芸能

結婚の星野源、新垣結衣に「なんでそんなにかわいいの?」と質問していた

aaa

お似合いカップルの誕生(時事通信フォト)

 結婚を発表した女優の新垣結衣(32)と歌手で俳優の星野源(40)。お似合いすぎるカップルの誕生に、多くのファンから祝福の声が上がっている。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で演じた“平匡さん”と“みくり”のムズキュン演技は、芝居を離れても実を結んだ。

 2人は連名で、「私たち、星野源と新垣結衣は、このたび結婚する運びとなりました事をご報告させていただきます。これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております。未熟な二人ではございますが、温かく見守っていただけますと幸いです」とコメントを発表した。

 出会いはもちろん同ドラマだったが、そこでの星野と新垣の距離感は、当時からドラマ関係者も注目するほどだった。

「星野さん、新垣さんに“なんでそんなにかわいいの?”“今のかわいさ、どこからくるの?”みたいなことを臆面もなく言うんですよ。正直というか、何も考えていないというか……。新垣さんは面喰らいつつ、恥ずかしがっていました」(ドラマ関係者)

 埼玉県出身の星野。音楽好きの両親の影響で、実家の青果店にはいつもジャズが流れていたという。中学1年生で、作曲など音楽活動をスタート。一方で演劇部に入部し、歌手と俳優という今の星野の源流が生まれた。

「高校に入って友人とバンドを組んだりもしましたが、本気で芸能界を目指すようになったのは、高校時代に劇団『大人計画』を知ったのがきっかけ。舞台も片っ端から見に行ったそうです」(芸能関係者)

 そうして培われた演技力、歌唱力、そして雑誌の連載や書評も話題となるなど、マルチに活躍する星野。そんな多彩な才能を持つ彼からストレートに「かわいい」と言われたら、恥ずかしがるのも当然だろう。しかし、そのまっすぐなアプローチから新垣は“逃げ”ることはなく、向き合ったようだ。

 2人の出会いとなった『逃げ恥』は、今年1月2日に『ガンバレ人類! 新春スペシャル!!』として復活した。本当の夫婦となった2人が、また共演する日が待ち遠しい。

関連記事

トピックス