芸能

田村正和さん逝去 最後のドラマ出演から3年「静かに死にたい」発言も

4月に亡くなっていた田村正和さん(時事通信フォト)

4月に亡くなっていた田村正和さん(時事通信フォト)

『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)などで知られる俳優の田村正和さんが、亡くなっていたことが『女性セブン』の取材で分かった。享年77。葬儀は4月中旬までに近親者のみで執り行われたという。

 田村さんは1943年10月、四人兄弟の三男として京都・嵯峨野で生まれた。父は時代劇の映画スターとして一世を風靡した坂東妻三郎さん(享年51)。田村さんは成城学園高校在学中の1961年に松竹大船と専属契約を結び、同年に映画『永遠の人』で本格デビューを果たした。

 1966年にフリーになってからはテレビの時代劇を中心に活躍。1980年代には『うちの子にかぎって…』『パパはニュースキャスター』など、TBSホームドラマ黄金期の数々の名作に出演。カッコいいけど、どこかすっとぼけた2.5枚目役でお茶の間の人気を博した。

 当たり役となったのが、1994年にスタートした『古畑任三郎』シリーズだ。毎回、ゲスト俳優が犯人役を演じる難事件を古畑任三郎が鮮やかに解決するドラマは大人気となり、第3シーズンまでのレギュラー版に加え、SMAPが本人役で登場するなどのスペシャル版が制作された。

 田村さんは2018年2月のドラマ『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系)を最後に表舞台から姿を消していた。その後、『女性自身』などの直撃取材を受けた際には「僕はもう、やり切ったから静かに死にたい」などと芸能界からの“引退宣言”とも取れる発言が取り上げられていた。

「田村さんは心臓病の手術をしていたことも明かしていますが、持病もお持ちでした。最後のドラマ出演から3年間は50年連れ添った奥様と静かな日々を送っていたようです」(田村さんを知る芸能関係者)

 昭和、平成を駆け抜けたスターが、人知れず送った最期とはどういったものだったのか。5月20日(木)発売の『女性セブン』が秘蔵写真と共に詳報する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン