芸能

田中健「いい作品に出るより、どうやって食べていくかが大事」

俳優・田中健が語る「食べ続けていくには?」

俳優・田中健が語る「食べ続けていくには?」

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・田中健が、時の総理大臣や悪役を演じる面白さと難しさ、さらには楽器ケーナとの出会いについて語る。

 * * *
 田中健は二〇〇五年と〇六年に現在進行形の政局をドラマ化したテレビ東京の『ザ・決断!』で時の首相である小泉純一郎を演じ、その再現性の高さが話題になった。

「僕にはモノマネはできませんから、資料をいっぱいもらいました。でも、その資料は記者会見とか、普通に我々が観ている映像なんです。執務室でどうだったのかが分からない。

 それで記者の方々にたくさん聞きました。『小泉さん、普段はどんな人ですか?』と。すると、みんな『ほとんど人の話を聞いてないです』と答える。『うんうん』と聞きながら、どこか遠くを一点に見ている。その時、他のことを考えているわけです。

 人に何を言われても自分ではすでに何か先のことを考えている。そういう性格が見えてきて大きなヒントになりましたね」

 近年では時代劇や刑事ドラマなどで悪役のポジションに回ることも増えてきた。

「本当は、もっと早くに悪役をやっておけばよかったと思っています。

 悪役って難しいんです。善人より難しい。いっぱい考えないといけませんから。ですから、あまり自信がなかったんです。

 悪役って、何をどうやってもいい。セリフにしても、笑いながらでも怒りながらでもいい。しれっとしていてもいい。全て本心を隠した腹芸をするのが悪役ですから。

 演技をどう選別するかを自分で考えるのが悪役です。そこはとても面白いですし、勉強になります。

 若い頃は『言葉の裏側』などを考えることもできませんでした。その純粋さがかえって良かったのかもしれません。裏のない、直滑降に自分の想いをぶつける役ばかりでしたから。

 それが今は裏側しか考えられない。この言葉の裏には何があるんだろう、と」

関連キーワード

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン