芸能

長澤まさみ続投の『ドラゴン桜』 期待される新垣結衣のサプライズ出演

長澤まさみ出演の『ドラゴン桜』は好スタートをきった(写真=Imaginechina/時事)

長澤まさみ出演の『ドラゴン桜』は好スタートをきった(Imaginechina/時事)

 初回放送(4月25日)は今クール最高の視聴率14.8%と、“サクラサク”船出となった学園ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)。2005年放送の前作から16年ぶりとなる続編が「日曜劇場」として復活し、阿部寛(56)演じる弁護士・桜木が不良学生を破天荒な手法で改心させる『半沢直樹』さながらの展開が話題を呼んでいる。

 ドラマウォッチャーの田幸和歌子氏は好視聴率の要因をこう分析する。

「近年は映画や舞台に活動の場を移していた長澤まさみ(33)を前作に引き続きキャスティングできたことが大きい。

 生徒役だった長澤さんも、今作では東大卒の弁護士として学生を指導する立場になりました。2005年の『ドラゴン桜』を知らない若者世代も、『長澤まさみが出る』という理由で観ている人が多数いるのではないでしょうか」

『ドラゴン桜』といえば当時生徒役を演じていた山下智久(36)ら若手俳優が、浮き沈みの激しい芸能界で現在も揃って第一線で活躍している点でも注目を集めている。

 長澤のほか紗栄子(34)も前作に引き続き出演しており、視聴者の間では“ある期待”が高まっているという。

 同じく前作の主要キャスト、新垣結衣(32)のサプライズ出演だ。田幸氏は、「可能性は十分にある」と語る。

「今作の制作陣には、新垣主演のTBSドラマ『スマイル』(2009年)と『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)の石井康晴監督が新たに参加しています。

 新垣さんは義理堅い人として有名で、ドラマ『らんま1/2』(日本テレビ系、2011年)の高明希プロデューサーが『親バカ青春白書』(2020年)を担当した際、その時の縁と交流のある主演のムロツヨシさんのラブコールにより、亡き妻の役での出演を承諾しています。女優デビュー直後に出演した『ドラゴン桜』は彼女の知名度アップに大きく貢献した作品ですから、今後、“友情出演”する可能性は十分にある」

 新垣と長澤の共演作は、これまで16年前の『ドラゴン桜』のみ。共演の“合否”やいかに。

※週刊ポスト2021年5月21日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン