芸能

松本まりかが深夜の緊急搬送 サウナで意識を失い転倒し、顔面骨折

深夜に救急搬送されていた松本まりか

深夜に緊急搬送されていた松本まりか

 女優の松本まりか(36才)が、都内のサウナで顔を強打し、骨折していたことが明らかになった。

 5月7日、深夜の東京──静寂を切り裂くように救急車のサイレンが鳴り響き、港区にある芸能人御用達の高級サウナ店の前で止まった。

「何事かと思いましたよ。この店は以前、TOKIOの松岡昌宏さん(44才)が脱水症状で倒れ、救急搬送された店でもあります。それだけに『もしかしてまた芸能人?』と詮索してしまいました。ほかの客に話を聞くと、どうやら女性専用ルームで倒れた人がいたようです」

 そう話す常連客の“推理”は正しかった。サウナで倒れたのは、ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』(フジテレビ系)に出演中の松本まりか。いまドラマやバラエティーに引っ張りだこの旬の女優だ。

「松本さんはサウナから出たときに意識を失ってしまい、崩れ落ちるように倒れ、顔面を強打。緊急搬送され、病院で検査したところ、顔面の骨のうち鼻骨を骨折していることがわかりました」(芸能関係者)

 多忙な毎日を送る中で悲劇に見舞われた松本だが、本格的なブレークまでは時間がかかった。15才のとき、ドラマ『六番目の小夜子』(NHK、2000年放送)で女優デビュー。主要キャストとして注目を浴びたが、その後は、仕事がほとんどない時期もあったという。

 しかし、2018年放送のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)で主人公を追い詰める女性を演じた際の“怪演”ぶりが“あざとくてカワイイ”と大きな話題となった。

「5月21日から放送の、松本さんにとって連続ドラマ初主演となる『向こうの果て』(WOWOW)では、いくつもの顔を持つ謎を秘めた女性を好演しています。最近では奇抜な役から繊細な表情を要する役まで多彩に演じ分けられるので、地上波のテレビマンの間でも、彼女を主演にした企画案が出ているほどです」(テレビ局関係者)

 目覚ましい活躍を見せている松本は、昨年末には写真集『MM』(マガジンハウス)を発売。大胆なセクシーショットも披露しているが、その陰には人知れぬ努力があるようだ。

「スタイル維持のため、食事は糖質をほとんど摂らずに野菜をメインにしています。写真集では30代半ばとは思えない美ボディーを披露し話題になりました。普通は年齢とともに代謝が落ちるものですが、彼女は年齢に逆らうかのようにスタイルがよくなっているんです」(出版関係者)

 一方で、周囲からは心配の声も上がっていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン