• TOP
  • 芸能
  • 長澤まさみ、数十メートルでも車移動 ピリつく『ドラゴン桜』現場

芸能

2021.05.22 11:00  女性セブン

長澤まさみ、数十メートルでも車移動 ピリつく『ドラゴン桜』現場

万全の態勢で撮影に挑む長澤

万全の態勢で撮影に挑む長澤

 5月7日の昼下がり、『ドラゴン桜』(TBS系)の撮影現場には緊張感が漂っていた。それは小雨がちらつき始めた空模様が気になったからではない。長澤まさみ(33才)をはじめ、キャストに万が一のことがなきよう、万全の態勢が取られていた。

「オッケェーイ!」。監督の掛け声と共に長澤は、阿部寛(56才)やスタッフから一目散に離れて車に乗り込む。再び出番が来るまで車内で籠城。わずか数十メートルの距離も自ら歩くことなく車で移動する。

「現在放送中の『ドラゴン桜』は、阿部さん演じる弁護士が、偏差値35の高校生たちを東大に合格させるべく熱血指導するストーリーで、2005年に大ヒットしたドラマの続編です。前作では生徒役として出演していた長澤さんが、今作では弁護士になって阿部さんのパートナーを務めています。King & Princeの高橋海人さん(22才)も生徒の1人として出演するという、豪華なキャスティングも注目を集めています」(テレビ局関係者)

 平均視聴率(世帯)は初回から2桁をキープし、5月16日に放送された第4話では前話から1.7ポイントアップして14.3%を記録している。その第4話で放送されたのが、冒頭のシーンだ。

「撮影から放送まで約1週間しかないのは異例です。このドラマはもともと昨年の夏に放送予定でしたが、コロナの影響で約1年延期になった。そのせいでキャストのスケジュールがタイトになったんです。特に長澤さんはほかの作品の撮影もあり、ひとりだけクランクインが遅れました。彼女のシーンは本当に時間がないから、ピリピリしています。この日もほかの出演者は先に現場入りして撮影を進めていました。長澤さんは途中からの参加だったようです。

 それにコロナの感染も絶対に避けなければなりません。これだけ撮影時間がない中、感染が発覚したら、最悪、放送ができなくなってしまいますから」(ドラマ関係者)

関連記事

トピックス