刺し、同年12月には松戸市で小学2年の女児(当時8)の背中や脇腹など数か所を小刀で刺して重傷を負わせたとして殺人未遂の疑いで逮捕されたのち、さいたま家裁へ送致されたが、2012年7月に家裁が検察官送致(逆送)し、起訴された。殺人未遂罪のほか、三郷市内で自動車やバイクに放火したという非現住建造物等放火罪、2010~11年にかけて千枚通しを用いて猫2匹を殺したという動物愛護法違反など計13の罪に問われ、公判は2013年2月からさいたま地裁で行われていた。

 容疑者の現在の名は「由征」だが、この当時は、平成仮面ライダーを連想させる「吾義土(あぎと)」という名前だった。これを本人は小さい頃、気にしていたという。

「小学校の頃に『変身してみろよ』と上級生にからかわれた。テストで名前のところに『私は誰でしょう』と書いたり、友人の名を書くようになった」(公判での母親の証言)

 そんな容疑者に父親は「画数で名付けたんだから、自信を持ちなさい」と励ましていたそうだ。また容疑者宅ではかつて猫の糞尿に悩まされた時期があり、これに頭を悩ませていた父親は「(猫を)殺してやりたい」と家族の前で話していたともいう。この発言や、家にやってくる猫を両親が追い出すのを見て、猫を「敵だと認識」(家庭裁判所の調査記録より)するようになった。小学5年生の頃から、猫の虐待を始める。

 刺傷事件当時、高校2年生だった岡庭容疑者は、高校を退学し、通信制の高校に移ったばかりだった。退学になったきっかけは“猫の首を学校に持って行ったこと”。だが母親は、息子がおもちゃの猫の首を切ったのだと勘違いしていたのだそうだ。

関連記事

トピックス